研究紹介
Introduction
Research

太陽惑星空間系

(C領域)
宇宙・惑星プラズマ現象、
惑星大気現象、
波動・粒子相互作用、
オーロラ、月地質構造 等

見出し(研究紹介 太陽惑星空間系(C領域))

 光・電波観測機器の開発、それを用いた地上遠隔観測や飛翔体直接観測とデータ解析、数値シミュレーションによって、惑星・地球や太陽などの物理現象の解明を目指しています。国内観測所に加えて、ハワイ山頂、北欧、アラスカなどで活発に海外観測を行っています。また、JAXAと共同で探査機や衛星に観測機器を搭載しており、例えば、月周回衛星「かぐや」にレーダーを搭載し月の地質構造を明らかにする成果などを挙げています。

月周回衛星「かぐや」搭載のレーダーサウンダー観測機器を開発
月周回衛星「かぐや」搭載のレーダーサウンダー観測機器を開発
開発した赤外分光器を望遠鏡にとりつけて試験観測を実施
開発した赤外分光器を望遠鏡にとりつけて試験観測を実施
火星大気が宇宙に散逸する様子を数値シミュレーションで再現
火星大気が宇宙に散逸する様子を数値シミュレーションで再現
ハワイ・ハレアカラ山頂望遠鏡での作業風景
ハワイ・ハレアカラ山頂望遠鏡での作業風景

宇宙地球電磁気学分野(太陽惑星空間物理学講座)

宇宙空間プラズマ現象の研究

地球周辺や月・惑星における宇宙空間の理解を、最先端の飛翔体・地上観測・理論・シミュレーション研究を通じて行い、電磁気学・プラズマ物理学に基づいて諸現象の本質を究明します。

宇宙空間プラズマ現象の研究

惑星大気物理学分野(太陽惑星空間物理学講座)

地球・惑星大気現象の
比較惑星学的研究

最新の数値シミュレーション、地上望遠鏡や惑星探査機で得られた科学データを駆使して、地球を含む惑星を舞台に、惑星大気変動・進化学の学理の探求と人類の未知の開拓に挑んでいます。

地球・惑星大気現象の比較惑星学的研究

惑星圏物理学分野(惑星プラズマ・大気研究センター)

惑星磁気圏現象・
粒子ダイナミクスの研究

大型アンテナを用いた地上からの電波観測や、科学衛星のデータ解析に基づいて、太陽や地球・惑星磁気圏の変動過程や粒子加速過程を探っています。

惑星磁気圏現象・粒子ダイナミクスの研究
惑星大気発光現象とオーロラ・
超高層大気の研究

望遠鏡、光学分光装置、人工衛星搭載機器を用いて、 木星や衛星イオ火山活動、ならびに地球のオーロラ と 大気光の物理過程を解明しています。

惑星大気発光現象とオーロラ・超高層大気の研究