専門分野

惑星超高層大気物理学

最近の研究課題(update on April 22, 2013)

1.宇宙ステーション搭載IMAP可視近赤外分光器による地球超高層大気光の研究

2.れいめい(INDEX)衛星搭載多波長オーロラカメラと粒子計測器観測データによる、オーロラ微細構造の研究

3.InSb2次元アレイを用いた近赤外(1-5μm)カメラ・エシェル分光器の開発 4.ハワイ・ハレアカラ山頂における惑星大気の近赤外分光・イメージング観測

5.衛星搭載機器の開発:極端紫外惑星望遠鏡SPRINT-A

6.地上オーロラ光学観測:アラスカオーロラ偏光観測、北欧オーロラスペクトログラフ、高速オーロラカメラ開発・観測

衛星搭載機器PI, Co-I

国際宇宙ステーション IMAP-VISI(可視赤外イメージング分光器)担当PI

東北大学衛星「雷神」(スプライトサット) 理学機器マネージャ

れいめい(INDEX)衛星搭載多波長オーロラカメラ(MAC) PI

SELENE探査機搭載可視イメージャ(UPI/TVIS) CoI

Planet-C探査機1ミクロンカメラ Co-I

極端紫外惑星望遠鏡SPRINT-A視野ガイドカメラ(FOV)Co-I

博士論文

Dynamical Coupling Processes between Neutrals and Ions in the Polar Thermosphere Obtained from Fabry-Perot Imaging and Radar Observations, Tohoku University, 2006.(論文博士)



E-mail

tsakanoi@pparc.geophys.tohoku.ac.jp

住所・電話

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 東北大学大学院理学研究科 惑星プラズマ・大気研究センター

Tel: 022-795-6609

Fax: 022-795-6406