招待講演・基調講演 (Invited and keynote talks)

  • Last update on 22 Apr 2013
  1. Sakanoi, T., D. K. Whiter, A. Hashimoto, K. Asamura, A. Yamazaki, M. Hirahara, Fine-scale relationship between auroral structure and precipitating electrons: possibility of low-altitude acceleration (program comittie), International Workshop on Advances and Perspectives in Auroral Plasma Physics (APPW), Aussois, France, April 1-5, 2013.
  2. Sakanoi, T., Y. Miyoshi, A. Demekhov, Y Kato, T Nishiyama, Y. Ebihara, A. Yamazaki, K. Asamura, T. Takada, M. Hirahara, Characteristics of fine-scale black aurora and its generation process using Reimei image-particle data (invited), Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  3. 坂野井 健, EMCCDを用いた装置・観測について:最新の半導体イメージング検出器(EMCCD, CMOS, Hybrid)の原理と応用(基調講演), MTI研究集会, 情報通信研究機構, 武蔵小金井, 東京, Dec. 7, 2010.
  4. Sakanoi, T., N. Takeyama, the Reimei science team, and the IMAP team (invited), Space-borne optical imager and specgtrometer for high-spatial resolution measurements of upper atmophere, 2010 Taiwan-Japan Space Instrument Workshop, National Cheng Kung University, Tainanm, Taiwan, 8-10 Sept. 2010.
  5. Sakanoi, T.,T. Nishiyama, Y. Katoh, Y. Miyoshi, Y. Ebihara, K. Asamura, A. Yamazaki, M. Hirahara, Fine-scale characteristics of discrete and diffuse auroras using simultaneous Reimei image-particle data, International Workshop on Advances and Perspectives in Auroral Plasma Physics (APPW), Bealiu, France, April 45-30, 2010.
  6. Sakanoi, T., K. Asamura, Y. Obuchi, M. Hirahara, A. Yamazaki, Y. Ebihara, T. Ino, Y. Kasaba, S. Okano, K. Seki, Fine-structure auroral dynamics obtained from simultaneous image-particle observations by the Reimei satellite (Invited), 4th Alfven Conference, Arcachon, France, Sep. 25, 2007.
  7. Sakanoi, T., Y. Takahashi, N. Terada, F. Tsuchiya, T. Horinouchi, K. Nakajima, M. Taguchi, A. Yamazaki, M. Suzuki, N. Iwagami, K. Yoshida, M. Ueno, Y. Kasaba, T. Imamura, T. Abe, S. Sawai, TOPS mission team, TOPS: a Future Space Telescope Mission for Planetary Atmospheric Observation (Invited), AOGS 2007 4th Annual Meeting, Bangkok, Thai, Aug. 4, 2007.
  8. 坂野井健, 平原聖文, 三好由純, 土屋史紀, れいめい理学チーム, 地球・惑星プラズマの粒子加速現象(基調講演), 岐阜大学, 岐阜, 9月26-28日, 2007.
  9. 坂野井健,れいめい衛星がみたオーロラ(招待講演), 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  10. Sakanoi, T., S. Okano, Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, Y. Ogawa, A. Yamazaki, Coordinated REIMEI satellite and ground-based observations at Longyearbyen of fine-scale aurora (Invited), American Geophysical Union: Western Pacific Geophysics Meeting, Beijing, China, July 24-27, 2006.
  11. Sakanoi, T., H. Fukunishi, T. Mukai, Relationship between field-aligned currents and inverted-V parallel potential drops observed by the Akebono satellite (invited), Auroral Plasma Dynamics Workshop: Akebono, Ten Years Later, Banff, July 4-7, 1999.
  12. Sakanoi, T., H. Fukunishi, Vertical Wind Variations in the Thermosphere Associated with Auroral Activities Observed by a Fabry-Perot Doppler Imager at Syowa Station (Invited), Antarctica, International Symposium on Dynamics and Structure of the Mesopause Region (DYSMER symposium), Kyoto, March, 1998.

国際学会 (International conference)

  • Last update on 22 Apr 2013
  1. Sakanoi, T., T. Adachi, M. Sato, A. Yamazaki, K. Asamura, M. Hirahara, Monochromatic imaging observation of sprites with the Reimei satellite, AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  2. Kasaba Y., T. Sakanoi, S. Ueno, T. Suzuki, M. Kagitani, S. Okano, A. Yamazaki, I. Yoshikawa, M. Kanao, Trial of the Sodium detection in the Lunar / Venusian atmosphere: Solar Eclipse (May 21) / Venus Transit (June 6), AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  3. Saito, A., A. Yamazaki, T. Sakanoi et al. (17 persons), Imaging observation of the mesoscale structures in the Ionosphere, mesosphere, and plasmasphere from the international space station, , AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  4. Kanao, M., A. Yamazaki, S. Imada, T. Shimizu, T. Sakao, Y. Kasaba, T. Sakanoi, M. Kagitani, T. Imamura, M. Nakamura, HINODE observations of the Venus corona during the 2012 transit of Venus, AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  5. Perwitasari, S., T. Sakanoi, A. Yamazaki, Y. Otsuka, Y. Akiya, A. Saito, Observation of the O2 (0-0) Atmospheric Band Nightglow by the IMAP/VISI, AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  6. Nishiyama, T. T. Sakanoi, Y. Miyoshi, R. Kataoka, D. L. Hampton, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, Fine scale structures of pulsating auroras in the early recovery phase of substorm using ground-based EMCCD camera, AGU Fall meeting, San Francisco, December 3-7, 2012.
  7. Tsuchiya, F., I. Yoshikawa, A. Yamazaki, K. Yoshioka, K. Uemizu, G. Murakami, T. Kimura, M. Kagitani, N. Terada, Y. Kasaba, T. Sakanoi, Earth-orbiting Extreme Ultraviolet Spectroscopic Mission SPRINT-A/EXCEED, 44th Meeting of the American Astronomical Sciety's Division for Planetary Sciences (DPS), Reno, Nevada, October 14-19, 2012.
  8. Uno, T. Y. Kasaba, T. Sakanoi, C. Tao, The first comparison for the vertical distribution of Jovian infrared H3+ and H2 aurora observed by SUBARU/IRCS with Adaptive Optics, AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly, Singapore, August 13-17, 2012.
  9. Satoh T., S. Ohtsuki, N. Iwagami, M. Ueno, K. Uemizu, M. Suzuki, G. Hashimoto, T. Sakanoi, Y. Kasaba, R. Nakamura, T. Imamura, M. Nakamura, T. Fukuhara, A. Yamazaki, M. Yamada, Venus' Clouds as Inferred from the Phase Curves Acquired by IR1 and IR2 on Board Akatsuki, AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly, Singapore, August 13-17, 2012.
  10. Saito, A., A. Yamazaki, T. Sakanoi et al. (20 persons), Space-borne Imaging Observation of the Ionosphere, Mesosphere, and Plasmasphere by ISS-IMAP, AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly, Singapore, August 13-17, 2012.
  11. Miyoshi, Y., S. Saito, K. Seki, R. Kataoka, Y. Katoh, T. Sakanoi, T. Nishiyama, K. Asamura, and M. Hirahara, Modulation of precipitating electrons associated with pulsating aurora: Reimei observations, Inner Magnetosphere Coupling II, UCLA, Los Angels, March, 2012.
  12. Sakanoi, T., C. C. Chaston, Reimei Team, Small-scale auroral optical flow and its relationship to ionospheric convection, NIPR Symposium on Conjugate Aurora and SuperDARN - past, present and future(Professor Natsuo Sato's Retirement Symposium), NIPR, Tokyo, February 16-17, 2012.
  13. Sakanoi, T., Reimei Science Team, Auroral optical flow and ionospheric electric field: Super DARN observation, SuperDARN workshop, NIPR, Tokyo, July 25, 2011.
  14. Sakanoi, T., Y. Yamazaki, Y. Akiya, A. Saito, and the IMAP team, IMAP/VISI Mission: visible airglow measurement on ISS, AOGS 2011, Taipei, Taiwan, August 11, 2011.
  15. Fukuda, Y., M. Hirahara, K. Asamura, T. Sakanoi, A. Yamazaki, K. Seki and Y. Ebihara, Event and statistical studies on energy and pitch angle distribution properties of electrons in Inverted-V structures, AOGS 2011, Taipei International Convention Center, Taipei, August 9, 2011.
  16. Sakanoi, T., Y. Miyoshi, Y. Ebihara, T. Takada, A. Demekhov, T Nishiyama, A. Yamazaki, K. Asamura, M. Hirahara, Precise characteristics of black Aurora obtained with Reimei image-particle data, IUGG2011, Melbourne, Australia, July 6, 2011.
  17. Sakanoi, T., T. Uno, T. Kitami, M. Kagitani, Y. Kasaba, S. Okano, and T. Ichikawa, Development of infrared imager and Echelle specgtrograph for ground-based measurement of planetary atmosphere, The international symposium on planetary science 2011, Sendai Japan, March 8-11, 2011.
  18. Uno, T., T. Sakanoi, Y. Kasaba, The observations of Jovian H2 and H3+ auroral emission using the SUBARU and IRTF, The international symposium on planetary science 2011, Sendai Japan, March 8-11, 2011.
  19. Kitami, T., T. Sakanoi, T. Uno, and T. Ichikawa, Development of electric circuit system for infrared imager, The international symposium on planetary science 2011, Sendai Japan, March 8-11, 2011.
  20. Sakanoi, T., Y. Miyoshi, A. Demekhov, Y Kato, T Nishiyama, Y. Ebihara, A. Yamazaki, K. Asamura, T. Takada, M. Hirahara, Characteristics of fine-scale black aurora and its generation process using Reimei image-particle data (invited), Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  21. Fukuda, Y., H. Hirahara, K. Asamura, T. Sakanoi, A. Yamazaki, K. Seki, Y. Ebihara, Event and statistical studies on the energy and pitch angle distribution properties of electron in the inverted-V region, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  22. Kataoka, R., Y. Miyoshi, A. Yaegashi, T. Sakanoi, T. Nishiyama, Y. Ebihara, K. Shiokawa, Ground-based high-speed observation of auroral microstructures, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  23. Miyoshi, Y., Y. Katoh, T. Nishiyama, T. Sakanoi, K. Asamura, M. Hirahara, Fine scructures of precipitating electrons associated with pulsating aurora: Reimei observation, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  24. Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, M. Hirahara, The source region and its characteristic of pulsating aurora based on the Reimei observations, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  25. Yaegashi, Y., T. Sakanoi, R. Kataoka, K. Asamura, M. Sato, Y. Miyoshi, S. Okano, Spatiotemporal variations and generaton mechanisms of flickering aurora, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  26. Zou, S., M. B. Moldwin, Y. Nishimura, L. R. Lyons, M. Hirahara, T. Sakanoi, K. Asamura, M. Micolls, Y. Miyashita, S. Mende, C. Heinselman, Multi-instrument observations of substorm onset: its location and pre-onset sequence, Chapman Conference, Fairbanks, Alaska, Feb. 27 - Mar. 4, 2011.
  27. Sakanoi, T., Y. Obuchi, T. Takeyama, Camera with a variable occulting mask using a digital-micro-mirror-device (DMD) for observation of faint emission around a planet, Venus observation workshop in Nayoro, Nayoro, Hokkaido, Feb. 23, 2011.
  28. Zou, S., M. Moldwin, Y. Nishimura, L. R. Lyons, M. Hirahara, T. Sakanoi, K. Asamura, M. J. Nicolls, Y. Miyashita, S. B. Mende, C. J. Heinselmen(invited), Identification of substorm onset location and pre-onset sequence using Reimei, THEMIS GBO, PFISR and Geotail, 2010 Fall AGU meeting, San Francisco, USA, 13-17 Dec. 2010.
  29. Yaegashi, A. T. Sakanoi, R. Kataoka, K. Asamura, M. Sato, Y. Miyoshi, S. Okano, Spatiotemporal variations and generation mechanisms of flickering aurora, 2010 Fall AGU meeting, San Francisco, USA, 13-17 Dec. 2010.
  30. Akiya, Y., A. Saito, T. Sakanoi, A. Yamazaki, M. Hirahara, Spatital discribution of the airglow observed by the Reimei/MAC limb observation, 2010 Fall AGU meeting, San Francisco, USA, 13-17 Dec. 2010.
  31. Chaston, C. C., K. Seki, T. Sakanoi, K. Asamura, M. Hirahara, The evolution of auroral forms and vorticity on small-scales, 2010 Fall AGU meeting, San Francisco, USA, 13-17 Dec. 2010.
  32. Uno, T., T. Sakanoi, M. Kagitani, C. Tao, T. Kitami, Y. Kasaba, Investigations of Jovian thermospheric dynamics by using ground-based spectrometer, 42nd DPS meeting, Pasadena, USA, Oct. 4-8, 2010.
  33. Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, M. Hirahara, Fine-scale precipitations of auroral electrons due to the resonant interaction with whictler mode waves, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama, Japan, 22-26 Sept. 2010.
  34. Sakanoi, T., M. Sato, T. Adachi, A. Yamazaki, Y. Takahashi, M. Hirahara, Satellite observation of the electron temperature and electric field associated with sprites, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama, Japan, 22-26 Sept. 2010.
  35. Akiya, Y., A. Saito, T. Sakanoi, T. Tsugawa, Conjugate observations of total electron content disturbances at high-latitudes and auroral structures by the Reimei satellite, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama, Japan, 22-26 Sept. 2010.
  36. Sakanoi, T., T. Uno, T. Kitami, Y. Kasaba, S. Okano, N. Takeyama, Development of infrared imager and Echelle spectrograph for ground-based measurement of planetary atmosphere, 5th Alfven conference, Sappro, Japan, 4-8 October, 2010.
  37. Sakanoi, T., N. Takeyama, the Reimei science team, and the IMAP team (invited), Space-borne optical imager and specgtrometer for high-spatial resolution measurements of upper atmophere, 2010 Taiwan-Japan Space Instrument Workshop, National Cheng Kung University, Tainanm, Taiwan, 8-10 Sept. 2010.
  38. Hirahara, M., Y. Ebihara, K. Seki, T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Yamazaki, Reimei observations of sporadic downgoing ion beams in/near discrete electron signatures in the cusp and auroral regions, 38th COSPAR Scienetific Assembly, Bremen, Germany, 18-25, July 2010.
  39. Fukuda, Y., M. Hirahara, T. Sakanoi, Y. Ebihara, K. Asamura, Y. Yamazaki, K. Seki, Y. Miyashita, Comparative studies on polar ionoshere and magnetotail dynamics based on simulataneous multi-point observations, 38th COSPAR Scienetific Assembly, Bremen, Germany, 18-25, July 2010.
  40. Sakanoi, T., T. Uno, T. Kobuna, Y. Kasaba, T. Ichikawa, C. Tao, N. Takeyama, T. Kitami, S. Okano, Observation of Jupiter's ionospheric drifts and thier response to solar wind variation, 38th COSPAR Scienetific Assembly, Bremen, Germany, 18-25, July 2010.
  41. Sakanoi, T., T. Nishiyama, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, M. Hirahara, Source region and characteristics of pulsating auroras based on Reimei observations, 38th COSPAR Scienetific Assembly, Bremen, Germany, 18-25, July 2010.
  42. Sakanoi T., A. Yamazaki, Y. Akiya, A. Saito, Y. Otsuka, T. Abe, M. Taguchi, M. Kubota, N. Takeyama, Y. Obuchi, M. Yamamoto, I. Yoshikawa, M. Suzuki, Airglow observation by VISI on ISS-IMAP: current status of development and simulation of measurement, 38th COSPAR Scienetific Assembly, Bremen, Germany, 18-25, July 2010.
  43. Sakanoi, T.,T. Nishiyama, Y. Katoh, Y. Miyoshi, Y. Ebihara, K. Asamura, A. Yamazaki, M. Hirahara, Fine-scale characteristics of discrete and diffuse auroras using simultaneous Reimei image-particle data, International Workshop on Advances and Perspectives in Auroral Plasma Physics (APPW), Bealiu, France, April 45-30, 2010.
  44. Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano and M. Hirahara, Study on the source region and production mechanism of pulsating aurora based on the Reimei observations, European Geosciences Union General Assembly 2010, EGU2010-7710, Vienna, Austria, 3-7 May, 2010.
  45. Zou, S., M. B. Moldwin, L.R. Lyons, Y. Nishimura, M. J. Nicolls, C. J. Heinselman, M. Hirahara, T. Sakanoi, K. Asamura, S. B. Mende, G. J. Sofko, N. Nishitani, T. Hori, K. Hosokawa, Location of Substorm Onset Relative to Large-scale Auroral Morphology, Ionospheric Convection, and Particle Precipitation, 10th International Conference on Substorms, San Luis Obispo, USA, March 22-26, 2010.
  46. Sakanoi, T., H. U. Frey, O. Amm, C. C. Chaston, G. Haerendel, B. Lanchester, D. Whiter, R. Nakamura, E. Seran, S. Fu, L. Juusola, T. Karlsson, N. Ostgaard, J. Weygand, A. Yamazaki, K. Asamura, M. Hirahara, Coordinated Reimei and THEMIS Observations of a Substorm Onset, 10th International Conference on Substorms, San Luis Obispo, USA, March 22-26, 2010.
  47. Frey, H. U., O. Amm, C. Chaston, S. Fu, G. Haerendel, L. Juusola, T. Karlsson, B. Lanchester, R. Nakamura, N. Ostgaard, T. Sakanoi, E. Seran, D. Whiter, J. Weygand, Auroral Small-and Meso-Scale Structures, Origin and Function, 2009 AGU Fall meeting, San Francisco, 14-18 December, 2009.
  48. Sakanoi, T., T. Adachi, A. Yamazaki, M. Sato, Y. Takahashi, M. Hirahara, Enhancements of the Electron Temperature and Electric Field With a Sprite Event Measured by the Reimei Satellite, AOGS 6th annual meeting, Singapore, 11-15 August, 2009.
  49. Sakanoi, T., Y. Yamazaki, Y. Otsuka, M. Taguchi, A. Saito, M. Kubota, T. Abe, M. Yamamoto, N. Takeyama, Y. Obuchi, M. K. Ejiri, T. Nakamura, M. Suzuki, I. Yoshikawa, K. Hoshinoo, K. Sakanoi, H. Fujiwara, M. Ishii, H. Jin, H. Kawano, Current Status of the ISS-IMAP Mission: Airglow Measurements By a Visible and Near-infrared Spectrometer VISI, AOGS 6th annual meeting, Singapore, 11-15 August, 2009.
  50. Sakanoi, T., the Jan. 28, 2008 event, the ISSI International Team in Space Science “Auroral Small-and Meso-Scale Structures, Origin and Function”, Bern, Switzerland, 3 July, 2009.
  51. Sakanoi, T., T. Ino, Y. Ogawa, S. Okano, A. Yamazak, K. Asamura, T. Aso, M. Hirahara, Coordinated Reimei and EISCAT/ESR observations of ion upflow in the polar topside ionosphere, Symposium on dayside cusp and polar cap, Oslo, Norway, 24 Apr. 2009.
  52. Sakanoi, T., K. Asamura, A. Yamazaki, Y. Ogawa, K. Seki, Y. Ebihara, T. Nishiyama, Y. Kasaba, Fine-auroral structures observed by Reimei, the ISSI International Team in Space Science “Auroral Small-and Meso-Scale Structures, Origin and Function”, Bern, Switzerland, 2-6 March, 2009.
  53. Yoshikawa, I., A. Yamazaki, G. Murakami, K. Yoshioka, F. Ezawa, S. Kameda, W. Miyake, M. Taguchi, M. Kikuchi, S. Okano, T. Sakanoi, M. Kagitani, Y. Obana, M. Nakamura, Plasmasphere from the moon, 2008 AGU Fall Meeting, San Francisco, 15-19 December, 2008.
  54. Kondo, S., T. Sakanoi, M. Sato, Y. Takahashi, Y. Kasaba, T. Takashima, U. Inan, I. Linscott, Optical performance and trigger logic of the imager onboard SPRITE-SAT, 2008 AGU Fall Meeting, San Francisco, 15-19 December, 2008.
  55. Sakanoi, T., Y. Otsuka, M. Ejiri, M. Taguchi, T. Nakamura, A. Yamazaki, A. Saito, Visible airglow observation by an imaging spectrograph VISI on board ISS-IMAP, SPIE Asia-pacific remote sensing, New Caledonia, 17-21 November, 2008.
  56. Suzuki, M., M. Sato, Y. Takahashi, T. Sakanoi, D. Abura, S. Watanabe, UV imaging spectrograph for lightning and sprite observation onboard ISS/JEM, SPIE Asia-pacific remote sensing, New Caledonia, 17-21 November, 2008.
  57. Asamura, K., Y. Ito, Y. Ebihara, T. Sakanoi, A. Yamazaki, Y. Obuchi, M. Hirahara, M. Okada, Fine-scale auroral arc emissions related with energy-time dispertions of precipitating electrons, 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada, 13-20 July, 2008.
  58. Hirahara, M., T. Sakanoi, Y. Ogawa, K. Asamura, A. Yamazaki, K. Seki, Y. Ebihara, Reimei observations of aurora and magnetosphere-ionosphere coupling (solicited), 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada, 13-20 July, 2008.
  59. Kasaba, Y., T. Sakanoi, K. Asamura, M. Hirahara, Effects of solar zenith angle to Auroral microscopic structures evaluated by Reimei satellite, 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada, 13-20 July, 2008.
  60. Sakanoi, T., A. Saito, Y. Otsuka, A. Yamazaki, T. Nakamura, M. Taguchi, S. Okano, Airglow observation plan by a visible imaging spectrograph on the ISS-IMAP mission, 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada, 13-20 July, 2008.
  61. Sakanoi, T., S. Okano, A. Yamazaki, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, Y. Ebihara, K. Seki, Fine-scale dynamics of black aurora obtained from simultaneous image-particle observation data by the Reimei satellite, 37th COSPAR Scientific Assembly, Montreal, Canada, 13-20 July, 2008.
  62. Yoshikawa, I., A. Yamazaki, G. Murakami, K. Yoshioka, S. Kameda, F. Ezawa, T. Toyota, W. Miyake, M. Taguchi, M. Kikuchi, M. Nakamura, T. Sakanoi, S. Okano, Telescope of extreme ultraviolet board on KAGUYA: science from the moon, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  63. Taguchi, M., T. Sakanoi, S. Okano, I. Yoshikawa, A. Yamazaki, G. Murakami, K. Yoshioka, S. Kameda, F. Ezawa, T. Toyota, W. Miyake, M. Kikuchi, M. Nakamura, K. Shiokawa, Aurora and airglow imaging by UPI-TVIS onboard KAGUYA: science from the moon, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  64. Seki, K., Y. Ogawa, K. Asamura, M. Hirahara, T. Sakanoi, A. Kadokura, Y. Ebihara, Y. Obuchi, Simultaneous observations of a fine-scale meandering auroral structure by Reimei satellite, ground-based all-sky camera, and EISCAT radar, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  65. Hirahara, M., J. Adachi, N. Kitagawa, T. Sakanoi, K. Asamura, A. Yamazaki, K. Seki, Y. Ebihara, Precipitating electron properties and their correlation with the auroral dynamics observed in the mid-night oval by Reimei, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  66. Harada, M., Y. Miyashita, K. Asamura, M. Hirahara, T. Sakanoi, Y. Ebihara, V. Angelopoulos, S. B. Mende, H. U. Frey, E. Donovan, B. Jackel, I. R. Mann, C. Russell, Reimei and THEMIS GBO simultaneous observations of auroras during substorms, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  67. Sakanoi, T., T. Otsuka, T. Nakamura, M. Taguchi, S. Okano, A. Yamazaki, A. Saito, IMAP working group, ISS-IMAP mission: airglow observation with a visible imaging spectrograph VISI, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  68. Sato, M., Y. Takahashi, T. Sakanoi, S. Kondo, K. Yoshida, Y. Sakamoto, E. Ujiie, T. Takashima, U. Inan and D. Smith, SPRITE-SAT mission for TLEs and TGFs studies, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  69. Sakanoi, T., T. Nishiyama, T. Ebihara, K. Asamura, A. Yamazaki, S. Okano, Y. Obuchi, M. Hirahara, Source regions of precipitating electrons which generate pulsating auroras using simultaneous Reimei image-particle data, AOGS 5th annual meeting, Busan, Korea, 16-20 June, 2008.
  70. Sakanoi, T., T. Ino, Y. Ogawa, Y. Obuchi, S. Okano, T. Aso, Reimei science team, Coordinated Reimei-EISCAT/ESR observation of ion upflow events, International EISCAT symposium, NIPR, Tokyo, Mar. 25, 2008.
  71. Taguchi, M., K. Yshida, Y. Sakamoto, T. Kanazawa, Y. Shoji, T. Sawakami, Y. Takahashi, N. Hoshino, T. Sato, T. Sakanoi, A balloon-borne telescope system for planetary atmosphere and plasma studies, AGU Fall meeting, San Francisco, Dec. 10-14, 2007.
  72. Sato, M., Y. Takahashi, T. Sakanoi, S. Ueda, S. Kondo, K. Yoshida, Y. Sakamoto, and T. Takashima, Development of the sprite and lightning imaging system onboard the SPRITE-SAT, AGU Fall meeting, San Francisco, Dec. 10-14, 2007.
  73. Sato, T., Y. Takahashu, T. Sakanoi, K. Nakajima, T. Horinouchi, Planetary atmospheric science realized by space telescope mission, TOPS, AGU Fall meeting, San Francisco, Dec. 10-14, 2007.
  74. Kondo, S., A. Yoshida, Y. Takahashi, S. Chikada, T. Adachi, T. Sakanoi, Estimated intensity of the EMP from lightning discharges necessary for elves initiation based on balloon experiment, 2007 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 10-14, 2007.
  75. Taguchi, M., K. Yoshida, Y. Sakamoto, T. Kanazawa, Y. Shoji, T. Sawakami, Y. Takahashi, N. Hoshino, T. Sato, T. A balloon-borne telescope system for planetary atmosphere and plasma studies, 2007 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 10-14, 2007.
  76. Hirahara, M., T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Obuchi, A. Yamazaki, K. Seki, Y. Ebihara, Y. Ogawa, Y. Kasaba, Y. Miyashita, I. Shinohara, Fine auroral structures and dynamics and their relationship to the auroral particle signatures observed by the Reimei satellite, International CAWSES symposium, Kyoto, October 23-27, 2007.
  77. Morioka, A., Y. Miyoshi, F. Tsuchiya, H. Misawa, T. Sakanoi, K. Yumoto, R. R. Anderson, J. D. Menietti, E. F. Donovan, Development of auroral acceleration regions at substorm onsets as derived from AKR spectra, International CAWSES symposium, Kyoto, October 23-27, 2007.
  78. Sakanoi, T., K. Asamura. M. Hirahara, Y. Obuchi, H. U. Frey, M. Okada, Y. Ebihara, K. Seki, Y. Kasaba, E. Donovan, S. B. Mende, B. Jackel, Characteristics of fine-scale auroras obtained from simultaneous Reimei and ground-based observations, International CAWSES symposium, Kyoto, October 23-27, 2007.
  79. Sakanoi, T., K. Asamura, Y. Obuchi, M. Hirahara, A. Yamazaki, Y. Ebihara, T. Ino, Y. Kasaba, S. Okano, K. Seki, Fine-structure auroral dynamics obtained from simultaneous image-particle observations by the Reimei satellite (Invited), 4th Alfven Conference, Arcachon, France, Sep. 25, 2007
  80. Sakanoi, T., Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, M. Hirahara, Y. Kasaba, Y. Ebihara, K. Seki, Simultaneous image-particle observations of fine-scale pulsating and black auroras by the Reimei satellite, AOGS 2007 4th Annual Meeting, Bangkok, Thai, Aug. 2, 2007.
  81. Sakanoi, T., Y. Takahashi, N. Terada, F. Tsuchiya, T. Horinouchi, K. Nakajima, M. Taguchi, A. Yamazaki, M. Suzuki, N. Iwagami, K. Yoshida, M. Ueno, Y. Kasaba, T. Imamura, T. Abe, S. Sawai, TOPS mission team, TOPS: a Future Space Telescope Mission for Planetary Atmospheric Observation (Invited), AOGS 2007 4th Annual Meeting, Bangkok, Thai, Aug. 4, 2007.
  82. Takahashi, Y., K. Nakajima, T. Sakanoi, K-I. Sugiyama, S. Takeuchi, T. Imamura, T. Satoh, Monitoring of atmospheric dynamics by Jupiter orbiter, AOGS 2007 4th Annual Meeting, Bangkok, Thai, Aug. 4, 2007.
  83. Miyoshi, Y., A. Morioka, F. Tsuchiya, H. Misawa, T. Sakanoi, K. Yumoto, R. Anderson, J. Menietti, E. Donovan, Dual structure of auroral acceleration regions at substorm onsets as derived from AKR spectra, AOGS 2007 4th Annual Meeting, Bangkok, Thai, Aug. 4, 2007.
  84. Frey, H.U., S.B. Mende, L. Peticolas, T. Sakanoi, E. Donovan, B. Jackel, M. Syrjaesuo, M. Greffen, M. Hirahara, K. Asamura, Correlation of the REIMEI Multi-Spectral Auroral Camera (MAC) with all-sky observations by the THEMIS GBOs, THEMIS pre-launch science meeting, Feb., 2007.
  85. Obuchi, Y., T. Sakanoi, T. Ino, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, S. Okano, Y. Ebihara, K. Seki,Characteristics of black aurora obtained from simultaneous image and particle observations by the REIMEI satellite,2006 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 11-15, 2006.
  86. Takahashi, Y., S. Chikada, A. Yoshida, T. Adachi, T. Sakanoi, TLE Balloon experiment campaign carried out on 25 August 2006 in Japan, 2006 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 11-15, 2006.
  87. Hirahara, M., T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Obuchi, T. Ino, A. Yamazaki, Y. Kasaba, Y. Ebihara, and K. Seki, Fine-scale correlation between the auroral emission and particle properties observed by a Japanese micro-satellite, Reimei, FAST Auroral Physics Colloquium, Bodega Bay, California, Aug. 21-22, 2006.
  88. Sakanoi, T., S. Okano, Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, Y. Ogawa, A. Yamazaki, Coordinated REIMEI satellite and ground-based observations at Longyearbyen of fine-scale aurora (Invited), American Geophysical Union: Western Pacific Geophysics Meeting, Beijing, China, July 24-27, 2006.
  89. Hirahara, M., T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Okada, Y. Obuchi, T. Ino, A. Yamazaki, Y. Ogawa, S. Nozawa, K. Seki, Y. Ebihara, Introduction of the Reimei Satellite: Observations of Fine-Scale Auroral Phenomena and Collaobrative Studies with Ground-Based Observations, American Geophysical Union: Western Pacific Geophysics Meeting, Beijing, China, July 24-27, 2006.
  90. Ueda, S., Y. Takahashi, T. Sakanoi, K. Yoshida, H. Nakanishi, Y. Shoji, T. Takashima, Nano-satellite mission for imaging of sprites/lightning and detection of terrestrial gamma- ray flashes, American Geophysical Union: Western Pacific Geophysics Meeting, Beijing, China, July 24-27, 2006.
  91. Sakanoi, T., Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, Y. Ogawa, Y. Kasaba, M. Hirahara, and A. Yamazaki, Fine-auroral structure obtained from simultaneous image and particle observations by REIMEI, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  92. Hirahara, M., T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Obuchi, T. Ino, A. Yamazaki, Y. Kasaba, M. Okada, Y. Ogawa, S. Nozawa, K. Seki, Y. Ebihara, T. Murata, and I. Shinonara, The latest results on fine-scale auroral phenomena by the Reimei satellite and the coordinated ground-based observations (Invited), AOGS 3rdAnnual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  93. Ogawa, Y., M. Hirahara, T. Sakanoi, K. Asamura, K. Seki, S. Nozawa, R. Fujii, S. Buchert、Y. Kasaba, Y. Obuchi, T. Ino, and A. Yamazaki, Coordinated Reimei and EISCAT observations of ion upflows in the polar ionosphere (Invited), AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  94. Obuchi, Y., T. Sakanoi, A. Yamazaki, T. Ino, S. Okano, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, and REIMEI system team, Simultaneous imaging and particle observations of fine-scale aurora obtained by the REIMEI satellite, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  95. Asamura, K., M. Hirahara, Y. Ebihara, K. Seki, Y. Ogawa, Y. Kasaba, T. Sakanoi, Y. Obuchi, and T. Ino, Auroral particle measurement with REIMEI satellite, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  96. Taguchi, M., K. Yoshida, H. Nakanishi, Y. Shoji, K. Kawasaki, J. Shimazaki, Y. Takahashi, J. Yoshida, D. Tamura, T. Sakanoi, A balloon-borne telescope system for optical remote sensing of planetary atmospheres and plasmas, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  97. Takahashi, Y., T. Sakanoi, M. Taguchi, A. Yamazaki, N. Terada, J. Yoshida, K. Yoshida, H. Nakanishi, Venus and Mars exploration by planetary space telescope, TOPS, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  98. Miyoshi, Y., A. Morioka, T. Seki, F. Tsuchiya, H. Misawa, W. Gonzalez, T. Sakanoi, H. Oya, H. Matsumoto, K. Hashimoto, T. Mukai, Auroral kilometric radiation and magnetosphere-ionosphere coupling process during magnetic storms, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  99. K. Kitamura, S-I. Watari, M. Kunitake, T. Sakanoi, K. Yumoto, Development of the pulsation index for space weather, AOGS 3rd Annual General Assembly, Singapore, July 10-14, 2006.
  100. Saito, H., T. Mizuno, K. Tanaka, Y. Sone, S. Fukuda, S-i. Sakai, N. Okuizumi, M. Mita, Y. Fukushima, M. Hirahara, K. Asamura, T. Sakanoi, A. Miura, T. Ikenaga, Y. Masumoto, An overview and initial in-orbit status of "INDEX" satellite, 25th International Symposium on Space Technology and Science, Kanazawa, June 4-11, 2006.
  101. Hirahara, M., T. Sakanoi, K. Asamura, Y. Obuchi, T. Ino, A. Yamazaki, Y. Kasaba, Y. Ogawa, S. Nozawa, and K. Seki, Observations of fine structure and variation of auroral emissions and particles with high-time and spatial resolutions: Initial results of the Reimei satellite and simultaneous ground-based observations, European Geosciences Union General Assembly, Vienna, Austria, April 2-7, 2006.
  102. Sakanoi, T., Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, M. Hirahara, Y. Ogawa, Simultaneous image-particle measurements of fine-scale aurora obtained by the REIMEI satellite,The Symposium of Arctic Atmosphere Observation 2006 (Alaska project symposium), NICT, Tokyo, March 16-17, 2006.
  103. Sakanoi, T., Y. Obuchi, T. Ino, K. Asamura, Y. Kasaba, M. Hirahara, A. Yamazaki, S. Okano, Image and particle observations of fine-scale auroras by the REIMEI satellite,Ejiri Symposium on Frontier of Space, NIPR, Tokyo, March 24, 2006,
  104. Sakanoi, T., Y. Obuchi, A. Yamazaki, K. Asamura, M. Okada, S. Okano, M. HIrahara, INDEX mission: simultaneous observations between optical aurora and auroral particles with the high-time and high-spatial resolusions, AOGS 2nd Annual General Assembly, Singapore, July, 2005.
  105. Sakanoi, T., S. Okano, H. Fukunishi, Observations of small-scale thermospheric neutral winds associated with auroral activity, AGU Fall Meeting, San Francisco, December, 2003.
  106. Sakanoi T., S. Okano, H. Fukunishi, Quasi-periodic oscillation of E-region neutral winds associated with auroral , IUGG2003, Sapporo, Japan, June-July, 2003.
  107. Kagitani, M., T. Sakanoi, S. Okano, Observations of [SII] emission in Io plasma torus using an imaging Fabry-Perot interferometer, IUGG2003, Sapporo, Japan, June-July, 2003.
  108. Koizumi N. , T. Sakanoi, S. Okano, M. Taguchi, T. Aso, Characteristics of auroral OII 732/733 nm emission and its relation to ion upflow, IUGG2003, Sapporo, Japan, June-July, 2003.
  109. Sakanoi, T., S. Okano, Y. Obuchi, T. Kobayashi, M. Ejiri, K. Asamura, M. Hirahara, Development of the multi-spectral auroral camera onboard the INDEX satellite, The Korea-Japan-China mini-workshop on space weather, Daejeon, Korea, March, 2003.
  110. Sakanoi, T., S. Okano, Y. Obuchi, K. Kobayashi, E. Ejiri, K. Asamura, M. Hirahara, Development of the multi-spectral auroral camera onboard the INDEX satellite, 34th COSPAR scientific assembly, the second world space congress, Houston, October, 2002.
  111. Hirahara M., T. Sakanoi, K. Asamura, M. Okada, Y. Kasaba, Y. Saito, M. Ejiri, S. Okano, T. Mukai, and H. Saito, THE INDEX MISSSION Japanese Micro-Satellite for Exploring Small-Scale Auroral Properties, 34th COSPAR scientific assembly, the second world space congress, Houston, October, 2002.
  112. Sakanoi, T., T. Kuroda, S. Takahashi, R. Ikada, S. Okano, Imaging observation of lunar sodium exosphere associated with 2001 Leonid meteor shower, 2001 International Science Symposium on the Leonid Meteor Storms, Tokyo, May, 2002.
  113. Sakanoi, T., H. Fukunishi, S. Okano, K. Igarashi, Relationship between Neutrals and Ions in the Auroral E-region Verified by Simultaneous FPI and VHF radar Observations, 2001 Asia-Pacific Radio Science Conference, Tokyo, August 3, 2001.
  114. Sakanoi, T., H. Fukunishi, S. Okano, K. Igarashi, Dynamical Coupling Between Neutrals and ions in the Auroral E-region Verified by Simultaneous FPI and VHF Radar Observations, 1st S-RAMP meeting, Sapporo, October 3, 2000.
  115. Sakanoi, T., H. Fukunishi, S. Okano, K. Igarashi, Dynamical Coupling Between Neutrals and ions in the Auroral E-region, STAR WG in XXXVI SCAR & XII COMNAP, Yoyogi, 10-14, July, 2000.
  116. Sakanoi, T., H. Fukunishi, K. Igarashi, Dynamical Coupling Between Neutrals and Plasmas in the Auroral E-region Verified by Simultaneous FPI and VHF Radar, WPGM 2000, Yoyogi, 30 June, 2000.
  117. Sakanoi, T., H. Fukunishi, K. Igarashi, Dynamical coupling between neutrals and ions in the auroral E-region verified by simultaneous FPI and VHF radar observation, Alaska project optics working group meeting, Koganei, Mar 7, 2000.
  118. Sakanoi, T., H. Fukunishi, T. Mukai, Relationship between field-aligned currents and inverted-V parallel potential drops observed by the Akebono satellite, Auroral Plasma Dynamics Workshop: Akebono, Ten Years Later, Banff, July 4-7, 1999.
  119. Sakanoi, T., A. Saito, M. Kubota, S. Miyazaki, H. Ohnishi, FRONT and FRONT-2 Campaigns, The 1st US/JP meeting on mesopause gravity waves and sprites studies, Sendai, October 12, 1999.
  120. Sakanoi, T., H. Fukunishi, K. Igarashi, Relationship between neutral winds and plasma drifts in the lower-thermosphere observed by a FPI and a VHF radar at Syowa station, Antarctica, The 1st US/JP meeting on mesopause gravity waves and sprites studies, Sendai, October 12, 1999.
  121. Sakanoi, T., H. Fukunishi, Relationship between thermospheric winds and plasma drifts in the auroral E-region verified by simultaneous FPI and VHF radar observations, AGU, San Francisco, December 13-17, 1999.
  122. Sakanoi, T., and H. Fukunishi, Observations of vertical winds in the thermosphere with Fabry-Perot Doppler Imager at Syowa station, Antarctica, 32nd COSPAR Scientific Assembly and Associated Events, Nagoya, 12-19 July 1998.
  123. Sakanoi, T., H. Fukunishi, N. Sato, H. Yamagishi, and A. Yukimatsu, Relationship between neutral winds and plasma drifts obtained from FPI and HF radar observations at Syowa station, Antarctica, International SuperDARN Workshop, Tokyo, July 7-10 , 1998.
  124. Sakanoi, T., H. Fukunishi, N. Sato, H. Yamagishi, and A. Yukimatsu, Dynamical relationship between thermospheric winds and plasma drifts in the auroral region verified by simultaneous FPDIS and HF radar obserbations, American Geophysical Unison, San Francisco, U. S. A., December, 1998.
  125. Sakanoi, T., H. Fukunishi, N. Sato, H. Yamagishi, and A. Yukimatsu, Thermosphere -ionosphere coupling associated with auroral activities verified by FPI observations, International Workshop on the Arctic Atmosphere Observation, Tokyo, December, 1998.
  126. Sakanoi, T., H. Fukunishi, Vertical Wind Variations in the Thermosphere Associated with Auroral Activities Observed by a Fabry-Perot Doppler Imager at Syowa Station (Invited), Antarctica, International Symposium on Dynamics and Structure of the Mesopause Region (DYSMER symposium), Kyoto, March, 1998.
  127. Sakanoi, T., H. Fukunishi, Vertical Winds in the Thermosphere Observed by the Fabry-Perot Doppler Imager at Syowa Station, Antarctica, American Geophysical Unison, San Francisco, U. S. A., December, 1997.
  128. Sakanoi, T., H. Fukunishi, and T. Mukai, H. Hayakawa, A. Matsuoka, Field-aligned electron and ion acceleration events observed by the Akebono satellite in the inner-CPS region, AGU Fall Meeting, San Francisco, December, 1994.
  129. Sakanoi, T., H. Fukunishi, and T. Mukai, Identification of field-aligned current carriers in the inverted-V electron precipitation region, The 8th International Symp. On Solar Terrestrial Phys., part I, Sendai, June, 1994.
  130. Sakanoi, T., H. Fukunishi, T. Nagatsuma, and T. Mukai, Coordinated observations of polar cap auroras with EISCAT Svalvard radar and DMSP and Akebono satellites, Japan-EISCAT Symposium on the polar ionophere: JESPI, Toba, August, 1994.
  131. Sakanoi, T., H. Fukunishi, and T. Mukai, Spatial relationship between field-aligned currents and parallel potential drops for interted-V events observed by the Akebono satellite, AGU Fall Meeting, San Francisco, December, 1993.

国内学会 (Domesitic conference)

  • Last update on 22 April, 2013
  1. 坂野井健, 上水和典, 土屋史紀, 山崎敦, 吉岡和夫, 吉川一朗, EXCEEDチーム, 視野ガイドカメラFOV, EXCEED研究集会, 飯坂, 福島, 3月20日, 2013.
  2. 斎藤昭則, 秋谷祐亮, 穂積裕太, 山崎 敦, 阿部 琢美, 鈴木 睦, 村上豪, 坂野井 健, et al. (15 persons 1 group), 地球超高層大気撮像観測ミッション ISS IMAP の初期成果 [invited], 第27回大気圏シンポジウム, ISAS, 相模原, 2月28日-3月1日, 2013.
  3. 坂野井健, Septi Perwitasari, 山崎敦, 阿部琢美, 斎藤昭則, 秋谷祐亮, 穂積裕太, 大塚雄一, IMAP/VISI による大気光とオーロラの観測:初期結果報告 [invited], 第27回大気圏シンポジウム, ISAS, 相模原, 2月28日-3月1日, 2013.
  4. 秋谷祐亮, 斉藤昭則, 坂野井健, 穂積裕太, 山崎敦, 大塚雄一, 国際宇宙ステーション搭載の可視近赤外分光撮像装置による大気光観測データ解析, 第27回大気圏シンポジウム, ISAS, 相模原, 2月28日-3月1日, 2013.
  5. 宇野健, 笠羽康正, 坂野井健, 木星近赤外オーロラの高度・水平構造, 第27回大気圏シンポジウム, ISAS, 相模原, 2月28日-3月1日, 2013.
  6. Perwitasari, S., T. Sakanoi, A. Yamazaki, Y. Otsuka, Y. Hozumi, Y. Akiya, A. Ssaito, 0bservation of the 02 (0 0) Atmospheric Band Nightglow by the IMAP/VISI: a Case Study, 第27回大気圏シンポジウム, ISAS, 相模原, 2月28日-3月1日, 2013.
  7. Y. Kasaba, T. Sakanoi, M. Kagitani, H. Nakagawa, T. Obara, I. Scholl, J. Kuhn, S. Okano, Development of the Telescope Dedicated to the Observations of Planets and Exoplanets at Haleakala, Hawaii (Invited), 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  8. Suzuki, T., T. Sakanoi, M. Kagitani, S. Okano, High-resolution Spectroscopic Observation of Sodium Atom Emitted from the Lunar Surface using a Haleakala 40-cm Telescope, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  9. Kita, H., H. Misawa, F. Tsuchiya, T. Uno, C Tao, T. Sakanoi, Y. Kasaba, A. Morioka, Investigation of the Solar UV/EUV Heating Effect on the Jovian Radiation Belt based on Radio/Infrared Observation, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  10. Uno, T., Y. Kasaba and T. Sakanoi, Vertical and Horizontal Structures of Jovian Infrared H2 and H3+ Aurora, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  11. M. Kagitani, T. Sakanoi, T. Obara, S. Okano, Y. Kasaba and H. Nakagawa, Relocation of Iitate 60-cm Telescope to Haleakala Observatories, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  12. Noguchi, E, T. Uno, T. Sakanoi, T. Ichikawa, K. Kotani, The Development of an InSb Array Driving Electronics for the Infrared Imager and the Echelle Spectrometer, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  13. Sakanoi, T., M. Kagitani, T. Obara (Tohoku Univ.), S. Okano (Univ. Hawaii), Y. Kasaba, H. Nakagawa, Current Status of Movement of the Iitate 60-cm Telescope to Haleakala, Hawaii, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  14. Tsuchiya F., A. Yamazaki, T. Sakanoi, K. Uemizu, K. Yoshioka, G. Murakami, Y. Kasaba, M. Kagitani, I. Yoshikawa, EXCEED mission team, EXCEED onboard Data Processing and Pointing Control, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  15. Yamazaki, A., H. Nakagawa, T. Sakanoi, M. Taguchi, Instrumentation of the Mars Ionspheric Imaging, 2013年惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 2月20-22日, 2013.
  16. 齊藤 昭則, 山崎 敦, 阿部 琢美, 鈴木 睦,, 坂野井 健, 吉川 一朗, 大塚 雄一, 藤原 均, 田口 真, 山本 衛, 中村 卓司, 江尻 省, 菊池 雅行, 河野 英昭, Huixin Liu, 石井 守, 久保田 実, 津川 卓也, 星野尾 一明, 坂野井 和代, IMAP-WG国際宇宙ステーションからの地球超高層大気撮像観測ISS-IMAPミッションの初期成果, 第13回宇宙科学シンポジウム, ISAS, 相模原, 1月8-9日, 2013.
  17. 松岡彩子, 阿部琢美, 関華奈子, 寺田直樹, 石坂圭吾, 熊本篤志, 栗原純一, 坂野井健, 田口真, 中川広務, 平原聖文, 二穴喜文, 八木谷聡, 山崎敦, 横田勝一郎, 火星大気散逸探査検討WG火星大気散逸観測オービター計画の検討, 第13回宇宙科学シンポジウム, ISAS, 相模原, 1月8-9日, 2013.
  18. 土屋史紀, 山崎敦, 上水和典, 吉岡和夫, 村上豪, 坂野井健, 笠羽康正, 鍵谷将人, 吉川一朗, EXCEEDミッションチーム, 小型科学衛星EXCEEDの指向制御, 第13回宇宙科学シンポジウム, ISAS, 相模原, 1月8-9日, 2013.
  19. 坂野井 健, VISI概要紹介, 宇宙空間からの超高層大気撮像研究集会, 京都大学, 京都, 12月26-27日, 2012.
  20. 坂野井 健, 鍵谷 将人, 笠羽 康正, 岡野 章一, 惑星・系外惑星専用望遠鏡計画「PLANETS」(invited), 立教大学, 池袋, 12月20-21日, 2012.
  21. 坂野井健, 山崎敦(宇宙研, 齊藤昭則, Septi Perwitasari, 秋谷祐亮, 阿部琢美, 吉川一朗, IMAP/VISIステレオ観測によるオーロラ発光高度決定, 第36回極域宙空圏シンポジウム, NIPR, 立川, 11月26-27日, 2012.
  22. 森岡昭, 三好由純, 坂野井健, 門倉昭, 佐藤夏雄, Pi pulsations at substorm onset site, 第36回極域宙空圏シンポジウム, NIPR, 立川, 11月26-27日, 2012.
  23. 西山尚典, 坂野井健, Donald L. Hampton, 三好由純, 片岡龍峰, 岡野章一, Southward propagating auroral structure in meso-micro scale obtained from ground-based multiple observations at Poker Flat Research Range, 第36回極域宙空圏シンポジウム, NIPR, 立川, 11月26-27日, 2012.
  24. 森岡 昭, 三好 由純, 坂野井 健, 門倉 昭, 佐藤 夏雄, Pi pulsations at substorm onset site, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  25. 齊藤 昭則, 山崎 敦, 坂野井 健, 吉川 一朗, 阿部 琢美, 大塚 雄一, 田口 真, 鈴木 睦, 菊池 雅行, 中村 卓司, 山本 衛, 河野 英昭, Liu Huixin, 石井 守, 津川 卓也, 坂野井 和代, 藤原 均, 久保田 実, 江尻 省, IMAPワーキンググループ, 地球超高層大気撮像観測ミッションISS-IMAPの初期観測と今後の観測計画, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-2323日, 2012.
  26. 坂野井 健, 山崎 敦, Perwitasari Septi , 秋谷 祐亮, 大塚 雄一, 阿部 琢美, 吉川 一朗, 齊藤 昭則, ISS搭載可視分光器IMAP/VISIによる大気光観測:初期結果報告, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  27. 秋谷 祐亮, 齊藤 昭則, 坂野井 健, 山崎 敦, 大塚 雄一, ISS搭載可視近赤外分光撮像装置による大気光観測の初期解析, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-2323日, 2012.
  28. 米田 瑞生, 宮田 隆志, 中村 友彦, 浅野 健太朗, 酒向 重行, 内山 瑞穂, 鍵谷 将人, 坂野井 健, 笠羽 康正, 岡野 章一, 東京大学アタカマ天文台に於けるイオ火山活動の中間赤外線観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  29. 笠羽 康正, 坂野井 健, 上野 悟, 鈴木 大志, 鍵谷 将人, 岡野 章一, 山崎 敦, 吉川 一朗, 金尾 美穂, 5/21金環日食と6/6金星日面通過を用いた月・金星ナトリウム大気成分の検出試行, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  30. 坂野井 健, 足立 透, 佐藤 光輝, 山崎 敦, 浅村 和史, 平原 聖文れいめい衛星によるスプライト発光の単色イメージング観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  31. Perwitasari Septi, 坂野井 健, 山崎 敦, 大塚 雄一, 秋谷 祐亮, 齊藤 昭則, Observation of the O2 (0-0) atmospheric band nightglow by the IMAP/VISI, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  32. 宇野 健, 坂野井 健, 笠羽 康正, 地上高空間分解能観測による、木星近赤外オーロラ発光の高度分布導出, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  33. 野口 恵理子, 宇野 健, 坂野井 健, 市川 隆, 赤外エシェル分光・撮像装置用InSbアレイセンサ駆動系の開発, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  34. 土屋 史紀, 山崎 敦, 上水 和典, 坂野井 健, 鍵谷 将人, 笠羽 康正, 吉川 一朗, EXCEEDミッションチーム, PRINT-A/EXCEEDにおけるミッションデータプロセッサの役割と開発の進捗状況 (II), 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  35. 金尾 美穂, 山崎 敦, 坂野井 健, 笠羽 康正, 中村 正人, 金星日面通過時における「ひので」衛星による金星超高層大気・大気観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  36. 笠羽 康正, 坂野井 健, 鍵谷 将人, 中川 広務, 小原 隆博, 岡野 章一, ハワイ・ハレアカラ山頂への惑星/系外惑星専用望遠鏡設置計画:IX, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  37. 門司 浩幸, 坂野井 健, 酸素原子630nmオーロラの全天偏光観測計画, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  38. 西山 尚典, 坂野井 健, Hampton Donald, 三好 由純, 片岡 龍峰, 岡野 章一Southward propagating auroral structure with spatial sub-structures in the early recovery phase of the substorm, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  39. 高田 拓, 浅村 和史, 山崎 敦, 坂野井 健, れいめい衛星観測による2次元オーロラ構造と降り込み粒子の関係, 地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会・講演会, 札幌コンベンションセンター, 札幌, 10月20-23日, 2012.
  40. 秋谷祐亮、斉藤昭則、坂野井健、山崎敦、平原聖文、藤原均, れいめい衛星リム観測による大気光発光分布の解析, 平成24年度中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, NICT, 小金井, 8月23-24日, 2012.
  41. 坂野井健, 西山尚典, 三好由純, れいめい理学班, れいめい衛星によるパルセーティングオーロラの微細構造の観測, 平成24年度名古屋大学STE研共同研究集会「脈動オーロラ研究集会」, 名古屋, 8月6-7 日, 2012.
  42. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, D. Hampton, 浅村和史, 加藤雄人, 片岡龍峰, 平原聖文, 岡野章一, 脈動オーロラの微細構造と時空間特性, 平成24年度名古屋大学STE研共同研究集会「脈動オーロラ研究集会」, 名古屋, 8月6-7 日, 2012.
  43. 齊藤 昭則, 山崎 敦, 坂野井 健, 吉川 一朗, Space-borne imaging observation of the Earth’s upper atmosphere, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  44. 坂野井 健, 山崎 敦, 秋谷 祐亮, Perwitasari Septi, 大塚 雄一, 阿部 琢美, 齊藤 昭則, ISS 搭載可視分光器 IMAP/VISI による大気光観測:打上直前状況, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  45. 佐藤 毅彦, 大月 祥子, 岩上 直幹, 上野 宗孝, 上水 和典, 鈴木 睦, はしもと じょーじ, 坂野井 健, 笠羽 康正, 中村 良介, 今村 剛, 中村 正人, 福原 哲哉, 山崎 敦, 山田 学, あかつき IR1, IR2 位相曲線観測による金星雲層構造の推定, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  46. 松岡 彩子, 阿部 琢美, 石坂 圭吾, 熊本 篤志, 栗原 純一, 関 華奈子, 田口 真, 寺田 直樹, Futaana Yoshifumi, 八木谷 聡, 山崎 敦, 横田 勝一郎, 坂野井 健, 中川 広務, 火星大気散逸探査検討 WG1, 火星大気散逸観測ミッションの検討報告, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  47. 北見 拓也, 坂野井 健, 笠羽 康正, 赤外観測用 InSb アレイセンサ駆動系の開発, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  48. 岡野 章一, 鍵谷 将人, 笠羽 康正, 坂野井 健, 小原 隆博, Isabelle Scholl, Jeffrey Kuhn, ハワイ・ハレアカラ山頂への惑星専用望遠鏡設置計画:VIII, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  49. 齊藤 昭則, 山崎 敦, 坂野井 健, 吉川 一朗, Imaging observation of the Ionosphere, mesosphere, and plasmasphere from ISS, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  50. Septi Perwitasari, T. Sakanoi, Y. Otsuka, Y. Akiya, A. Saito, Simulation of Airglow Observations with IMAP/ VISI on the International Space Station, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  51. 坂野井 健, 足立 透, 山崎 敦, 浅村 和史, 平原 聖文, れいめい衛星によるスプライト発光現象の観測, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  52. 西山 尚典, 坂野井 健, 三好 由純, 片岡 龍峰, 加藤 雄人, 浅村 和史, ドナルド ハンプトン, 岡野 章一, サブストーム回復相の初期における脈動オーロラ微細構造, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  53. 平原 聖文, 福田 陽子, 高田 拓, 浅村 和史, 坂野井 健, 山崎 敦, 関 華奈子, 海老原 祐輔, 降下電子・電離圏加熱イオンと沿磁力線電流の相関:れいめい観測, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  54. 門司 浩幸, 坂野井 健, Jeffrey KUHN, Ryan SWINDLE, 酸素原子 630nm オーロラの全天偏光観測計画, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  55. 岩井 懸太郎, 高田 拓, 浅村 和史, 坂野井 健, 山崎 敦, れいめい衛星観測によるオーロラのカール・スパイラルと降り込み粒子の関係, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  56. 福田 陽子, 平原 聖文, 浅村 和史, 坂野井 健, 三好 由純, 高田 拓, 山崎 敦, 関 華奈子, 海老原 祐輔, れいめい衛星観測による Inverted-V 領域とその周辺における電子の特徴, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  57. 秋谷 祐亮, 齊藤 昭則, 坂野井 健, 山崎 敦, 平原 聖文, 藤原 均, 「れいめい」衛星による大気光発光緯度分布観測の解析, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  58. 宇野 健, 坂野井 健, 垰 千尋, 笠羽 康正, 佐藤 毅彦, SUBARU/IRCS と補償光学を用いた木星近赤外オーロラ発光の高度分布観測, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月20-25日, 2012.
  59. Matsuoka, A., T. Abe, K. Seki, N. Terada, Y. Futaana, M. Hirahar, K. Ishisaka, A. Kumamoto, J. Kurihara, H. Nakagawa, T. Sakanoi, M. Taguchi, S. Yagitani, A. Yamazaki, and S. Yokota, Overview of the Mars Orbiter Project for the Atmospheric Escape Study, 惑星圏シンポジウム2012, 東北大, 仙台, 2012年4月3-5日.
  60. Yamazaki A., M.Taguchi, H.Nakagawa, T.Sakanoi et al., Optical observation for the Mars atmospheric escape, 惑星圏シンポジウム2012, 東北大, 仙台, 2012年4月3-5日.
  61. Sakanoi, T., S. Okano, M. Kagitani, Y. Kasaba, Project for Iitate 60-cm telescope movement to the Haleakala, Hawaii, 惑星圏シンポジウム2012, 東北大, 仙台, 2012年4月3-5日.
  62. Noguchi, E., T.Kitami, T.Sakanoi, Y.Kasaba, T.Uno and T.Ichikawa, The current situation of 1-5um infrared observational equipment intended to be attached to 1.8m Telescope of Tohoku Univ.:InSb array sensor drive system, 惑星圏シンポジウム2012, 東北大, 仙台, 2012年4月3-5日.
  63. Sakanoi, T., T. Uno, T. Kitami, E. Noguchi, Y. Kasaba, S. Okano, Development of near infrared imager and spectrometer for planetary atmospheric measurements, 惑星圏シンポジウム2012, 東北大, 仙台, 2012年4月3-5日.
  64. 秋谷祐亮、斉藤昭則、坂野井健、山崎敦、平原聖文、藤原均、大塚雄一れいめい衛星および可視近赤外分光撮像装置を用いた大気光観測, D進学者・D取得者による合同セミナー, 東北大, 仙台, 4月2日, 2012.
  65. 佐藤毅彦, 大月祥子, 岩上直幹, 上野宗孝, 上水和典, 鈴木睦, はしもとじょーじ, 坂野井健, 笠羽康正, 中村良介, 今村剛, 中村正人, 福原哲哉, 山崎敦, 山田学, あかつきIR1+IR2測光観測による金星雲層構造の推定, 第26回大気圏シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Mar. 1-2, 2012.
  66. 加藤雄人、大村善治、三好由純、坂野井健、西山尚典、田所裕康、山岸久雄、門倉昭、岡田雅樹, コーラス放射生成過程の計算機実験とpulsating auroraに関わる地上・衛星観測研究について, 極地研研究集会「極域観測研究の過去現在未来」, NIPR, 立川, 2月16-17日, 2012.
  67. 齊藤昭則, 山崎敦, 阿部琢美, 鈴木睦, 坂野井健, 吉川一朗, 大塚雄一, 藤原均, 田口真, 山本衛, 中村卓司, 江尻省, 菊池雅行, 河野英昭, Huixin Liu, 石井守, 久保田実, 津川卓也, 星野尾一明, 坂野井和代, IMAPワーキンググループ, 国際宇宙ステーションからの地球超高層大気撮像観測 ISS-IMAPミッションの現状, 第12回宇宙科学シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Jan. 5-6, 2012.
  68. 福田 陽子,片岡 龍峰,平原聖文,坂野井 健,浅村 和史,山崎 敦,関 華奈子,海老原 祐輔, れいめい衛星観測によるオーロラ発光強度の経年変化, 平成23年度現象解析ワークショップ 「STP分野における極端事象」, 京都大学 宇治キャンパス,11月28日, 2011.
  69. 西山尚典,坂野井健,三好良純,片岡龍峰,加藤雄人,浅村和史,佐藤光輝,岡野章一, Temporal and spatial variations of pulsating auroras in fine-scale obtained from ground-based observations, 第2回極域科学シンポジウム, 立川, 極地研, Nov. 11-17, 2011.
  70. 加藤雄人, 大村善治, 三好由純, 坂野井健, 西山尚典, 田所裕康, 山岸久雄, 門倉昭, コーラス放射生成過程の計算機実験とpulsating auroraに関わる地上・衛星観測研究について, 第2回極域科学シンポジウム, 立川, 極地研, Nov. 11-17, 2011.
  71. 坂野井健, Harald Frey, 海老原祐輔, 藤本正樹, 能勢正仁, 浅村和史, 山崎敦, 高田拓, 平原聖文, れいめい衛星画像・粒子データに基づくサブストームオンセット前後のオーロラ加速プロセス, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  72. 三好 由純, 齊藤 慎司, 関 華奈子, 加藤 雄人, 坂野井 健, 西山 尚典, 浅村 和史, 平原 聖文, パルセーティングオーロラにともなう降り込み電子の変調, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  73. 福田 陽子, 平原 聖文, 浅村 和史, 坂野井 健, 岡田 雅樹, 高田 拓, 山崎 敦, 関 華奈子, 海老原 祐輔, れいめい衛星観測によるオーロラ電子・発光と背景電子密度・温度の比較研究, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  74. 秋谷 祐亮, 齊藤 昭則, 坂野井 健, 山崎 敦, 平原 聖文, 藤原 均, れいめい衛星を用いた大気光発光分布の解析, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  75. 高田 拓, 浅村 和史, 坂野井 健, 山崎 敦, Field-aligned current estimation based on the direction of observed auroral electrojets: Reimei observations, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  76. 宇野 健, 坂野井 健, 垰 千尋, 笠羽 康正, 2010年Subaru/IRCS観測による木星熱圏のH2およびH3+温度分布, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  77. 北見 拓也, 宇野 健, 坂野井 健, InSb赤外撮像装置の開発, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  78. 齊藤 昭則, 山崎 敦, 坂野井 健, 吉川 一朗, 阿部 琢美, 大塚 雄一, 田口 真, 鈴木 睦, 菊池 雅行, 中村 卓司, 山本 衛, 河野 英昭, 石井 守, 坂野井 和代, 藤原 均, 久保田 実, 江尻 省, IMAPワーキンググループ, 地球超高層大気撮像観測ミッションISS-IMAPの現状と今後, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  79. 西山 尚典, 坂野井 健, 三好 由純, 片岡 龍峰, 浅村 和史, 佐藤 光輝, 岡野 章一, 地上複合観測によるパルセーティングオーロラの時空間変動特性とMLT依存性, 第130回SGEPSS総会および講演会, 神戸, Nov. 3, 2011.
  80. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 大塚雄一, 可視近赤外分光撮像装置による大気光発光観測, 2011年度中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 九州大学, 8月29-31日, 2011.
  81. 坂野井健, 小川泰信, れいめい理学班, 2010年度EISCAT レーダー-れいめい衛星共同観測初期報告, EISCAT研究集会, 極地研, 7月26日, 2011.
  82. 齊藤昭則, 山崎敦, 坂野井健, 吉川一朗, 飛翔体による中間圏熱圏電離圏プラズマ圏の撮像観測, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  83. 片岡龍峰, 三好由純, 塩川和夫, 海老原祐輔, 八重樫あゆみ, 西山尚典, 坂野井健, オーロラ微細構造の高速撮像, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  84. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, 片岡龍峰, 浅村和史, 八重樫あゆみ, 岡野章一, 2010-2011 年冬期ポーカーフラットにおけるEMCCD カメラを用いたオーロラ観測初期結果, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  85. 平原聖文, 福田陽子, 坂野井健, 浅村和史, 高田拓, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, れいめい観測によるオーロラ発光形態とオーロラ電子・電離圏加熱イオンの空間分布・エネルギーピッチ角分布・変動の相関研究, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  86. 海老原祐輔, 坂野井健, 浅村和史, 平原聖文, ミッッシェル・トムセン, サブオーロラ帯オーロラの微細構造, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  87. 八重樫あゆみ, 坂野井健, 片岡龍峰, 浅村和史, 三好由純, 佐藤光輝, 岡野章一, EMCCDカメラによる高速撮像観測で得られたフリッカリングオーロラの時間空間変動, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  88. 福田陽子, 平原聖文, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, れいめい衛星観測によるInverted-V 領域におけるオーロラ電子・ピッチ角分布の特性, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  89. 矢野貴久, 高田拓, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, れいめい衛星によるオーロラ爆発前のオーロラと振り込み粒子の関係, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  90. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星を用いた大気光の鉛直構造と水平構造の解析, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  91. 坂野井健, 山崎敦, 秋谷祐亮, 大塚雄一, 阿部琢美, 鈴木睦, 齊藤昭則, ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(4), 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  92. 宇野健, 坂野井健, 垰千尋, 笠羽康正, 木星熱圏のH2 およびH3+ダイナミクス, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  93. 北見拓也, 坂野井健, 宇野健, 市川隆, 笠羽康正, InSb 赤外撮像装置電気回路系の開発, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月22-27日, 2011.
  94. 斎藤昭則, 山崎敦, 阿部琢美, 鈴木睦, 坂野井健, 藤原均, 吉川一朗, 大塚雄一, 田口真, 山本衛, 中村卓司, 江尻省, 菊池雅行, 河野英昭, 石井守, 久保田実, 星野尾一明, 坂野井和代, ISS-IMAPミッションによって明らかになる超高層大気の姿, 第25回大気圏シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Feb. 21-22, 2011.
  95. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星多波長オーロラカメラによる大気光リム観測の解析, 第25回大気圏シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Feb. 21-22, 2011.
  96. 坂野井健, 三好由純, 海老原祐輔, 高田拓, アンドレイ・デメコフ, 山崎敦, 浅村和史, 平原聖文, れいめい衛星画像-粒子同時観測データによるブラックオーロラの特徴, 第11回宇宙科学シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Jan. 5-7. 2011.
  97. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星MACリム観測による中低緯度域の夜間大気光の空間分布の研究, 第11回宇宙科学シンポジウム, JAXA/ISAS, 相模原, Jan. 5-7. 2011.
  98. 坂野井 健, C. C. Chaston, れいめい理学チーム, オーロラ微細構造の成因と将来観測展望, 非線形MI結合研究集会, 極地研究所, 立川, 東京, Dec. 21-22, 2010.
  99. 坂野井 健, 井野 友裕, 小川 泰信, れいめい理学チーム,EISCATチーム, れいめい衛星とEISCATによるイオン流出現象の観測, EISCAT研究集会, 情報通信研究機構, 武蔵小金井, 東京, Dec. 8, 2010.
  100. 坂野井 健, EMCCDを用いた装置・観測について:最新の半導体イメージング検出器(EMCCD, CMOS, Hybrid)の原理と応用(基調講演), MTI研究集会, 情報通信研究機構, 武蔵小金井, 東京, Dec. 7, 2010.
  101. 大塚雄一, 齊藤昭則, 秋谷祐亮, 坂野井健, ISS-IMAPによる電離圏観測, ISS-IMAP研究集会, 情報通信研究機構, 武蔵小金井, 東京, Dec. 6, 2010.
  102. 坂野井 健, IMAP/VISIチーム, IMAP 可視近赤外分光装置(VISI):開発状況と大気光観測計画, ISS-IMAP研究集会, 情報通信研究機構, 武蔵小金井, 東京, Dec. 6, 2010.
  103. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, 片岡龍峰, 八重樫あゆみ, 浅村和史, 岡野章一, 2010-2011年冬期におけるEMCCDカメラを用いたパルセーティングオーロラの高速撮像観測計画, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  104. 坂野井 健, 三好 由純, Andrei Demekhov, 山崎 敦, 浅村 和史, 海老原 祐輔, 高田 拓, 平原 聖文, Characteristics of black aurora and its generation process based on Reimei image-particle data, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  105. 三好由純, 加藤雄人, 坂野井健, 西山尚典, 浅村和史, 平原聖文, ディフューズオーロラ降下電子に見られる微細構造:れいめい観測, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  106. 秋谷祐亮, 斎藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星MACリム観測による中低緯度域の夜間大気光の空間分布の統計的研究, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  107. Gracita, C. M., 湯元清文, 魚住禎司, 阿部修司, 池田昭大, 坂野井健, 塩川和夫, M. Richard, M. Daniel, Y. Clara, Pc#-4 geomagnetic pulsations observed at equatorial MAGDAS/CPMN stations, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  108. 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, Observational results on downward electron/ion conics associated with rapidly varying upward/downward electric fields by Reimei, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  109. 八重樫あゆみ, 坂野井健, 片岡龍峰, 浅村和史, 佐藤光輝, 岡野章一, フリッカリングオーロラの時間空間変動とその発生機構, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  110. 北見拓也, 笠羽康正, 坂野井健, 垰千尋, 宇野健, 佐藤毅彦, 長期撮像データを用いた木星赤外オーロラの太陽風変動, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  111. 宇野健, 坂野井健, 鍵谷将人, 垰千尋, 北見拓也, 笠羽康正, 地上望遠鏡観測による木星熱圏イオン・中性大気ダイナミクスの研究, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  112. 福田陽子, 平原聖文, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, れいめい衛星観測によるinverted-V領域の端におけるオーロラ電子・ピッチ各分布の特性, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  113. 鍵谷将人, 小野高幸, 寺田直樹, 加藤雄人, 笠羽康正, 岡野章一, 坂野井健, 三澤浩昭, 熊本篤志, 岩井一正, IUGONETプロジェクトチーム, 東北大学における宇宙惑星物理学データベース構築への取り組み, 第128回SGEPSS総会および講演会, 那覇, 沖縄, Oct. 30 - Nov. 3, 2010.
  114. 坂野井 健, 秋谷?祐亮, 大塚 雄一, 山崎 敦, 阿部 琢美, 齊藤 昭則, 鈴木 睦, 武山 芸英, 小淵 保幸, 田口 真, 江尻 省, 久保田 実, 吉川 一朗, 山本 衛, ISS-IMAP搭載VISIによる大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(3), 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  115. 宇野健, 坂野井健, 笠羽康正, 小鮒格久, 武山芸英, 近赤外高分散分光観測による木星熱圏イオン・中性風研究, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  116. 宮下幸長, 三好由純, 関華奈子, 堀智昭, 瀬川朋紀, 塩川和夫, 西谷望, 坂野井健, 長妻努, 国武学, 田中良昌, 能勢正仁, 河野英昭, 行松彰, 細川敬祐, 村田健史, 湯元清文, 佐藤夏雄, ERGサイエンスセンタータスクチームERGサイエンスセンターにおける地上観測データベースの構築, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  117. 岡野章一, 笠羽康正, 三澤浩昭, 熊本篤志, 坂野井健, 土屋史紀, 東北大学惑星プラズマ・大気研究センターの惑星地上観測:現状と将来, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  118. 小淵保幸, 坂野井健, 鍵谷将人, 武山芸英, 江野口章人, 岡野章一, DMDをオカルティングマスクとして利用するカメラ光学系の開発(3), 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  119. 坂野井健, 八重樫あゆみ, 片岡龍峰, 浅村和史, 佐藤光輝, 小岩綾, 三好由純, 塩川和夫, 海老原祐輔, 岡野章一, 二波長高速撮像による微細オーロラ変動, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  120. 片岡龍峰, 三好由純, 八重樫あゆみ, 坂野井健, 塩川和夫, 海老原祐輔, オーロラ微細構造の超高速撮像, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  121. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, 加藤雄人, 浅村和史, 岡野章一, 平原聖文, れいめい観測に基づくパルセーティングオーロラのソース域とその分布特性, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  122. 福田陽子, 平原聖文, 坂野井健, 海老原祐輔, 浅村和史, 山崎敦, 関華奈子, 宮下幸長, 夜側極域電離圏と磁気圏尾部における同時多点観測による電磁気圏ダイナミクスの比較研究-(2), 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  123. 八重樫あゆみ, 坂野井健, 浅村和史, 片岡龍峰, 佐藤光輝, 小岩綾, 三好由純, 塩川和夫, 海老原祐輔, 岡野章一, EMCCDカメラ高速撮像によるフリッカリングオーロラ観測, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  124. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 坂野井健, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星MACリム観測による大気光空間分布の統計的研究, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ国際会議場, 幕張, 5月23-28日, 2010.
  125. 笠羽康正,中川広務,村田 功,坂野井 健,上野宗孝,佐藤毅彦,O. Korablev,F. Montmessin,E. Neefs,RA/IASB), 高分散赤外分光観測による 火星微量組成成分探査,第11回惑星圏研究会,仙台,3月15-17日,2010.
  126. 岡野章一,笠羽康正,坂野井 健,鍵谷将人,惑星プラズマ・大気研究センターの光学観測:過・・0年と将来展望,第11回惑星圏研究会,仙台,3月15-17日,2010.
  127. 垰 千尋,藤原 均,小鮒格久,宇野 健,坂野井 健,笠羽康正,木星電磁圏結合による大気運動エネルギー引き出しと赤外オーロラ観測,第11回惑星圏研究会,仙台,3月15-17日,2010.
  128. 岡野章一,小野高幸,寺田直樹,加藤雄人,笠羽康正,坂野井 健,鍵谷将人,三澤浩昭,熊本篤志,土屋史紀,東北大「地球・惑星プラズマ研究」の成果と展望,第11回惑星圏研究会,仙台,3月15-17日,2010.
  129. 宇野 健,笠羽康正,坂野井 健,木星熱圏イオン・中性風研究に向けた近赤外エシェル分光器の開発,第11回惑星圏研究会,仙台,3月15-17日,2010.
  130. 坂野井健,れいめい理学班,れいめい衛星MACデータ講習会,SuperDARN/EISCAT/れいめい衛星データ解析講習会,極地研,板橋,2月25日,2010.
  131. 坂野井健,小川泰信,れいめい理学班,EISCAT レーダー-れいめい衛星共同観測による微細オーロラ高度分布ならびにイオン流出現象の解明,2009年度EISCAT関連研究集会,極地研,板橋,2月26日,2010.
  132. 坂野井 健,Chris Chaston,れいめい理学班,れいめい衛星と地上で観測された微細オーロラの加速過程 微細オーロラレビュー FAST,れいめい,そしてその先,STE共同研究集会「太陽大気・地球磁気圏における非熱的粒子加速と電波放射」,東北大学,仙台,2月22−23日,2010.
  133. 宇野健, 坂野井健, 笠羽康正, 小鮒格久, 木星熱圏イオン・中性風観測の速報および近赤外エシェル分光器開発の現状, 第24回大気圏シンポジウム, JAXA/ISAS, 2月18-19日, 2010.
  134. 笠羽康正, 岡野章一, 村田功, 坂野井健, 寺田直樹, 藤原均, 中川広務, 鍵谷将人, 垰千尋, 寺田香織, 東北大における惑星大気研究:将来地上・探査機観測に向けて, 第24回大気圏シンポジウム, JAXA/ISAS, 2月18-19日, 2010.
  135. 坂野井健, H. U. Frey, O. Amm, J. Weygand, B. Lanchester, D. Whiter, 山崎敦, 浅村和史, 平原聖文, E. Donovan, S. B. Mende, B. Jackel, サブストームオンセットのれいめい-地上-THEMIS同時観測, 第10回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月7-8日, 2010.
  136. 齊藤昭則, 阿部琢美, 山崎敦, 鈴木睦, 坂野井健, 藤原均, 吉川一朗, 大塚雄一, 田口真, 山本衛, 中村卓司, 菊池雅行, 江尻省, 河野英昭, 石井守, 久保田実, 星野尾一明, 坂野井和代, 国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気撮像観測計画ISS-IMAP, 第10回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月7-8日, 2010.
  137. 笠羽康正,中川広務,青木翔平, 上野宗孝,村田功, 坂野井健,岡野章一, 佐藤毅彦, 高分散分光観測による微量組成成分を軸とした火星大気研究:現状と展望, 第10回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月7-8日, 2010.
  138. 坂野井健, 海老原祐輔, 宮下幸長, 関加奈子, 浅村和史, 斎藤昭則, 秋谷祐亮, 平原聖文, れいめい衛星観測・解析と公開データベース, NICT/STEL研究集会 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会」, 京都, 京都教育文化センター, 11月30日-12月1日, 2009.
  139. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, 加藤雄人, 浅村和史, 山崎 敦, 岡野章一, INDEX 理学班 平原聖文, れいめい衛星観測に基づくパルセーティングオーロラの生成メカニズムおよび周期特性, 第33回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 立川, 11月12-13日, 2009.
  140. 八重樫あゆみ, 木村哲士, 坂野井健, 岡野章一, フリッカリングオーロラ高速撮像計画:II, 第33回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 立川, 11月12-13日, 2009.
  141. 齊藤昭則, 阿部琢美, 坂野井健, 大塚雄一, 田口真, 吉川一朗, 山崎敦, 鈴木睦, 菊池雅行, 中村卓司, 山本衛, 河野英昭, 石井守, 星野尾一明, 坂野井和代, 藤原均, 久保田実, 江尻省, IMAP ワーキンググループ, ISS-IMAP ミッションとその宇宙天気研究への利用, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  142. 小淵保幸, 坂野井健, 鍵谷将人, 武山芸英, 江野口章人, 岡野章一, DMDをオカルティングマスクとして利用するカメラ光学系の開発(2), 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  143. 宇野健, 坂野井健, 笠羽康正, 小鮒格久, 武山芸英, 木星電離圏イオン・中性風観測に向けた高分散赤外エシェル分光器の開発, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  144. 小鮒格久, 坂野井健, 岡野章一, 笠羽康正, 大月祥子, 垰千尋, 宇野健, 木星赤外オーロラ高分散分光観測による木星電離圏イオンドリフトについて, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  145. 八重樫あゆみ, 木村哲士, 坂野井健, 岡野章一, フリッカリングオーロラ高速撮像計画:2, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  146. 坂野井健, H. U. Frey, O. Amm, J. Weygand, 栗田怜, 三好由純, 山崎敦, 浅村和史, 平原聖文, E. Donovan, S. B. Mende, B. Jackel, サブストームオンセットのれいめい-THEMIS 同時観測, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  147. 西山尚典, 坂野井健, 三好由純, 加藤雄人, 浅村和史, 山崎敦, 岡野章一, INDEX 理学班 平原聖文, れいめい衛星観測に基づくパルセーティングオーロラの降下電子ソース領域と生成メカニズム, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  148. 福田陽子, 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, れいめい衛星観測によるオーロラ発光とオーロラ粒子・ピッチ角分布の相関, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  149. 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, 夜側オーロラ帯・昼間側カスプ・クレフトにおける降込電子構造の間に現れる突発的な降下イオンビーム, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  150. 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 山崎敦, 平原聖文, Precipitating electrons and drift motions of auroral emissions, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  151. 坂野井健, 山崎敦, 大塚雄一, 久保田実, 武山芸英, 小淵保幸, 阿部琢美, 齊藤昭則, 江尻省, 中村卓司, 鈴木睦, 山本衛, 田口真, ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(2), 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  152. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 江藤英樹, 坂野井健, GPS受信機による高緯度電離圏擾乱の観測とれいめい衛星によるオーロラ観測との比較, 第126回SGEPSS総会および講演会, 金沢, 金沢大学, 9月27-30日, 2009.
  153. 坂野井健, H. U. Frey, O. Amm, J. Weygand, 栗田怜, 三好由純, 山崎敦, 浅村和史, 平原聖文, E. Donovan, S. B. Mende, B. Jackel, れいめい衛星とTHEMIS衛星群・ 地上網同時観測によるサブストームオンセット現象, 名古屋大学太陽地球環境研究所共同研究集会「多点衛星・地上データ解析による磁気圏ダイナミクス研究会」, 名古屋, 7月30-31日, 2009.
  154. 坂野井健, オーロラ光学観測とTHEMIS GBO, 名古屋大学太陽地球環境研究所共同研究集会「多点衛星・地上データ解析による磁気圏ダイナミクス研究会」, 名古屋, 7月30-31日, 2009.
  155. 伊藤祐毅, 浅村和史, 高田拓, 平原聖文, 藤本正樹, 山崎敦, 坂野井健 ,局所的電子加速と微細オーロラ発光構造のドリフト運動-れいめい衛星観測-, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  156. 平原聖文, 小野寺暁, 鳥海森, 宮下幸長, 高田拓, 関華奈子, 海老原祐輔, 坂野井健, 浅村和史, 山崎敦, 夜側極域電離圏と磁気圏尾部における同時多点観測による電磁気圏ダイナミクスの比較研究-(1), 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  157. 西山尚典, 坂野井健, 岡野章一, 浅村和史, 山崎敦, 海老原祐輔, 平原聖文, れいめい衛星観測に基づくパルセーティングオーロラの発生メカニズムと波動粒子相互作用, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  158. 坂野井健, 山崎敦, 足立透, 佐藤光輝, 高橋幸弘, 江尻省, 鈴木臣, 中村卓司, 藤原均, 平原聖文, れいめい衛星によるスプライト発光と熱圏大気光の多波長観測, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  159. 齊藤昭則, 阿部琢美, 坂野井健, 大塚雄一, 田口真, 吉川一朗, 山崎敦, 鈴木睦, 菊池雅行, 中村卓司, 山本衛, 河野英昭, 石井守, 星野尾一明, 坂野井和代, 藤原均, 久保田実, 江尻省, IMAP ワーキンググループ, ISS-IMAP による地球超高層大気撮像観測計画, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  160. 坂野井健, 大塚雄一, 山崎敦, 田口真, 齊藤昭則, 阿部琢美, 武山芸英, 小淵保幸, 江尻省, 中村卓司, 鈴木睦, 久保田実, 吉川一朗, 星野尾一明, 坂野井和代, 藤原均, 山本衛, 石井守, 河野英昭, ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  161. 坂本祐二, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 東北大学スプライト観測衛星「雷神」の開発完了および初期運用報告, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  162. 齊藤昭則, 阿部琢美, 坂野井健, 大塚雄一, 田口真, 吉川一朗, 山崎敦, 鈴木睦, 菊池雅行, 中村卓司, 山本衛, 河野英昭, 石井守, 星野尾一明, 坂野井和代, 藤原均, 久保田実, 江尻省, IMAP ワーキンググループ, 中低緯度域電離圏・中間圏・熱圏・プラズマ圏の衛星からの撮像観測, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  163. 宇野健, 坂野井健, 笠羽康正, 小鮒格久, 武山芸英, 惑星観測用赤外エシェル分光器開発の現状, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  164. 坂野井健, 小鮒格久, 市川隆, 岡野章一, 笠羽康正, 惑星大気観測用1 – 5 μm赤外カメラのエレクトロニクス開発, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  165. 小淵保幸, 坂野井健, 鍵谷将人, 武山芸英, 岡野章一, DMDをオカルティングマスクとして利用するカメラ光学系の開発, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  166. 小鮒格久, 坂野井健, 岡野章一, 笠羽康正, 大月祥子, 垰千尋, 木星電離圏H3+イオンドリフト変動の観測, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月16-21日, 2009.
  167. 坂野井健, 小川泰信, 平原聖文, 山崎敦, 浅村和史, 海老原祐輔, 門倉昭, 細川敬祐, 小野高幸, 佐藤由佳, 野澤悟徳, 大山伸一郎, 宮岡宏, れいめい衛星とEISCAT/ESRの共同観測, 国立極地研, 2008年度EISCAT研究集会, 3月10日, 2009.
  168. 坂野井健, 小鮒格久, 岡野章一, 笠羽 康正, 佐藤 毅彦, 木星赤外オーロラ高分散分光観測による木星電離圏プラズマ運動, 第23回大気圏シンポジウム, ISAS/JAXA, 2月26-27日, 2009.
  169. 齊藤昭則, 阿部琢美, 山崎敦, 鈴木睦, 坂野井健, 藤原均, 吉川一朗, 菊池雅行, 大塚雄一, 田口真, 中村卓司, 中村卓司, 江尻省, 河野英昭, 石井守, 久保田実, 星野尾一明, 坂野井和代, 国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気撮像観測計画ISS-IMAP, 第23回大気圏シンポジウム, ISAS/JAXA, 2月26-27日, 2009.
  170. 坂野井健, 山崎敦, 大塚雄一, 田口真, 阿部琢美, 武山芸英, 小淵保幸, 齊藤昭則, 江尻省, 中村卓司, 鈴木睦, 久保田実, 吉川一朗, 星野尾一明, 坂野井和代, 藤原均, 山本衛, 石井守, 陣英克, 河野英昭, ISS-IMAP搭載可視分光撮像装置VISIによる大気光観測計画, 第23回・蜍C圏シンポジウム, ISAS/JAXA, 2月26-27日, 2009.
  171. 宇野健, 坂野井健, 笠羽康正, 小鮒格久, 惑星観測用赤外エシェル分光器開発の現状, 第23回大気圏シンポジウム, ISAS/JAXA, 2月26-27日, 2009.
  172. 坂野井健, 足立透, 山崎敦, 藤原均, 平原聖文, 浅村和史, 江尻省, 鈴木臣, 中村卓司, 佐藤光輝, 高橋幸弘, 岡野章一, れいめい衛星によるスプライト・大気光観測, れいめい-地上観測研究集会, 東北大学東京分室,2月19日, 2009.
  173. 上野宗孝, 吉川一朗, 山崎敦, 寺田直樹, 吉岡和夫, 村上豪, 笠羽康正, 土屋史紀, 鍵谷将人, 三澤浩昭, 高橋幸弘, 坂野井健, 澤井秀次郎, 福田盛介, 坂井真一郎, 上水和典, 小型科学衛星シリーズ1号機ミッション部の概要と目指すサイエンス, 第9回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月6-7日, 2009.
  174. 齊藤昭則, 阿部琢美, 山崎敦, 鈴木睦, 坂野井健, 藤原均, 吉川一朗, 大塚雄一, 田口真, 中村卓司, 山本衛, 江尻省, 河野英昭, 石井守, 久保田実, 星野尾一明, 坂野井和代, 国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気撮像観測計画ISS-IMAP, 第9回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月6-7日, 2009.
  175. 高橋幸弘, 坂野井健, 笠羽康正, 近藤哲志, 山下幸三, 氏家恵理子, 吉田和哉, 坂本裕二, 高島健, 三谷烈史, 中澤知洋, 榎戸輝揚, 佐藤光輝, SPRITE-SATによるTLEおよびTGF現象の観測, 第9回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月6-7日, 2009.
  176. 榎戸輝揚, 三谷烈史, 上田剛, 牧島一夫, 坂野井健, 高橋幸弘, 高島健, 中澤知洋, 雷雲ガンマ線の宇宙観測を狙う小型ガンマ線検出器の製作と今後, 第9回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月6-7日, 2009.
  177. 坂野井健, 藤原均, 岡野章一, 山崎敦, 浅村和史, 平原聖文, れいめい衛星搭載カメラによる大気光・スプライト観測, 第9回宇宙科学シンポジウム, ISAS/JAXA, 1月6-7日, 2009.
  178. 秋谷祐亮, 齊藤昭則, 江藤英樹, 坂野井健, 「れいめい」衛星によるオーロラ観測データの可視化・GPS 受信機による高緯度電離圏擾乱の観測との比較, 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 情報通信研究機構, 11月27-28日, 2008.
  179. 浅村 和史, 伊藤 祐毅, 坂野井 健, 海老原 祐輔, 山崎 敦, 平原 聖文, 高緯度域で見られるドリフトするオーロラ発光構造と降りこみ電子, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  180. 坂野井 健, 山崎 敦, 藤原 均, 佐藤 光輝, 高橋 幸弘, 岡野 章一, 平原 聖文, れいめい衛星による低緯度大気光ならびにスプライト観測, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  181. 榎戸 輝揚, 三谷 烈史, 中澤 知洋, 牧島 一夫, 坂野井 健, 高島 健, 吉田 和哉, 高橋 幸弘, SPRITE-SAT 搭載の小型ガンマ線検出器の開発と製作, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  182. 高橋 幸弘, 坂野井 健, 笠羽 康正, 佐藤 光輝, 高島 健, 吉田 和哉, 坂本 祐二, 氏家 恵理子, 近藤 哲志, SPRITE-SATと地上観測連携によるスプライト現象解明の戦略, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  183. 平原 聖文, 小川 泰信, 関 華奈子, 海老原 祐輔, 山崎 敦, 浅村 和史, 坂野井 健, れいめい衛星観測によるカスプ領域・オーロラ帯での電子分布と電離圏イオン加速の比較, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  184. 小川 泰信, 宮岡 宏, 藤井 良一, 野澤 悟徳, 大山 伸一郎, 平原 聖文, 坂野井 健, 阿部 琢美, 小野 高幸, 細川 敬祐, 門倉 昭, 行松 彰, EISCATレーダーを用いた日本の極域超高層大気観測の現状, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  185. 齊藤 昭則, 阿部 琢美, 坂野井 健, 大塚 雄一, 田口 真, 吉川 一朗, 山崎 敦, 鈴木 睦, 中村 卓司, 山本 衛, 河野 英昭, 石井 守, 星野尾 一明, 坂野井 和代, 藤原 均, 久保田 実, 江尻 省, 国際宇宙ステーションからの地球超高層大気撮像観測計画, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  186. 橋本 明, 笠羽 康正, 中川 広務, 村田 功, 岡野 章一, 坂野井 健, 惑星探査用中間赤外高分散分光計システムの基礎開発, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  187. 伊藤 祐毅, 浅村 和史, 坂野井 健, 海老原 祐輔, 山崎 敦, 小淵 保幸, 平原 聖文, 藤本 正樹, れいめい衛星で観測したオーロラ微細構造形成の研究, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  188. 大山 伸一郎, 津田 卓雄, 浅村 和史, 平原 聖文, 山崎 敦, 坂野井 健, 笠羽 康正, 藤井 良一, 野澤 悟徳, 非干渉散乱レーダーとれいめい衛星との同時観測データを用いたオーロラアーク近傍での電流系微細構造の研究, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  189. 西山 尚典, 坂野井 健, 海老原 祐輔, 浅村 和史, 山崎 敦, 岡野 章一, 平原 聖文, パルセーティングオーロラのソース領域の統計解析と波動粒子相互作用, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  190. 木村 哲士, 坂野井 健, 田口 真, 岡野 章一, 高速CCDカメラを用いたフリッカリングオーロラ観測計画U, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  191. 吉岡 和夫, 村上 豪, 齊藤 昭則, 阿部 琢美, 坂野井 健, 大塚 雄一, 田口 真, 吉川 一朗, 山崎 敦, 鈴木 睦, 宇宙ステーション搭載の極端紫外撮像装置の開発, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  192. 坂野井 健, 大塚 雄一, 山崎 敦, 武山 芸英, 小淵 保幸, 齊藤 昭則, 江尻 省, 中村 卓司, 阿部 琢美, 鈴木 睦, 久保田 実, 田口 真, 吉川 一朗, 星野尾 一明, 坂野井 和代, 藤原 均, 山本 衛, 石井 守, 河野 英昭, Current status of ISS-IMAP/VISI: the observation plan of visible airglow distributions in the wide-range, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  193. 山崎 敦, 吉川 一朗, 村上 豪, 吉岡 和夫, 齊藤 昭則, 阿部 琢美, 鈴木 睦, 坂野井 健, 大塚 雄一, 田口 真, 中村 卓司, 山本 衛, 河野 英昭, 石井 守, 星野尾 一明, 坂野井 和代, 藤原 均, 久保田 実, 江尻 省, Ionospheric and plasmaspheric observation plan by an EUV imaging on the ISS-IMAP mission, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  194. 近藤 哲志, 坂野井 健, 佐藤 光輝, 高橋 幸弘, 笠羽 康正, SPRITE-SAT搭載カメラ製作の現状, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  195. 佐藤 光輝, 笠羽 康正, 坂野井 健, 近藤 哲志, 上村 文彦, 山下 幸三, 高橋 幸弘, 高島 健, 榎戸 輝揚, 三谷 烈史, Umran Inan, 吉田 和哉, 坂本 祐二, SPRITE-SAT搭載オンボードトリガシステムの開発, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  196. 宇野 健, 坂野井 健, 笠羽 康正, 小鮒 格久, 武山 芸英, 赤外エシェル分光器の開発計画, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  197. 小鮒 格久, 坂野井 健, 岡野 章一, 笠羽 康正, 大月 祥子, 垰 千尋, IRTF/CHSELLを用いた木星電離圏H3+イオンドリフト速度変動の観測, 第124回 SGEPSS総会および講演会, 仙台, 10月9-12日, 2008.
  198. 田口真, 吉田和哉, 坂本祐二, 荘司泰弘, 高橋幸弘, 坂野井健, 気球搭載望遠鏡による金星観測, 大気球シンポジウム, ISAS/JAXA, 9月25-26日, 2008.
  199. 伊藤祐毅, 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 山崎敦, 平原聖文, 小淵保幸, 藤本正樹, れいめい衛星で観測したオーロラ微細構造形成, 第32回極域宙空圏シンポジウム, 国立極地研究所, 8月4-5日, 2008.
  200. 西山尚典, 坂野井健, 海老原祐輔, 浅村和史, 山崎敦, 岡野章一, 平原聖文, Search for the source regions of precipitating electrons which generate pulsating aurora based on REIMEI observations, 第32回極域宙空圏シンポジウム, 国立極地研究所, 8月4-5日, 2008.
  201. 平原聖文, 坂野井健, 小川泰信, 浅村和史, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, 電子・イオンのエネルギー・ピッチ角分布とオーロラ発光との関係:れいめい衛星観測, 国立極地研究所, 8月4-5日, 2008.
  202. 大山伸一郎, 津田卓雄, 浅村和史, 平原聖文, 山崎敦, 坂野井健, 笠羽康正, 藤井良一, 野澤悟徳, 非干渉散乱レーダーとれいめい衛星との同時観測データを用いたオーロラアーク近傍での電流系微細構造の研究, 第32回極域宙空圏シンポジウム, 国立極地研究所, 8月4-5日, 2008.
  203. 木村哲士, 坂野井健, 田口真, 岡野章一, フリッカリングオーロラの高速撮像観測計画の現状, 第32回極域宙空圏シンポジウム, 国立極地研究所, 8月4-5日, 2008.
  204. 坂野井健, 井野友裕, 小川泰信, 山崎敦, 浅村和史, 小淵保幸, 岡野章一, 平原聖文, INDEX理学班, 極域電離圏上部におけるN2+発光強度とイオン上昇流の関係, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  205. 小川泰信, 平原聖文, 関華奈子, 麻生武彦, 浅村和史, 坂野井健, 山崎敦, I. Sandahl, S. Buchert, 藤井良一, 野澤悟徳, 大山伸一郎, 栗原宜子, 津田卓雄, 岩田陽介, 門倉昭, 細川敬祐, 宮岡宏, 人工衛星-地上光学機器-レーダー総合観測による夜側オーロラ帯で発生するイオン上昇流とオーロラとの関係の研究, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  206. 大山伸一郎, 津田卓雄, 浅村和史, 平原聖文, 山崎敦, 坂野井健, 笠羽康・ウ, 藤井良一, 野澤悟徳, 非干渉散乱レーダーとれいめい衛星との同時観測データを用いたオーロラアーク近傍での電流系水平微細構造の研究, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  207. 関華奈子, 小川泰信, 浅村和史, 坂野井健, 平原聖文, 門倉昭, 海老原祐輔, 小淵保幸, A fine-scale modulation of meandering aurora observed by REIMEI satellite, groundbased all-sky camera, and EISCAT radar, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  208. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 山崎敦, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星による光学・粒子同時観測に基づくブラックオーロラの研究, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  209. 平原聖文, 足立潤, 北川直優, 坂野井健, 浅村和史, 山崎敦, 関華奈子, 海老原祐輔, 夜側オーロラ帯におけるれいめい衛星観測による降下電子特性, 及びオーロラ動態との対応, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  210. 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 小淵保幸, 平原聖文, 山崎敦, PSBL でのオーロラ発光と降りこみ電子, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  211. 原田昌朋, 宮下幸長, 浅村和史, 平原聖文, 坂野井健, 海老原祐輔, V. Angelopoulos, S. B. Mende, H. U. Frey, E. Donovan, B. Jackel, I. R. Mann, C. Russell, れいめい衛星とTHEMIS GBO によるサブストーム中のオーロラ発光と降下粒子の同時観測, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  212. 大石ほなみ, 笠羽康正, 坂野井健, 浅村和史, 平原聖文, れいめい衛星によるオーロラ微細構造の太陽天頂角依存性の検証- I, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  213. 西山尚典, 坂野井健, 海老原祐輔, 浅村和史, 山崎敦, 岡野章一, 小淵保幸, 平原聖文, れいめい衛星による画像-粒子同時観測に基づくパルセーティングオーロラのソース領域の統計解析, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  214. 木村哲士, 坂野井健, 田口真, 岡野章一, フリッカリングオーロラ高速撮像観測計画の現状, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  215. 田口真, 坂野井健, 岡野章一, 吉川一朗, 山崎敦, 村上豪, 吉岡和夫, 亀田真吾, 江沢福紘, 豊田丈典, 菊池雅行, 中村正人, 塩川和夫, Initial Results of Aurora and Airglow Imaging by UPI-TVIS onboard KAGUYA, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  216. 伊藤祐毅, 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 山崎敦, 平原聖文, れいめい衛星で観測した慣性アルフヴェン波によるオーロラ微細構造形成, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  217. 近藤哲志, 坂野井健, 佐藤光輝, 高橋幸弘, 笠羽康正, 高島健, I. Linscott, U. Inan, スプライト観測衛星に搭載する光学系の開発, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  218. 上野宗孝, 吉川一朗, 笠羽康正, 寺田直樹, 高橋幸弘, 山崎敦, 今村剛, 鈴木睦, 坂野井健, 土屋史紀, 小型科学衛星TOPS, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  219. 坂野井健, 大塚雄一, 中村卓司, 田口真, 岡野章一, 山崎敦, 齊藤昭則, IMAP 衛星ワーキンググループ, ISS 搭載IMAP ミッション:可視分光撮像装置VISI による地球超高層大気観測, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  220. 市川隆, 高遠徳尚, 田口真, 岡野章一, 坂野井健, 南極における赤外線天文学の開拓, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  221. 市川隆, 高遠徳尚, 田口真, 岡野章一, 坂野井健, 南極赤外線望遠鏡の開発, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  222. 橋本明, 笠羽康正, 中川広務, 岡野章一, 村田功, 坂野井健, 惑星探査用中間赤外高分散分光計システムの基礎開発:量子カスケードレーザによるヘテロダイン試験システムの構築, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  223. 小鮒格久, 坂野井健, 岡野章一, 市川隆, 笠羽康正, 惑星大気観測のための赤外撮像装置デジタル回路系の開発, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  224. 菊地健太郎, 坂野井健, 岡野章一, 惑星周辺微弱光観測のためのオカルティングマスクの開発:DMDの応用, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  225. 笠羽康正, 高島健, 鍵谷将人, 土屋史紀, 氏家亮, 加藤雄人, 田所裕康, 木村智樹, 垰千尋, 坂野井健, 小鮒格久, 熊本篤志, 高橋幸弘, 三澤浩昭, 岡野章一, 小野高幸, 深沢圭一郎, 三好由純, 関華奈子, 石坂圭吾, 上田義勝, 小嶋浩嗣, 今井一雅, 笠原慧, 山崎敦, 藤本正樹, 佐々木晶, 国際共同木星総合探査計画LAPLACE による木星電磁圏探査, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月25-30日, 2008.
  226. 田口真, 吉田和哉, 坂本祐二, 荘司泰弘, 金澤知明, 高橋幸弘, 坂野井健, 佐藤隆雄, 星野直哉, 宇野健, 気球搭載望遠鏡による惑星圏観測, 第9回惑星圏研究会, 東北大学, 仙台, 3月17−19日, 2008.
  227. 村田健史, 篠原育, 平原聖文, 坂野井健, 山崎敦, 岡田雅樹, STARSによるれいめいデータ解析システムの紹介, れいめい−地上同時観測研究集会, 東北大学東京分室, 東京, 1月17日, 2008.
  228. 大石ほなみ, 笠羽康正, 坂野井健, Inertial Alfven wave加速構造の統計解析, れいめい−地上同時観測研究集会, 東北大学東京分室, 東京, 1月17日, 2008.
  229. 浅村和史, 海老原祐輔, 坂野井健, 小淵保幸, 平原聖文, PSBLでの降りこみ電子とオーロラ発光, れいめい−地上同時観測研究集会, 東北大学東京分室, 東京, 1月17日, 2008.
  230. 坂野井健, 西山尚典, 浅村和史, 海老原祐輔, 小淵保幸, 平原聖文, れいめい衛星で観測されたパルセーティングオーロラ: ソース領域推定, れいめい−地上同時観測研究集会, 東北大学東京分室, 東京, 1月17日, 2008.
  231. 高橋幸弘, 土屋史紀, 坂野井健, 笠羽康正, 今村剛, 寺田直樹, 堀之内武, 中島健介, 上野宗孝, TOPS サイエンスチーム, 小型科学衛星TOPSによるサイエンス, 第8回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 相模原, 1月8-9日, 2008.
  232. 上野宗孝, 高橋幸弘, 吉田和哉, 坂野井健, 笠羽康正, 田口真, 今村剛, 山崎敦, 塩谷圭吾, 鈴木睦, 福田盛介, 坂井真一郎, 澤井秀次郎, 吉川一朗, TOPS チーム, 小型科学衛星TOPS Mission部検討, 第8回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 相模原, 1月8-9日, 2008.
  233. 吉川一朗, 小川源太郎, 吉岡和夫, 村上豪, 山崎敦, 中村正人, 田口真, 菊池雅之, 三宅亙, 岡野章一, 坂野井健, 塩川和夫, SELENE搭載UPIの現状と期待する科学, 第8回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 相模原, 1月8-9日, 2008.
  234. 笠羽康正, 中川広務, 橋本明, 岡野章一, 村田功, 坂野井健, 山崎敦, 田口真, 量子カスケードレーザーによる惑星探査用中間赤外高分散分光システムの基礎開発, 第8回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 相模原, 1月8-9日, 2008.
  235. 坂野井健, 小淵保幸, 笠羽康正, 三好由純, 浅村和史, 山崎敦, 平原聖文, 海老原祐輔, パルセーティングオーロラと内部磁気圏ダイナミクスの関係:れいめい画像-粒子同時観測, GEMSISワークショップ, 犬山, 名古屋, 12月27日, 2007.
  236. 田口真, 吉田和哉, 坂本祐二, 荘司泰弘, 金澤知明, 澤上友貴, 高橋幸弘, 星野直也, 佐藤隆雄, 坂野井健, 気球搭載望遠鏡による金星大気観測, 大気球シンポジウム, 宇宙研, 12月13-14日, 2007.
  237. 高橋幸弘, 坂野井健, 藤原均, 近藤哲志, 吉田和也, 坂本祐二, スプライト・地球ガンマ線衛星計画, 中間圏・熱圏・電離圏研究会, 情報通信研究機構, 小金井, 11月13-14日, 2007.
  238. 平原聖文, 関華奈子, 浅村和史, 坂野井健, 小淵保幸, 山崎敦, 海老原祐輔, れいめい衛星による夜側オーロラ帯での沿磁力線降下イオンの観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  239. 関華奈子, 小川泰信, 浅村和史, 坂野井健, 平原聖文, 門倉昭, 海老原祐輔, 小淵保幸,, れいめい衛星−地上カメラ, EISCAT レーダーによるオーロラ微細蛇行構造の同時
  240. 観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  241. 堀之内武, 中島健介, 中串孝志, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 竹内覚, 佐藤毅彦, 今村剛, 坂野井健, 高橋幸弘, 岩上直幹, TOPS サイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPS による中性大気観測の検討第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  242. 岡野章一, 小野高幸, 笠羽康正, 三澤浩昭, 森岡昭, 飯島雅英, 村田功, 高橋幸弘, 坂野井健, 土屋史紀, 東北大学の惑星電波および光学地上観測の現状と展望(招待), 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  243. 大石ほなみ, 笠羽康正, 坂野井健, 浅村和史, 平原聖文, 高橋幸弘, 福西浩, 小型科学衛星「れいめい」によるオーロラ電子加速微細構造季節依存性の観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  244. 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 小淵保幸, 関華奈子, 平原聖文, 山崎敦, 笠羽康正, 岡田雅樹, オーロラ帯高度〜650km で観測される上向き沿磁力線電子流, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  245. 坂野井健, Frey H.U., 浅村和史, 小淵保幸, 海老原祐輔, 岡田雅樹, 平原聖文, Donovan Erick, Mende S.B., Jackel B., オーロラ微細構造のれいめい衛星-地上同時観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  246. 坂野井健, 高橋幸弘, 上野宗孝, 笠羽康正, 吉田和哉, 山崎敦, 今村剛, 阿部琢美, 田口真, 澤井秀次郎, TOPS サイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPS:観測計画ならびに搭載機器開発の現状, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  247. 田口真, 吉田和哉, 坂本祐二, 荘司泰弘, 金澤知明, 澤上友貴, 高橋幸弘, 星野直哉, 佐藤隆雄, 坂野井健, The first experiment of a balloon-borne telescope system for planetary atmosphere and plasma studies, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  248. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 浅村和史, 山崎敦, 笠羽康正, 平原聖文, 三好由純, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測により捉えられたブラックオーロラの生成メカニズム, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  249. 木村哲士, 坂野井健, 田口真, 岡野章一, フリッカリングオーロラの高速撮像観測計画, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  250. 橋本明, 中川広務, 笠羽康正, 岡野章一, 村田功, 坂野井健, 山崎敦, 田口真, 量子カスケードレーザーによる惑星探査用中間赤外高分散分光システムの基礎開発― I, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  251. 近藤哲志, 吉田暁洋, 高橋幸弘, 近田昌吾, 足立透, 坂野井健, 気球観測に基づくエルブスの発生に必要な電磁波強度の推定, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  252. 高橋幸弘, 坂野井健, 上野宗孝, 笠羽康正, 吉田和哉, 田口真, 山崎敦, 岩上直幹, 今村剛, 鈴木睦, 阿部琢美, 寺田直樹, 土屋史紀, 堀之内武, 中島健介, TOPSミッションペイロード検討WG, TOPS サイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPS:計画の概要ならびにサイエンス検討の現状(招待), 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  253. 高橋幸弘, 上田真也, 坂野井健, 近藤哲志, 佐藤光輝, 吉田和哉, 坂本祐二, 大学小型科学衛星SPRITE-SAT によるスプライト及び地球ガンマ線の観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 名古屋, 9月28-10月1日, 2007.
  254. 坂野井健, 平原聖文, 三好由純, 土屋史紀, れいめい理学チーム, 地球・惑星プラズマの粒子加速現象(基調講演), 岐阜大学, 岐阜, 9月26-28日, 2007.
  255. 田口真, 菊池雅行, 吉川一朗, 村上 豪, 吉岡和夫, 坂野井 健, 岡野章一, 三宅 亙, 塩川和夫, 山崎 敦, 中村正人, 月周回衛星「かぐや(SELENE)」搭載超高層プラズマイメージャ, 第31回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 板橋, 7月23-24日, 2007.
  256. 坂野井健, H. U. Frey, 浅村和史, 平原聖文, 海老原祐輔, E. Donovan, S. Mende, B. Jackel, れいめい理学チーム, れいめい衛星-地上同時観測による微細オーロラダイナミクス, 第31回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 板橋, 7月23-24日, 2007.
  257. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 浅村和史, 山崎敦, 笠羽康正, 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測により捉えられたブラックオーロラの特性及び生成メカニズム, 第31回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 板橋, 7月23-24日, 2007.
  258. 木村哲士, 田口真, 坂野井健, 岡野章一, フリッカリングオーロラの高速撮像観測計画, 第31回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 板橋, 7月23-24日, 2007.
  259. 岡田雅樹, 臼井英之, 大村善治, 上田裕子, 今里康二郎, 平原聖文, 浅村和史, 坂野井健, れいめい衛星によるプラズマパラメータの高分解能観測, 第31回極域宙空圏シンポジウム, 極地研, 板橋, 7月23-24日, 2007.
  260. 平原聖文, 小川泰信, 関華奈子, 浅村和史, 坂野井健, 小淵保幸, 井野友裕, 山崎敦, 海老原祐輔, れいめい衛星による電離圏イオン加速現象の観測とオーロラ発光・オーロラ電子・電離圏状態との相関, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  261. 坂野井健, Frey H.U., 浅村和史, 平原聖文, 塩川和夫, Donovan Erick, Mende S.B., Jackel B., れいめい-THEMIS 地上局同時観測による微細オーロラダイナミクス, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  262. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 浅村和史, 山崎敦, 笠羽康正, 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測により捉えられたブラックオーロラの特性及び生成メカニズム, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  263. 井野友裕, 坂野井健, 小淵保幸, 山崎敦, 小川泰信, 岡野章一, れいめい衛星による極域電離圏でのN2+イオン発光高度分布観測, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  264. 浅村和史, 坂野井健, 海老原祐輔, 関華奈子, 平原聖文, 小淵保幸, 井野友裕, 笠羽康正, オーロラ加速域下部で観測される降下電子ビームとオーロラ発光, Precipitating electron beams observed below auroral acceleration region, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  265. 遊津拓洋, 田口真, 佐藤夏雄, 坂野井健, 岡野章一, 全天イメージャーを用いた地磁気共役点オーロラの南北絶対発光強度比較, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  266. 森岡昭, 三好由純, 土屋史紀, 三澤浩昭, 坂野井健, 湯元清文, Dual structure of auroral acceleration regions at substorm onsets as derived from AKR spectra, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  267. June, L., 小川泰信, Buchert Stephan C., 平原聖文, 関華奈子, 海老原祐輔, 坂野井健, 浅村和史, Ion-Dispersion Events in the Cusp: Investigated with the REIMEI satellite and ESR, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  268. 木村哲士, 田口真, 坂野井健, 岡野章一, 昭和基地でのドップラーイメージング観測に基づくオーロラ活動に対する下部熱圏大気の応答, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  269. 岡田雅樹, 臼井英之, 大村善治, 上田裕子, 今里康二郎, 平原聖文, 浅村和史, 坂野井健, れいめい衛星CRMによるプラズマパラメータの推定手法の開発, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  270. 高橋幸弘, 坂野井健, 田口真, 岩上直幹, 山崎敦, 鈴木睦, 吉田和哉, 坂本祐二, 寺田直樹, 土屋史紀, 堀之内武, 中島健介, TOPSサイエンス検討WG, 小型衛星搭載惑星望遠鏡が拓く新しい方法論, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  271. 坂野井健, 高橋幸弘, 田口真, 山崎敦, 吉田和哉, TOPSサイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡(TOPS) 搭載観測機器の設計と開発の現状, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  272. 上田真也, 高橋幸弘, 坂野井健, 小野高幸, 吉田和哉, 中西洋喜, 荘司泰弘, 田口真, 高島健, SPRITE 衛星搭載スプライト・雷撮像システムの開発, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  273. 高橋幸弘, 坂野井健, 田口真, 岩上直幹, 山崎敦, 鈴木睦, 寺田直樹, 土屋史紀, 堀之内武, 中島健介, 吉田和哉, 坂本祐二, TOPSサイエンス検討WG, TOPS 計画の現状, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  274. 中島健介, 杉山耕一朗, 竹内覚, 佐藤毅彦, 坂野井健, 高橋幸弘, 岩上直幹, TOPSサイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPS による木星大気観測の検討, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  275. 中串孝志, 小高正嗣, 堀之内武, 今村剛, 坂野井健, 高橋幸弘, 岩上直幹, TOPSサイエンス検討WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPS による金星および火星大気観測の検討, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  276. 田口真, 吉田和哉, 坂本祐二, 荘司泰弘, 樋田敏浩, 金澤知明, 高橋幸弘, 吉田純, 田村大輔, 星野直哉, 佐藤隆雄, 坂野井健, Balloon-Borne Telescope System for Optical Remote Sensing of Planetary Atmospheres and Plasmas, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  277. 山田学, 渡部重十, 岡野章一, 坂野井健, 今村剛, 中村正人, 岩上直幹, Keller Horst Uwe, Markiewicz Wojtek, Titov Dmitri, CCD 放射線ダメージの補正手法と品質評価, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  278. 須内健介, 坂野井健, 岡野章一, 渡部重十, 火星外気圏非熱的酸素原子コロナ撮像観測の可能性, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  279. 近藤哲志, 近田昌吾, 吉田暁洋, 高橋幸弘, 足立透, 坂野井健, 大気球によるTLE と雷放電の電波及び光学観測, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月19-24日, 2007.
  280. 坂野井健, 井野友裕, 小川泰信, 小淵保幸, 海老原祐輔, れいめい理学チーム, EISCATレーダー-れいめい衛星共同観測による微細オーロラ高度分布ならびにイオン流出現象の解明, EISCAT研究会, 極地研, 板橋, 3月27日, 2007.
  281. 坂野井健, REIMEI/MACデータ処理, EISCAT-SuparDARN-れいめい衛星データ講習会, 極地研, 板橋, 3月26日, 2007.
  282. 坂野井健, 高橋幸弘, 菊池健太郎, 山崎敦, 岩上直幹, 田口真, TOPS WG, TOPS mission:science payload and operation plan, 第8回惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 3月22-23日, 2007.
  283. 高橋幸弘, 坂野井健, 他, TOPS計画, 第8回惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 3月22-23日, 2007.
  284. 田口真, 坂野井健, 他, 惑星観測用気球搭載望遠鏡, 第8回惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 3月22-23日, 2007.
  285. 高橋幸弘, 坂野井健, 他, CVJによる木星大気観測, 第8回惑星圏研究会, 東北大, 仙台, 3月22-23日, 2007.
  286. 上田真也, 高橋幸弘, 坂野井健, 小野高幸, 吉田和哉, 中西洋喜, 荘司泰弘, 田口真, 高島健, SPRITE-SAT搭載スプライト・雷イメージングシステムの開発, 第21回大気圏シンポジウム, 宇宙研, 相模原, 2月27-28日, 2007.
  287. 坂野井健, 斎藤昭則, IMAP衛星検討グループ, IMAP衛星:搭載機器, 小型科学衛星(PPM-Sat,IMAP)WG会合, 東京, 1月30日, 2007.
  288. 坂野井健, れいめいチーム, れいめい衛星によるオーロラ微細構造観測〜れいめいカメラ情報〜, 合宿型研究集会SSF5「地球磁気圏地上ー衛星観測共同研究の深化に向けて」, 伊良湖, 1月18-19日, 2007.
  289. 浅村和史, 坂野井健, 平原聖文, 齋藤宏文, れいめいチーム, れいめいによるオーロラ観測, 第7回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 12月21-22日, 2007.
  290. 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 坂本祐二, 土屋史紀, 田口真, 岩上直幹, 寺田直樹, 堀之内武, 中島健介, TOPS-WG, 惑星宇宙望遠鏡TOPSの開発及び科学検討状況, 第7回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 12月21-22日, 2007.
  291. 浅村和史, 坂野井健, 平原聖文, 山崎敦, 小淵保幸, 井野友裕, 笠羽康正, 岡田雅樹, 関華奈子, 海老原祐輔, 小川泰信, 斎藤宏文, れいめいによるオーロラ科学観測, 第50回宇宙科学連合講演会, 北九州, 北九州国際会議場, 11月8日-10日, 2006.
  292. 斎藤 宏文,水野 貴秀,田中 孝治,曽根 理嗣,福田 盛介,坂井 真一郎,奥泉 信克,三田 信,福島 洋介,浅村 和史,三浦 昭,池永 敏憲,升本 喜就,平原 聖文,坂野井 健, 小型科学衛星れいめいのシステムとその開発, 第50回宇宙科学連合講演会, 北九州, 11月8-10日, 2006.
  293. 遊津拓洋,田口真,佐藤夏雄,坂野井健,岡野章一, 全天イメージャーによる共役点オーロラの南北同時定量観測, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 11月4日-7日, 2006.
  294. 小淵保幸, 坂野井健, 井野友裕, 山崎敦, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 岡野章一, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測により捉えられたブラックオーロラ, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 相模原市産業会館, 11月4日-7日, 2006.
  295. 坂野井健, 小淵保幸, 井野友裕, 山崎敦, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい画像-粒子同時観測による微細オーロラダイナミクス:パルセーティングオーロラ, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 相模原市産業会館, 11月4日-7日, 2006.
  296. 坂野井健, 松岡彩子, 平原聖文, れいめいサイエンスチーム, あけぼのサイエンスチーム,, AkebonoおよびReimei衛星により観測されたオーロラ加速領域の特性, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 相模原市産業会館, 11月4日-7日, 2006.
  297. 木村哲士・田口真・坂野井健・岡野章一, 昭和基地ファブリーペロードップラーイメージング観測による下部熱圏中性大気温度の水平分布とオーロラ発光の関係について, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 11月4日-7日, 2006.
  298. 須内健介, 坂野井健, 岡野章一, 渡部重十, 火星外気圏における非熱的酸素原子分布のモデル計算, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 11月4日-7日, 2006.
  299. 平原 聖文, 坂野井 健, 浅村 和史, 小淵 保幸, 井野 友裕, 山崎 敦, 関 華奈子, 海老原 祐輔, Thomsen Michelle F., オーロラ発光活動とオーロラ粒子分布・ダイナミクスとの微細相関に関するれいめい観測結果, 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 相模原市産業会館, 11月4日-7日, 2006.
  300. 坂野井健, 坂野井和代, 南極から見たオーロラ・宇宙から見たオーロラ, 一般講演会(アウトリーチプログラム), 第120回地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原, 11月4日-7日, 2006.
  301. 小淵保幸, 坂野井健, 山崎敦, 井野友裕, 岡野章一, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 海老原祐輔, 関華奈子, れいめい衛星による光学・粒子同時観測, 第2回ジオスペース環境科学研究会, 小金井, 情報通信研究機構, 9月15日, 2006.
  302. 木村哲士・田口真・坂野井健・岡野章一, 昭和基地FPI観測による下部熱圏中性大気温度変動とオーロラ発光の関係について, 極域宙空圏シンポジウム, 国立極地研究所, 8月3-4日, 2006.
  303. 坂野井健, 小淵保幸, 井野友裕, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 岡野章一, 海老原祐輔, 関加奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測によるオーロラ微細構造ダイナミクス, 第30回極域宙空圏シンポジウム, 板橋, 国立極地研究所, 8月3-4日, 2006.
  304. 井野友裕, 坂野井健, 小淵保幸, 山崎敦, 岡野章一, 小川泰信, れいめい衛星搭載多波長カメラによるオーロラ高度分布観測;イオン流出現象撮像観測, 第30回極域宙空圏シンポジウム, 板橋, 国立極地研究所, 8月3-4日, 2006.
  305. 小淵保幸, 坂野井健, 井野友裕, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 岡野章一, 海老原祐輔, 関加奈子, れいめい衛星画像-粒子同時観測により捉えられたブラックオーロラ, 第30回極域宙空圏シンポジウム, 板橋, 国立極地研究所, 8月3-4日, 2006.
  306. 坂野井健,れいめい衛星がみたオーロラ(招待講演), 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  307. 遊津拓洋・田口真・佐藤夏雄・坂野井健・岡野章一, 昭和基地およびアイスランドでの全天イ・=[ジャーによる共役点オーロラ観測, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  308. 小淵保幸, 坂野井健, 山崎敦, 井野友裕, 岡野章一, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, れいめい衛星によるオーロラ画像・粒子同時観測データの解析, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  309. 坂野井健, 小淵保幸, 井野友裕, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 山崎敦, 岡野章一, れいめい衛星画像・粒子観測により得られたオーロラ微細構造, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  310. 井野友裕, 坂野井健, 小淵保幸, 山崎敦, 岡野章一, 小川泰信, 野澤悟徳, REIMEI衛星搭載多波長カメラによるオーロラ高度分布観測:イオン流出現象撮像の初期結果, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  311. 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 笠羽康正, 岡田雅樹, 小淵保幸, 井野友裕, 山崎敦, 小川泰信, 野澤悟徳, 関華奈子, 岡野章一, 麻生武彦, 江尻全機, 門倉昭, 宮岡宏, 田口真, 海老原祐輔, 塩川和夫, 細川敬祐, 家田章正, 坂口歌織, 亘慎一, 菊池崇, 村田健史, 篠原育, れいめい衛星によるオーロラ発光・粒子観測と地上・衛星共同研究に関する最新状況報告, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  312. 木村哲士, 田口真, 坂野井健, 岡野章一, 昭和基地におけるファブリーペロードップラーイメージング観測による下部熱圏中性大気温度変動とオーロラ発光の関係について, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  313. 須内健介, 坂野井健, 岡野章一, 渡部重十, 火星外気圏における非熱的酸素原子分布のモデル計算, 地球惑星科学関連学会, 幕張, 幕張メッセ国際会議場, 5月14-17日, 2006.
  314. 坂野井健, 井野友裕, 小川泰信, INDEX理学班, れいめい衛星によるN2+発光の高度分布, STEL研究集会:第2回電離圏起源重イオンのダイナミクス研究会, 情報通信研究機構, 2月20-21日, 2006.
  315. 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 川崎公平, 荘司泰弘, 島崎隼一, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田純, 田村大輔, 惑星観測用気球搭載望遠鏡の開発, 平成17年度大気球シンポジウム, 相模原, 1月23−24・・ 2006.
  316. 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 川崎公平, 荘司泰弘, 島崎隼一, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田純, 田村大輔, 惑星観測用気球搭載望遠鏡の開発, 平成17年度大気球シンポジウム, 相模原, 1月23−24日, 2006.
  317. 平原聖文, 藤川暢子, 坂野井健, 山崎敦, 小淵保幸, 井野友裕, 浅村和史, 笠羽康正, 丘珠先, れいめい衛星による理学観測の初期結果, 第6回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月5−6日, 2006.
  318. 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 吉田純, 吉田和哉, 中西洋喜, 荘司泰弘, 川崎公平, 田口真, 惑星宇宙望遠鏡計画TOPSの現状, 第6回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月5−6日, 2006.
  319. 平原聖文, 他42名, うち10番目, オーロラ・粒子観測, れいめい成果報告, および小型科学衛星研究会, 相模原, 11月30日, 2005.
  320. 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 吉田和哉, 中西洋喜, 田口真, 惑星宇宙望遠鏡TOPS, れいめい成果報告, および小型科学衛星研究会, 相模原, 11月30日, 2005.
  321. 坂野井健, 浅村和史, 小川泰信, 井野友裕, 小淵保幸, 平原聖文, れいめい理学班・工学班, れいめい−地上観測の連携, 電離圏・磁気圏シンポジウム, 相模原, 11月26日, 2005.
  322. 坂野井健, MTI衛星検討ワーキンググループ, 可視近赤外撮像装置(VISI), 人工衛星からの電離圏・熱圏・中間圏撮像観測に関する研究集会, 豊川, 11月7日, 2005.
  323. 上田真也, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 中西洋喜, 高島健, 超小型衛星による雷放電・スプライト及び逃走電子観測計画, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  324. 井野友裕, 坪根克也, 坂野井健, 小川泰信, 岡野章一, ESR-光学同時観測によるオーロラ発光とイオン上昇流の対応関係, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  325. 小淵保幸, 坂野井健, 山崎敦, 井野友裕, 岡野章一, 浅村和史, 笠羽康正, 平原聖文, 金井美一, 武山芸英, 斎藤宏文, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラ画像データと軌道上伽リブレーションの初期解析結果, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  326. 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 田口真, 吉田純, 吉田和哉, 中西洋喜, 渡部重十, 惑星宇宙望遠鏡TOPSの科学目標, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  327. 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 川崎公平, 荘司泰弘, 島崎隼一, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田純, 惑星リモートセンシング用気球搭載等延享の開発(2), 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  328. 高橋幸弘, 上田真也, 坂野井健, 吉田和哉, 中西洋喜, 高島健, 科研費による超小型衛星ミッション, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  329. 坂野井健, 小淵保幸, 山崎敦, 井野友裕, 平原聖文, 浅村和史, 笠羽康正, 岡野章一, INDEX理学藩, INDEX衛星工学班, 小型衛星INDEXによるオーロラ多波長イメージング観測の初期報告, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  330. 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 笠羽康正, 岡田雅樹, 小淵保幸, 山崎敦, 藤川暢子, 麻生武彦, 宮岡宏, 門倉昭, The latest report of the launch, operation and initial results of the micro-satellite 'INDEX' for exploring auroral eissions and particles, 第118回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都, 9月28−10月1日, 2005.
  331. 坂野井健, 男性育休取得者の経験談, 男女共同参画第7回ミーティング 若手のワーク・アンド・ライフ・バランス−みんなで考えよう“仕事と育児”−, 応用物理学会, 徳島, 9月9日, 2005.
  332. 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 吉田純, 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 惑星宇宙望遠鏡TOPS計画, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  333. 高橋香代子, 坂野井健, 岡野章一, 飯舘惑星望遠鏡近赤外カメラ開発状況, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  334. 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 高橋幸弘, 坂野井健, 荘司泰弘, 川崎公平, 島崎隼一, 惑星リモートセンシング用気球搭載等延享の開発(2), 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  335. 小淵保幸, 坂野井健, 山崎敦, 岡野章一, 浅村和史, 平原聖文, 高時間・空間分解能オーロラ観測のためのINDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの開発, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  336. 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 吉田純, 田口真, 吉田和哉, 中西洋喜, 小型衛星搭載用惑星宇宙望遠鏡の設計, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  337. 坂野井健, 井野友裕, 小淵保幸, 岡野章一, INDEX衛星搭載多波長カメラによるオーロラ微細構造の観測シミュレーション, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  338. 坪根克也, 岡野章一, 坂野井健, 小川泰信, 野澤悟徳, 田口真, 麻生武彦, オーロラスペクトログラフとESRによるイオン上昇流の同時観測, 第117回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月22−26日, 2005.
  339. 坂野井 健, 高橋 幸弘, 吉田 和哉, 田口 真, 山崎 敦, 吉田 純, 中西 洋喜, 荘司 泰弘, 川崎 公平, 惑星宇宙望遠鏡のサイエンステーマと光学系設計, 第5回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月6−7日, 2005.
  340. 高橋幸弘, 坂野井 健, 吉田和哉, 田口 真, 山崎 敦, 中西洋喜, 吉田 純, 荘司泰弘, 川崎公平, 惑星宇宙望遠鏡の科学目標と技術検討, 第5回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月6−7日, 2005.
  341. 吉田 和哉, 高橋 幸, 坂野井 健, 田口 真, 山崎 敦, 吉田 純, 中西 洋喜, 荘司 泰弘, 川崎 公平, 惑星宇宙望遠鏡の基本設計と技術課題, 第5回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月6−7日, 2005.
  342. 平原 聖文, 坂野井 健, 浅村 和史, 笠羽 康正, 山崎 敦, 小淵 保幸, 岡田 雅樹, 下田 忠宏, 小型衛星INDEX搭載用理学機器の開発とオーロラ微細構造の観測計画, 第5回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月6−7日, 2005.
  343. 高原卓也, 三田真, 坂野井健, 水野貴秀, 惑星探査機搭載用LIDARの2次元走査機構に関する研究, 第5回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 1月6−7日, 2005.
  344. 高橋幸弘, 田口 真, 坂野井 健, 山崎 敦, 吉田和哉, 中西洋喜, 渡部重十, 中川広務, 吉田純, 川崎公平, 寺田直樹, 今村剛, 惑星宇宙望遠鏡, 磁気圏電離圏シンポジウム, 相模原, 12月27−28日, 2004.
  345. 坂野井 健, INDEX理学班, SELENE/UPI班, INDEXならびにSELENE衛星によるオーロラ・大気光観測計画, STE研究集会, 名古屋, 11月26日, 2004.
  346. 坂野井健, 山崎敦, 小淵保幸, 平原聖文, 坪根克也, INDEX衛星搭載オーロラカメラによる光学観測計画, STE研究集会, 名古屋, 10月21−22日, 2004.
  347. 坂野井 健, 坪根 克也, 小淵 保幸, 山ア 敦, 平原 聖文, INDEX衛星搭載多波長カメラによるオーロラ微細構造観測の検討, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  348. 高橋香代子, 坂野井健, 岡野章一, 金井美一, 山室智康, 飯舘惑星望遠鏡近赤外カメラの開発, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  349. 高橋幸弘, 田口 真, 坂野井 健, 山崎 敦, 吉田和哉, 中西洋喜, 渡部重十, 中川広務, 吉田純, 川崎公平, 惑星宇宙望遠鏡の観測対象, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  350. 田口真, 高橋幸弘, 坂野井健, 山崎敦, 吉田和哉, 中西洋喜, 渡部重十, 惑星宇宙望遠鏡の検討, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  351. 森岡昭, 三澤浩亮, 土屋史紀, 坂野井健, 三好由純, 大家寛, 松本紘, 橋本弘蔵, 向井利典, 磁気静穏時のAKR Activity, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  352. 坪根克也, 坂野井健, 岡野章一, 小川泰信, 野澤悟徳, 麻生武彦, オーロラスペクトログラフとESRによるオーロラ発光スペクトルとイオン上昇流の同時観測, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  353. 小淵保幸, 坂野井健, 山崎敦, 岡野章一, 浅村和史, 平原聖文, 金井美一, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの単体環境試験, 第116回地球電磁気・地球惑星圏学会, 松山, 9月26−29日, 2004.
  354. 坂野井健, 高橋香代子, 岡野章一, 飯舘惑星望遠鏡近赤外カメラ開発の現状と金星大気観測計画, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  355. 坂野井健, 岩上直幹, 金星探査計画プラネットC搭載予定1umカメラ開発状況, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  356. 坪根克也, 坂野井健, 岡野章一, 小川泰信, 野澤悟徳, 藤井良一, 田口真, 麻生武彦, オーロラスペクトログラフとEISCAT Svalbard Radarによるオーロラ発光とイオン上昇流の同時観測, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  357. 高橋香代子, 坂野井健, 岡野章一, 今村剛, 下山学, Galileo探査機近赤外観測による金星雲画像の空間スペクトル解析, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  358. 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田純, 田口真, 吉田和哉, 宇宙望遠鏡搭載用の多波長イメージングシステムの開発, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  359. 斎藤昭則, 坂野井健, 田口真, 大塚・Y一, 衛星からの大気光撮像観測による電離圏・熱圏・中間圏研究の新しい視点, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  360. 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 中西洋喜, 足立透, 吉田純, 小型大学衛星による地球観測の挑戦, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  361. 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 笠羽康正, 山崎敦, 岡田雅樹, 江尻全機, 岡野章一, 向井利典, 小型衛星計画「INDEX」: オーロラ微細構造探査の為の理学観測機器について, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  362. 只野佑介, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, 昭和基地におけるオーロラ活動に伴う極域下部熱圏ダイナミクスのFPIおよびASI観測, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  363. 菅野麻里絵, 鍵谷将人, 坂野井健, 岡野章一, 西原英治, 火星H2O氷雲の近赤外分光観測, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  364. 田口真, 吉田和哉, 高橋幸弘, 坂野井健, 惑星リモートセンシング用気球搭載望遠鏡の開発, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  365. 梅川伸吾, 鍵谷将人, 植戸秀好, 岡野章一, 坂野井健, 月ナトリウム及びカリウム希薄大気の地上分光観測, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  366. 関妙子, 森岡昭, 三好由純, 土屋史紀, 三澤浩昭, 坂野井健, 大家寛, 松本紘一, 橋本弘蔵, 向井利典, 湯元清文, 長妻努, 磁気嵐時のAKR活動低下現象における磁気圏ダイナミックスの研究, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  367. 野澤宏大, 吉川一朗, 亀田真吾, 笠羽康正, 中村正人, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, Bepi-Colombo MMO搭載可視カメラの開発 その2, 第115回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月9−13日, 2004.
  368. 田口 真,吉田和哉,高橋幸弘,坂野井 健, 惑星リモートセンシング用気球搭載望遠鏡の開発, 惑星電磁圏・大気圏研究会, 仙台, 3月11−12日, 2004.
  369. 菅野麻里絵,鍵谷将人,坂野井健,岡野章一,西原英治, 火星H2O氷雲の近赤外分光観測
  370. , 惑星電磁圏・大気圏研究会, 仙台, 3月11−12日, 2004.
  371. 平原聖文, 坂野井 健, 浅村 和史, 笠羽 康正, 山崎 敦, 小淵 保幸, 岡田 雅樹, 辻田 大輔, 齋藤 義文, 岡野 章一, 江尻 全機, 向井 利典, 斎藤 宏文, INDEX衛星計画による科学観測, 磁気圏電離圏シンポジウム, 相模原, 3月, 2004.
  372. 只野佑介, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, Lower thermospheric wind and temperature variations as measured by a Fabry-Perot imager at Syowa Station, STE現象シンポジウム, 鹿児島, 2004年3月8日, 2004.
  373. 坂野井健, 斎藤昭則, 田口真, 大塚雄一, 細川敬祐, 昼間大気光観測の可能性, 極地研研究小集会, 板橋, 2004年3月3日, 2004.
  374. 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 山崎敦, 笠羽康正, 辻田大輔, 齋藤義文, 齋藤宏文, 岡田雅樹, 小淵保幸, 岡野章一, オーロラ微細構造の解明を目的とする小型衛星INDEX搭載用理学機器の開発, 第4回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 2004年1月8−9日, 2004.
  375. 水野貴秀, 齋藤宏文, 中谷一郎, 戸田知朗, 福田盛介, 三浦昭, 坂井真一郎, 田中孝治, 奥泉信克, 竹内伸介, 浅村和史, 笠羽康正, 大島勉, 太刀川純孝, 坂井智彦, 田村誠, 川原康介, 池永敏憲, 升本喜就, 平原聖文, 坂野井健, 小谷優介, 矢崎文都, 井高裕, 小型衛星INDEXの開発と現状, 第4回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 2004年1月8−9日, 2004.
  376. 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 田口真, 中西洋喜, 吉田純, 小型衛星搭載惑星宇宙望遠鏡開発計画, 第4回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 2004年1月8−9日, 2004.
  377. 鈴木睦, 奥村真一郎, 吉田重臣, 渡辺征春, 白井知子, 小川利紘, 今村剛, 北和之, 藤原正智, 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 牛尾知雄, 大気科学観測小型静止衛星(GOAL: Geostationary Observation of Atmospheric chemistry and Lightning)提案の概要, 第4回宇宙科学シンポジウム, 相模原, 2004年1月8−9日, 2004.
  378. 坂野井健, 小淵保幸, 岡野章一, 浅村和史, 平原聖文, 武山芸英, 金井美一, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの開発(3):光学系の調整と性能評価, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  379. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 浅村和史, 平原聖文, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの熱設計:基板熱対策, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  380. 菅野麻里絵, 坂野井健, 植戸秀好, 岡野章一, 石川晋, 西原英治, 火星H2O氷雲の地上・マ測, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  381. 鍵谷将人, 坂野井健, 岡野章一, ファブリペロー分光撮像装置を用いたイオプラズマトーラスでのマスローティングの観測, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  382. 岡野章一, 鍵谷将人, 坂野井健, 只野佑介, 青井一紘, 地上観測による木星Hαオーロラ検出の可能性, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  383. 只野佑介, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, 江尻全機, 昭和基地新FPIによるE領域中性風観測, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  384. 森岡昭, 三好由純, 三澤浩昭, 土屋史紀, 坂野井健, 大家寛, 松本紘, 橋本弘蔵, 向井利典, 地磁気静穏時に現れる強いAKR activity, 第114回地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山, 10月31日−11月3日, 2003.
  385. 小泉尚子, 坂野井健, 岡野章一, 田口真, 麻生武彦, オーロラ酸素イオン発光の光学観測とモデル計算との比較, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  386. 泉谷恭明, 坂野井健, 岡野章一, 江尻全機, 南極点における全天多色撮像観測から得られた昼側オーロラの特性, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  387. 坪根克也, 坂野井健, 小泉尚子, 岡野章一, 麻生武彦, 野澤悟徳, 藤井良一, 小川泰信, IMAGE衛星/LENAと地上光学およびISレーダーによるイオン流出現象の観測, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  388. 只野佑介, 坂野井健, 田口真, 岡野章一, 昭和基地新FPIによるオーロラ活動にともなうE領域中性風観測, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  389. 岡野章一, 坂野井健, 高橋幸弘, 渡部潤一, 布施哲治, 木下大輔, 古荘玲子, 関口朋彦, 河北秀世, 山本直孝, 太陽系惑星観測専用光学望遠鏡計画, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  390. 黒田哲史, 坂野井健, 岡野章一, 月ナトリウム希薄大気のイメージング観測とモンテカルロシミュレーション, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  391. 坂野井健, 岡野章一, 小淵保幸, 浅村和史, 平原聖文, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの開発(2), 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  392. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, INDEX衛星運用時における多波長オーロラカメラの観測シミュレーション, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  393. 鍵谷将人, 坂野井健, 岡野章一, イオプラズマトーラスのドップラーイメージング観測:試験観測結果, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  394. 高橋幸弘, 吉田純, 坂野井健, 吉田和哉, 小型衛星を用いた惑星宇宙望遠鏡の提案, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  395. 植戸秀好, 坂野井健, 岡野章一, 高橋慎, 野澤宏大, 鍵谷将人, イオナトリウム雲の地上分光観測, 第113回地球電磁気・地球惑星圏学会, 幕張, 5月, 2003.
  396. 高橋幸弘, 坂野井健, 吉田和哉, 吉田純, 惑星専用宇宙望遠鏡の構想, 第3回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 1月, 2003.
  397. 田口真, MTI衛星観測研究会, 小型衛星を利用したオーロラ・大気光観測の提案, 第3回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 1月, 2003.
  398. 水野貴秀, 斉藤宏文, INDEXチーム, ビギーバツク衛星INDEXの開発と現状, 第3回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 1月, 2003.
  399. 坂野井健, 岡野章一, 小淵保幸, 小林敬生, 江尻全機, 浅村和史, 平原聖文, INDEX衛星多波長オーロラカメラの開発, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  400. 平原聖文, 坂野井健, 浅村和史, 笠羽康正, 岡田雅樹, 岡野章一, 江尻全機, 向井利典, INDEX計画:オーロラ微細構造の探査に特化した小型衛星計画, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  401. 小淵保幸, 坂野井健, 岡野章一, 辻田大輔, 浅村和史, 平原聖文, INDEX衛星搭載多波長オーロラカメラに用いられるCCDのノイズ特性, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  402. 岡野章一, 小泉尚子, 坂野井健, 田口真, 麻生武彦, 酸素イオン720nm輝線の光学観測によるイオン流出観測計画, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  403. 小泉尚子, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, 麻生武彦, オーロラ732/733nm酸素イオン発光とイオン流出の関連について−ESRとASG同時観測−, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  404. 植戸秀好, 坂野井健, 高橋慎, 野澤宏大, 岡野章一, イオナトリウム雲の地上分光観測, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  405. 菅野麻里絵, 坂野井健, 小淵保幸, 野澤宏大, 岡野章一, 火星CO2氷雲のリモートセンシングのための近赤外カメラの開発, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  406. 只野祐介, 坂野井健, 野澤宏大, 岡野章一, 地上分光観測による木星Hαオーロラの探索, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  407. 黒田哲史, 坂野井健, 岡野章一, 月大気ナトリウム発光の分光撮像観測, 第112回地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 11月, 2002.
  408. 坂野井健, 岡野章一, 福西浩, オーロラ活動に伴う準周期的なE領域中世風変動現象, STEL・CRL研究集会「中間圏・熱圏・電離圏研究会」, 通信総合研究所, 9月, 2002.
  409. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, 五十嵐喜良, 光学・レーダー同時観測による極域E領域における中性-イオン結合過程:中性風とレーダードップラー速度の相関解析, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  410. 小泉尚子, 坂野井健, 岡野章一, 麻生武彦, 野澤悟徳, 藤井良一, ESRとオーロラスペクトログラフ同時観測によるオーロラ電離圏と発光スペクトルの関係について, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  411. 泉谷恭明, 岡野章一, 坂野井健, 岡田雅樹, 江尻全機, 南極恬然転移メージャーで捉えられた午後側オーロラの特性とKH不安定との関連, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  412. 岡野章一, 三澤浩昭, 坂野井健, 高橋幸弘, 村田功, 東北大学の惑星地上光学観測計画, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  413. 大山伸一郎, 村山泰啓, 久保田実, 石井守, 森弘隆, 山本真行, 関浩二, 品川裕之, 坂野井健, CRLアラスカプロジェクト観測データを用いたオーロラ活動を伴う極域メソスケール熱圏変動に関する研究計画試案, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  414. 黒田哲史, 岡野章一, 坂野井健, 惑星近傍微弱光観測のための惑星ディスク掩蔽マスクの開発(II), 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  415. 鍵谷将人, 岡野章一, 坂野井健, イオプラズマトーラスのドップラーイメージング:観測手法と装置の開発II, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  416. 黒田哲史, 岡野章一, 坂野井健, 高橋慎, 筏礼二郎, 2001年獅子座流星群と月ナトリウム大気変動の関連について, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 代々木, 5月, 2002.
  417. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, 五十嵐喜良, 西谷望, Neutral-ion Coupling in the Auroral E-region Verified from Simultaneous FPI and VHF Radar Observations, 平成13年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会「中間圏・熱圏・電離圏における力学・光化学過程の研究」, 豊橋, 3月, 2002.
  418. 坂野井健, 女川観測所紹介, 平成13年度STE現象解析ワークショップ, 女川, 3月, 2002.
  419. 坂野井健, FPIとレーダー同時観測による熱圏・電離圏結合, 平成13年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会「EISCATレーダー等を用いた極域中間圏・熱圏・電離圏の研究」, 名古屋大学, 3月, 2002.
  420. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, FPIによる観測されたオーロラ活動に伴う熱圏鉛直風変動, 第110回地球電磁気・地球惑星圏学会, 九州大学, 11月, 2001.
  421. ーロラスペクトログラフ観測データを用いたINDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの感度決定, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 極地研, 7月, 2001.
  422. 岡野章一, 坂野井健, 小泉尚子, 麻生武彦, スピッツベルゲン島ロングイヤービエンでのオーロラスペクトロル観測, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 極地研, 7月, 2001.
  423. 岡田雅樹, 江尻全機, 坂野井健, 岡野章一, INDEX-MAC/CRMによるオーロラ微細構造のin-situ観測, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 極地研, 7月, 2001.
  424. 小泉尚子, 岡野章一, 坂野井健, 田口真, 麻生武彦, オーロラスペクトログラフ:性能評価と観測データから発光絶対強度への変換, 極地研, 7月, 2001.
  425. 坂野井 健, 岡野 章一, 岡田 雅樹, 江尻 全機, 菊池 雅行, 平原 聖文, INDEX衛星搭載多色カメラならびに電流モニターによるオーロラ微細構造の観測, 第1回宇宙科学シンポジウム, 宇宙研, 1月1日, 2001.
  426. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, 五十嵐喜良, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, 極域EならびにF領域における局所的な電離圏-熱圏結合過程:FPIとレーダ・[同時観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 板橋, 11月21日, 2000.
  427. 坂野井 健, 福西 浩, 岡野 章一, 五十嵐 喜良, 昭和基地FPIおよびVHFレーダー同時観測によるE領域中性大気−プラズマ相互作用の解明, 極地研シンポジウム, 板橋, 8月3日, 2000.
  428. 坂野井 健, 岡野 章一, 三澤 浩昭, 森岡 昭, 惑星イメージング観測のための近赤外線撮像装置の開発, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 代々木, 6月28日, 2000.
  429. 笠羽康正, 今村剛, 竹内覚, はしもとじょーじ, 中村正人, 岩上直幹, 高橋幸弘, 坂野井 健, 岡野章一, 田口真, 金星大気の1-2.5μm地上観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 代々木, 6月28日, 2000.
  430. 坂野井健, 岡野章一, 三澤浩昭, 野澤宏大, 森岡昭, 飯舘望遠鏡による惑星大気の赤外イメージング観測計画, プラネット2000ワークショプ, 登別, 3月6日, 2000.
  431. 坂野井健, 岡野章一, 三澤浩昭, 赤外域観測による惑星大気研究, 仙台, 3月16日, 2000.
  432. 坂野井健, 福西浩, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, 五十嵐喜良, 極域における熱圏中性風−プラズマドリフト相互作用の光学・レーダー観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 代々木, 1999年6月8−11日.
  433. 坂野井健, 福西浩, 五十嵐喜良, 昭和基地FPIとオーロラVHFレーダー同時観測による下部熱圏中性風−プラズマドリフト相互作用, 極地研シンポジウム, 板橋, 1999年8月5−6日.
  434. 坂野井 健, 大西 久永, 山田 嘉典, 坂野井 和代, FRONT-2キャンペーン:東北大学グループ光学観測報告, STE研究集会「中間圏・熱圏・電離圏の力学と光化学」, 京都, 1999年9月27−28日.
  435. 坂野井健, 福西浩, 五十嵐喜良, 昭和基地におけるFPDISとオーロラVHFレーダー同時観測による下部熱圏中性風−プラズマドリフト相互作用の解明, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台, 1999年11月9−12日.
  436. 坂野井健, 福西浩, 五十嵐喜良, 南極昭和基地におけるFPIとVHFレーダー同時観測による下部熱圏-電離圏相互作用の研究, 最先端光学大気リモートセンシングに関する研究小集会, 板橋, 1999年12月8日.
  437. 坂野井健, 岡野章一, 三澤浩昭, 野澤宏大, 森岡昭, 飯舘望遠鏡による惑星大気の赤外イメージング観測計画, プラネット2000ワークショプ, 登別, 2000年3月6日.
  438. 坂野井健, 岡野章一, 三澤浩昭, 赤外域観測による惑・ッ大気研究, 仙台, 2000年3月16
  439. 日.
  440. 坂野井健, 福西浩, 南極昭和基地で観測されたオーロラ活動に伴う, 熱圏中性大気の鉛直風変動 その2, 第103回地球電磁気・地球惑星圏学会, 代々木, 1998年6月.
  441. 坂野井健, 福西浩, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, ファブリーペロードップラーイメージャーとHFレーダー同時観測による極域熱圏中性風とプラズマドリフトの関係, 極地研シンポジウム, 東京, 1998年7月.
  442. 坂野井健, 福西浩, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, FPIとHFレーダー同時観測データを用いた極域高緯度における中性大気-電離圏プラズマ相互作用の解明, 下部熱圏ダイナミクス〜大気波動の影響〜, 名古屋, 1998年9月9―10日.
  443. 坂野井健, 福西浩, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, ファブリーペロードップラーイメージャーとHFレーダー同時観測による極域熱圏中性風-プラズマドリフト相互作用, 第104回地球電磁気・地球惑星圏学会, 水戸, 1998年11月.
  444. 坂野井健, 福西浩, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, FPIとHFレーダー同時観測によるオーロラ活動に伴う熱圏−電離圏相互作用の解明, EISCATシンポジウム, 名古屋, 1998年11月26日.
  445. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, 南極昭和基地におけるファブリーペロードップラーイメージング観測, 第21回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 極地研究所, 1997年7月.
  446. 坂野井健, 福西浩, 岡野章一, 南極昭和基地で観測されたオーロラ活動に伴う熱圏中性大気の鉛直風変動, 第102回地球電磁気・地球惑星圏学会, 北海道, 1997年10月.
  447. 中嶋謙一, 坂野井健, 坂野井和代, 福西浩, 深尾昌一郎, 中緯度OI630 nm大気光のドップラーイメージング観測, 第102回地球電磁気・地球惑星圏学会, 北海道, 1997年10月.
  448. 坂野井健, 福西浩, 1997年5−9月のSTE重点期間の女川地磁気観測報告, 平成9年度第2回STE現象報告会, 宇宙科学研究所, 1997年11月.
  449. 坂野井健, 福西浩, 佐藤光輝, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 行松彰, HFレーダーとファブリーペローイメージャー, 南極無人観測網(AGO)の同時観測, SuperDARNレーダーによる極域プラズマ対流に関する研究小集会, 極地研究所, 1998年1月.
  450. 坂野井健, 中嶋謙一, 福西浩, 蔵王における大気光観測の現状と今後の予定, 通総研大気光分科会, 1998年3月.
  451. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, 早川基, 松岡彩子, あけぼの衛星で観測されたプラズマシート内部領域沿磁力線加速現象, 第96回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋, 10月, 1994.
  452. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, 小原隆博, 早川基, 松岡彩子, あけぼの衛星で観測された低エネルギー電子沿磁力線加速領域の磁気圏マッピング, 地球惑星科学関連学会1995年合同大会, 日本大学, 3月, 1995.
  453. 巻田和男, 鮎川勝, 山岸久雄, 江尻全機, 坂野井健, 極冠域オーロラの分類とその入射粒子特性, 地球惑星科学関連学会1995年合同大会, 日本大学, 3月, 1995.
  454. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, あけぼの衛星による逆V型加速領域の空間構造の観測, 第4回STEPシンポジウム, 極地研, 6月, 1993.
  455. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, あけぼの衛星で観測された沿磁力線電位差空間分布に関する考察, 第2回科学衛星・宇宙観測シンポジウム, 宇宙研, 7月, 1993.
  456. 坂野井健, 福西浩, 巻田和男, Godhavnで観測された高緯度オーロラと同時のDMSP観測降下粒子の特徴, 第94回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 10月, 1993.
  457. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, 逆V型沿磁力線加速領域における沿磁力線電流キャリアの同定, 地球惑星科学関連学会1994年合同大会, 東北大学, 3月, 1994.
  458. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, 夜側オーロラ帯における微細電流構造と降下粒子のあけぼの衛星とDMSP衛星の同時観測, 地球惑星科学関連学会1992年合同大会, 京都大学, 4月, 1992.
  459. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, あけぼの衛星で観測された沿磁力線加速過程, 第92回地球電磁気・地球惑星圏学会, 板橋, 10月, 1992.
  460. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, あけぼの衛星とDMSP衛星で観測された沿磁力線ポテンシャル空間構造, 地球惑星科学関連学会1993年合同大会, 東京都立大, 3月, 1993.
  461. 坂野井健, 福西浩, 向井利典, 夕方側オーロラオーヴァルにおける微細電流構造のあけぼの衛星とDMSP衛星の同時観測, 第91回地球電磁気・地球惑星圏学会, 琉球大学, 10月, 1991.

E-mail

tsakanoi@pparc.geophys.tohoku.ac.jp

住所・電話

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 東北大学大学院理学研究科 惑星プラズマ・大気研究センター

Tel: 022-795-6609

Fax: 022-795-6406