坂野井 健  惑星プラズマ・大気研究センター 惑星分光観測研究部門 准教授 博士(理学)

オーロラや大気光などの超高層大気の発光現象を観測し、宇宙空間と惑星大気の境界付近の大気・プラズマ物理過程の解明を推進しています。 観測手段は主に可視から赤外の光学機器で、それらを自前で開発しています。

アラスカや北欧で地上キャンペーン観測を実施したり、人工飛翔体(れいめい衛星国際宇宙ステーション etc.)に光学機器を搭載して、地上と宇宙からオーロラ・大気光現象を捉えています。

また、木星など惑星の大気とプラズマ運動の解明のために、ハワイ・マウナケア山頂のすばる望遠鏡やNASA3m赤外望遠鏡を用いて観測しています。さらに、この連続観測を達成するために、自前の赤外カメラ・エシェル分光器の開発を進めています。

元々天文少年のなれの果てですが、自分の作った機器が載った人工衛星から最初の画像が届いた時、全天に激しく舞うオーロラを見る時、マウナケア山頂の凍ったような満天の星空を見る時など、結構プリミティブな感動が好きです。

最近のアクティビティ 2013/4/22更新

2013/04/22
久しぶりのアップデート。最新の動向はFacebook で!
2010/12/08
情報通信研究機構(NICT)にて開催されたEISCAT研究集会で、地球から分子イオンが流出している様子を捉えたれいめい衛星の成果に関する講演を行いました。
2010/12/07
Shasha Zouさん主著で坂野井が共著のれいめい衛星の成果がJGR誌に出版されました。Zou, S., et al. (2010), Identification of substorm onset location and preonset sequence using Reimei, THEMIS GBO, PFISR, and Geotail, J. Geophys. Res., 115, A12309, doi:10.1029/2010JA015520.
2010/12/07
情報通信研究機構(NICT)にて開催された中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究集会で、最新の光学検出器:EMCCDについて、基調講演を行いました。
2010/12/06
情報通信研究機構(NICT)にて開催されたISS-IMAP研究集会で、宇宙ステーションに搭載される可視赤外イメージング分光器の開発成果と観測計画の講演を行いました。
2010/12/02
東大本郷キャンパスにて、金星地上観測第二回ワーキンググループに参加し、あかつき、ビーナスエクスプレスと連携した地上観測について議論しました。
2010/12/01
JAXA宇宙科学研究所にて、将来惑星探査計画のミーティングに参加しました。
2010/11/24
明星電気(株)にて、宇宙ステーションに搭載される観測装置の完成・納入前の審査に参加しました。観測装置は審査を通過し、IHIエアロスペースに納入となりました。
2010/11/22-23
東工大キャンパスイノベーションセンターにて、あけぼの衛星22周年記念シンポジウムに参加し、オーロラ加速に関する研究成果の招待講演を行いました。
2010/11/15-19
アラスカ・フェアバンクスのアラスカ大学ポーカーフラット観測所に、名大・東工大の共同研究者と伴に赴き、オーロラ観測のための光学と磁場の計測装置の設置・改修作業を行いました。
2010/11/13-15
明星電気(株)にて、宇宙ステーションに搭載される可視赤外イメージング分光器の振動・衝撃試験に参加しました。
2010/11/12
宇宙科学研究所にて、宇宙ステーションに搭載される可視赤外イメージング分光器の熱真空試験に参加しました。
2010/11/10
東北大片平キャンパスにて、杜の都ジャンプアップ事業・研究スタイル確立支援セミナー「父として、夫として、研究者として」の講演会を行いました。
2010/10/30-11/03
沖縄にて、第128回地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)総会・講演会 に参加し、れいめい衛星のオーロラ観測の成果に関する発表を行いました。
2010/10/04-05
札幌にて、第5回アルフベン会議(5th Alfven Conference) に参加し、赤外エシェル分光器の開発に関する発表を行いました。
2010/09/24-25
富山にて、2010年アジア・太平洋電波科学会議(AP-RASC'10) に参加し、れいめい衛星のスプライト観測成果に関する発表を行いました。
2010/09/16
ホームページリニューアル
2010/09/14-21
ハワイ・マウナケアにて、、NASA3m赤外望遠鏡を用いた木星オーロラの高分散分光観測を行いました。
2010/09/07-11
台湾成功大学にて、台湾-日本宇宙搭載機器ワークショップに参加し、衛星搭載光学機器に関する招待講演を行いました。
2010/08/30
海老原さん主著で坂野井が共著のれいめい衛星の成果がJGR誌に出版されました。Ebihara, Y., T. Sakanoi, K. Asamura, M. Hirahara, and M. F. Thomsen (2010), Reimei observation of highly structured auroras caused by nonaccelerated electrons, J. Geophys. Res., 115, A08320, doi:10.1029/2009JA015009.
2010/08/26-28
宇宙科学研究所にて、宇宙ステーション搭載可視赤外イメージング分光器の熱平衡試験に参加しました。
2010/08/09-12
極地研究所にて、宇宙ステーション搭載可視赤外イメージング分光器の感度校正試験をを実施しました。
2010/08/02
東大本郷にて、火星ワーキンググループに参加しました。
2010/07/17-26
ブレーメンのCOSPARに参加し、れいめい衛星、木星オーロラ、宇宙ステーションの成果報告を行いました。
2010/07/14
(株)ジェネシアにて、宇宙ステーション搭載可視赤外イメージング分光器のフォーカス・アライメント調整を実施しました。
2010/07/13
宇宙科学研究所にて、金星探査機あかつきのサイエンス会議に参加しました。
2010/07/07-08
宮城県古川東中と岩沼小で、京都大の斎藤昭則さんと一緒に出前授業を行いました。
2010/07/02-03
JAXAつくば宇宙センターにて、宇宙ステーション搭載機器の電磁環境(EMC)試験を実施しました。
2010/07/01
福島県安積高校で出前授業を行いました。
2010/06/27
郡山にて中高生向きセミナー「宇宙/天文を学びたい中高生のために」で、東北大学地球物理専攻の紹介をしました。
2010/05/23-28
幕張にて、日本地球惑星科学連合JPGUに参加し、点滅オーロラと国際宇宙ステーションの発表を行いました。
2010/05/20
学内C領域合同セミナーでオーロラ微細構造のレクチャーを行いました。
2010/04/26-30
フランス・ニース(ビューリュー)で開催されたオーロラプラズマ物理ワークショップでれいめい衛星の成果の招待講演を行いました。
2010/04/19-24
アラスカ・ポーカーフラットに設置した光学機器の回収作業をおこないました。

右のバーでスクロールできます。


E-mail

tsakanoi@pparc.gp.tohoku.ac.jp

住所・電話

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 東北大学大学院理学研究科 惑星プラズマ・大気研究センター

Tel: 022-795-6609

Fax: 022-795-6406