Doctoral and Master Thesis

2020/3

Ph.D (Science) Title
Ryoichi KOGA
古賀 亮一
Hisaki and ALMA observations of spatial and time variations of Io’s SO2 atmosphere and neutral oxygen torus associated with volcanic activities
(Hisaki と ALMA による火山活動に伴うイオの SO2 大気と中性酸素トーラスの空間・時変動観測)
Master of Science Title
Toshihisa SUZUKI
鈴木 駿久
High-contrast observation for faint atmospheres in the solar system: feasibility study of detectability and the development of primary mirror support mechanism for realization of the PLANETS telescope
(太陽系天体希薄大気の高コントラスト観測:検出可能性の検討とPLANETS望遠鏡の実現に向けた主鏡支持機構の開発)
Naoshi YAGI
八木 直志
Development of lightweight small cameras on rockets and ship for auroral and airglow observations

(ロケットならびに船舶搭載用オーロラ・大気光観測小型軽量カメラの開発)

2019/3

Master of Science Title
Ryotaro ISHIKAWA
石川 遼太郎
Plasma dynamics of the solar photosphere studied by spectral line profiles
(スペクトル線形状による太陽光球プラズマダイナミクスの研究)
Asuka HIRAI
平井 あすか
EMIC wave-driven relativistic electron precipitation from outer radiation belt based on multi-instrument ground-based obsevations
(複合地上観測に基づく電磁イオンサイクロトロン波動による放射線帯外帯電子降下過程の研究)
Mizuki FUKIZAWA
吹澤 瑞貴
Relationship between plasma waves at the magnetic equator and pulsating aurora based on coordinated Arase satellite and ground-based optical observations
(あらせ衛星-地上光学同時観測に基づく磁気赤道面プラズマ波動と脈動オーロラ発光の関係)
Haruna WATANABE
渡辺 はるな
Pulsation-like variation of Jovian infrared polar emission observed by Subaru 8-m
(すばる8-m望遠鏡観測による木星極域赤外発光の脈動的変動特性の解明)

2018/3

Ph.D (Science) Title
K. Kaneda
金田 和鷹
Study of Zebra Patterns in Solar Radio Bursts and Physical Processes in the Corona
(太陽電波バースト中のゼブラパターンおよび太陽コロナにおける物理過程の研究)
Master of Science Title
R. Arakawa
荒川 崚
Longitudinal variations of the sulfur ions in the Io plasma torus observed by the HISAKI/EXCEED
(HISAKI/EXCEEDで観測されたイオプラズマトーラスにおける硫黄イオンの経度方向変動)
Y. Endo
遠藤 友
N2+ resonant scattering light in the topside ionosphere observed with the auroral spectrograph at Longyearbyen 
(ロングイヤービンにおけるオーロラスペクトログラフによる上部電離圏N2+共鳴散乱光観測)
Y. Koizumi
小泉 祥人
惑星・衛星近傍の微弱な発光源の観測のためのデジタルマイクロミラーデバイスを用いたコロナグラフの開発
K. Mimura
三村 恭子
グローバルMHDシミュレーションデータに基づくシータオーロラ発生時における地球磁気圏の変動

2017/3

Ph.D (Science) Title
K. Kodama
児玉 晋洋
Characteristics of [OI] 630nm emission in the Enceladus torus based on the ground-based observation
(地上観測によるエンケラドストーラス[OI] 630nm発光の特性に関する研究)
Master of Science Title
H. Ono
小野 紘夢
土星衛星エンケラドストーラス中の酸素原子と水分子イオン発光のハレアカラT60望遠鏡可視高分散分光観測
R. Koga
古賀 亮一
Time variations of atomic oxygen UV emission near Io during a volcanic event obtained with Hisaki/EXCEED
(ひさき衛星により観測された火山活動に伴うイオ周辺の酸素原子紫外発光の変動)
H. Kondo 地上EISCATレーダー・光学多点観測に基づくオメガバンド型脈動オーロラと電離圏D領域電離現象の解明
M. Shishido
宍戸 美日
Temperature variation of sulfur ions in the Io plasma torus associated with a volcanic event with the Hisaki/EXCEED and ground-based observations
(ひさき衛星/EXCEEDならびに地上観測による火山活動に伴うイオプラズマトーラス中の硫黄イオン温度の時間変動
H. Maeda
前田 東暁
ハレアカラ観測所T60/DIPOL-2を用いた系外惑星の偏光観測
S. Matsumoto
松本 紗歩
太陽静穏時のIII型電波バーストの出現特性の研究

2016/9

Ph.D (Science) Title
Perwitasari, Septi Spatial and Temporal Variabilities of Mesospheric Concentric Gravity Waves Revealed with a Space Borne Visible Spectroscopic Instrument
(衛星搭載分光器による中間圏同心状大気重力波の空間・時間変動)

2016/3

Master of Science Title
H. Kashiwagi
柏木 啓良
Statistical occurrence characteristics of fine spectral structures in solar radio type II bursts
(太陽電波Ⅱ型バーストのスペクトル微細構造の統計的出現特性)
Y. Morinaga
森永 洋介
Study of lower ionosphere perturbations caused by Hokuriku winter lightning
(北陸冬季雷が下部電離圏に及ぼす影響)

2015/3

Ph.D (Science) Title
H. Kita
北 元
Studies of variation mechanisms of the Jovian radiation belt based on radio-interferometric and optical observations
(電波干渉計と光学観測による木星放射線帯変動メカニズムの研究)
Master of Science Title
K. Kaneda
金田 和鷹
Polarization characteristics of zebra pattern in type IV solar radio bursts observed with AMATERAS
(AMATERASによって観測された太陽電波Ⅳ型バースト中のzebra patternの偏波特性)
S. Takasaki
高崎 慎平
広視野偏光分光観測に基づくオーロラ発光の偏光特性の解明
T. Chiba
千葉 貴司
Loss processes of outer radiation belt electron: Contribution of magnetopause shadowing
(地球放射線帯電子の消失過程に関する研究: 磁気圏界面からの流出の評価)

2014/3

Ph.D (Science) Title
S. Kurita
栗田 怜
Study of generation processes of diffuse aurora based on ground-based and spacecraft observations
(地上-衛星観測に基づくディフューズオーロラ励起過程に関する研究)
Master of Science Title
S. Sato
佐藤 伸太郎
AMATERASによって観測された太陽電波II型バースト中のスペクトル微細構造の研究
H. Monji
門司 浩幸
偏光観測装置の開発と酸素原子630nmオーロラ偏光分布の観測
E. Noguchi
野口 恵理子
木星オーロラ観測用赤外カメラ搭載InSbイメージセンサ駆動システムの開発と評価
D. Sakamoto
坂本 大樹
IMAP/VISIにより観測された赤道電離異常に伴うO630nm大気光変動

2013/9

Master of Science Title
Septi, Perwitasari Coordinated observation between IMAP/VISI and ground-based all-sky imager on concentric gravity wave in the lower thermosphere
(下部電離圏における同心円状重力波のIMAP/VISIと地上全天イメージャー共同観測)

2013/3

Ph.D (Science) Title
T. Nishiyama
西山 尚典
Cross-scale properties of pulsating auroras based on low-altitude satellite and ground-based observations
(低高度衛星ならびに地上観測に基づくパルセーティングオーロラのスケール横断特性)
Master of Science Title
E. Odanaka
小田中 絵菜
エンケラドストーラスの電子密度構造に関する研究
T. Suzuki
鈴木 大志
ハレアカラ40cm望遠鏡による月面からのナトリウム原子放出の高分散分光観測
T. Mizuguchi
水口 岳宏
Study of occurrence processes of the Jovian substorm-like events: Examinati on of an internal drive hypothesis by assessing the role of the plasma density in the magnetosphere
(木星substorm-like event の発生過程の研究:磁気圏プラズマ密度の評価による内部駆動仮説の検証)
K. Yamamoto
山本 和幸
木星低緯度領域におけるオーロラ放射の出現特性

   

2012/3

Ph.D (Science) Title
K. Iwai
岩井 一正
Studies on Generation Processes of Solar Radio Type-I Noise Storm
Master of Science Title
H. Kita
北 元
Effect of the solar UV/EUV heating on the intensity and spatial distribution of Jupiter’s synchrotron radiation
(太陽紫外線の超高層大気加熱による木星シンクロトロン放射の強度・空間分布への影響)

2011/3

Ph.D (Science) Title
M. Yoneda
米田 瑞生
Roles of Io’s volcanic activity on Jupiter’s inner magnetosphere
(木星内部磁気圏に於けるイオの火山活動の役割
Master of Science Title
K. Akizuki
秋里 恭太郎
火星の極域層状堆積物から見る気候変動
K. Kaneko
金子 奏瑛
数値計算による水星外圏大気中のナトリウム/カリウム存在比の研究
R. Kurita
栗田 怜
Dynamics of near-Earth plasma sheet electrons seen by the THEMIS spacecraft: Transport, loss and contribution to diffuse aurora –
(THEMIS衛星観測から得られた地球近傍プラズマシート電子のダイナミクス: 輸送、損失とディフューズオーロラへの寄与)
K. Masunaga
益永 圭
Ion outflow channels around Venus controlled by the direction of interplane tary magnetic field
(金星イオン流出に惑星間空間磁場方向が及ぼす影響)
A. Yaegashi
八重樫 あゆみ
EMCCDカメラによる高速撮像観測で得られたフリッカリングオーロラの時間空間変動

2010/3

Ph.D (Science) Title
T. Kimura
木村 智樹
Generation and Propagation of Jovian Quasi-Periodic Low Frequency Radio Bursts
(木星準周期的低周波電波バースト現象の励起と伝搬)
H. Tadokoro
田所 裕康
Numerical simulation of energetic ion and neutral cloud distributions in Saturn’s inner magnetosphere
Master of Science Title
K. Kodama
兒玉 晋洋
エンケラドストーラスにおける酸素原子の電子衝突励起[OI]6300Å発光について
T. Nishiyama
西山 尚典
Study on the sorce region and production mechanism of pulsating aurora based on the Reimei observations
(れいめい観測に基づくパルセーティングオーロラのソース領域と生成メカニズムに関する研究)
K. Matsuda
松田 和也
Study on quasi-steady state source structure of Io-related decametric radiation: Modeling of parallel electric field in the Io flux tube
(イオ関連デカメートル電波発生源の準定常構造に関する研究:イオフラックスチューブ内の沿磁力線電場のモデリング)
S. Manabe
眞鍋 翔
小口径望遠鏡を用いた系外惑星のトランジット周期ずれ検出による未知系外惑星の 探索

2009/3

Ph.D (Science) Title
K. Imai
今井 浩太
A study on short-term variations of the Jovian radiation belt using GMRT
(大型メートル波帯電波干渉計GMRTを用いた木星放射線帯の短期変動の研究)
Master of Science Title
K. Iwai
岩井 一正
Studies on small scale particle acceleration processes in the solar corona
(太陽コロナ中における小規模粒子加速過程の研究)
R. Ujiie
氏家 亮
Studies on energetic electron variation phenomena in the inner part of the Jovian magnetosphere with the Galileo data
(Galileoデータを用いた木星内部磁気圏のエネルギー電子変動現象の研究)
T. Kobuna
小鮒 格久
木星赤外オーロラの変動現象観測と赤外撮像装置電気回路系の開発
H. Fukazawa
深澤 宏仁
水星ナトリウムテール中のNa原子速度空間分布とその変動に関する研究
Y. Moroi
諸井 優征
火星の南極層状堆積物と気候変動との関連

2008/3

Ph.D (Science) Title
Y. Obuchi
小淵 保幸
Study on dynamics of black aurora based on simultaneous optical and particle observations by REIMEI satellite
S. Nomura
野村 詩穂
Studies on variation characteristics of the Jovian synchrotron radiation
(木星シンクロトロン放射の強度変動特性の研究)
Master of Science Title
T. Ito
伊藤 智美
木星ヘクトメートル電波の放射特性に関する研究
S. Fujii
藤井 慎二
数値計算シミュレーションに基づく月ナトリウム希薄大気の生成機構と循環に関する研究
M. Yoneda
米田 瑞生
Short-term variability of Jupiter’s extended sodium nebula

2007/3

Master of Science Title
T. Asozu
遊津 拓洋
全天イメージャーを用いた地磁気共役オーロラの南北絶対発光強度比較
T. Ino
井野 友裕
れいめい衛星による極域でのN2+イオン発光高度分布観測
S. Kimura
木村 哲士
昭和基地でのドップラーイメージング観測に基づくオーロラ活動に対する下部熱圏大気の応答
T. Kimura
木村 智樹
Occurrence characteristics and source mechanism of LF/VLF radio emissions from the Jovian polar magnetosphere
(木星極域磁気圏起源LF/VLF波動の出現特性と発生機構)
K. Sunouchi
須内 健介
火星外気圏における非熱的酸素原子分布と太陽共鳴散乱発光強度のモデル計算
A. Sonobe
園部 彩
数値計算に基づく水星ナトリウム外圏大気の生成過程に関する研究
T. Hiroyasu
田所 裕康
Electron flux dynamics in the low-altitude inner belt during magnetic storm
(磁気嵐時における内帯低高度域の電子ダイナミクス)

2006/3

Ph.D (Science) Title
M. Kagitani
鍵谷 将人
Variability of Mass Loading in the Io Plasma Torus based on the Spectroscopic Imaging Observation
(分光撮像観測によるイオプラズマトーラスにおけるマスローディングの変動)
Master of Science Title
K. Aoi
青井 一紘
高分散分光観測によるイオ起源ナトリウム原子の放出メカニズムとその変動に関する研究
K. Imai
今井 浩太
飯舘電波望遠鏡を用いた木星シンクロトロン放射2周波観測装置の開発
S. Umekawa
梅川 慎吾
飯舘地上分光観測による月ナトリウム希薄大気の生成機構に関する研究
K. Takahashi
高橋 香代子
惑星大気観測のための赤外撮像装置の開発
Y. Matsumoto
松本 陽一
低高度衛星で観測される磁気嵐時リングカレントイオンの動特性
R. Miyamoto
宮本 類嗣
オーロラキロメーター電波の放射特性-三次元レイトレーシングを用いた検証実験-

2005/3

Ph.D (Science) Title
T. Watanabe
渡邊 拓男
Development of the observation system for the Jovian synchrotron radiation using an aperture synthesis array
(アレイ方式による木星シンクロトロン放射観測装置の開発)
Master of Science Title
Y. Obuchi
小淵 保幸
高時間・空間分解能オーロラ観測のためのINDEX衛星搭載多波長オーロラカメラの開発
S. Nomura
野村 詩穂
327MHz帯木星シンクロトロン放射の長期および短期変動に関する研究
K. Tsubone
坪根 克也
全天スペクトログラフとEISCATスバールバルレーダーの同時観測によるイオン上昇流についての研究

2004/3

Master of Science Title
H. Ueto
植戸 秀好
飯舘地上観測によるイオ起源高速ナトリウム原子放出メカニズムに関する研究
M. Kanno
菅野 麻里絵
近赤外分光観測による火星H2O氷雲の研究
T. Seki
関 妙子
AKR活動でみる磁気嵐時の磁気圏ダイナミックスの研究
Y. Tadano
只野 佑介
昭和基地におけるドップラーイメージング観測データに基づく下部熱圏変動に関する研究

2003/3

Master of Science Title
K. Izutani
泉谷 恭明
南極点における全天多色撮像観測から得られた昼側オーロラの特性
M. Kagitani
鍵谷 将人
イオプラズマトーラス観測のためのファブリーペロー分光撮像装置の開発
R. Kudo
工藤 理一
惑星電波望遠鏡(IPRT)の高効率化-方形パラボラアンテナに適した一次放射器の開発
S. Kuroda
黒田 哲史
月ナトリウム希薄大気の構造と成因に関する研究
N. Koizumi
小泉 尚子
全天スペクトログラフを用いた高緯度オーロラ中の酸素イオン発光(OII 732/733nm)に関する研究

2002/3

Ph.D (Science) Title
F. Nakagawa
中川 史丸
Study on the source characteristics of Jovian hectometric radio emissions
(木星ヘクトメータ電波の放射源特性に関する研究)
H. Nozawa
野澤 宏大
Study on the variability of the Jovian Io plasma torus using ground-based observations of sulfur ion emissions
(硫黄イオン輝線観測に基づく木星イオプラズマトーラスの変動に関する研究)
Master of Science Title
T. Kanda
神田 隆之
Study on bursty electron acceleration signatures in the diffuse aurora region
(ディフューズオーロラ領域におけるバースト状電子加速現象の研究)
K. Toyama
富山 広一
磁気圏側ULF波動に伴うプラズマ密度・温度の倍周波数振動現象の研究
S. Yaegashi
八重樫 諭代
木星赤外H3+オーロラ及び極域大気発光の強度変動

2001/3

      

Ph.D (Science) Title
S. Takahashi
高橋 慎
Study on dynamical features of extended sodium distributions originated from Io
(広域に分布するイオ起源ナトリウム原子分布の変動に関する研究)
Y. Miyoshi
三好 由純
Dynamics of the outer radiation belt associated with magnetic storms
(磁気嵐時における放射線帯外帯の変動に関する研究)
Master of Science Title
M. Suzuki
鈴木 克
衛星イオ近傍領域におけるナトリウム雲分布の研究
K. Takamizawa
高見澤 広司
水星ナトリウム大気の分布に関する研究
H. Miyamoto
宮本 裕行
あけぼの衛星によって観測される極域広帯域静電波動の出現特性に関する研究
T. Yuawa
湯淺 健志
Jovian Anomalous Continuum (JAC) 放射の出現特性とその放射メカニズムの研究

2000/3

Master of Science Title
C. Okawara
大河原 千晶
木星磁気圏における高エネルギー粒子準周期バースト現象の研究
T. Sugiyama
杉山 貴史
サブストームカレントウェッジ拡大過程の解析
Y. Fukuda
福田 陽介
木星シンクロトロン電波観測装置の開発-位相及び利得較正システムの確立
T. Washio
鷲尾 典俊
木星ナトリウム雲の広域分布に関する研究

1999/3

Master of Science Title
Y. Sato
佐藤 康之
A study on electron density distributions at high latitude
(高緯度域における電子密度分布の研究)
A. Tsuruuchi
鶴内 晃
南大西洋磁気異常帯における放射線帯粒子変動の研究
H. Yoshitake
吉武 秀人
木星キロメートル電波放射特性の研究
T. Watanabe
渡邉 拓男
327MHz帯木星シンクロトロン放射観測システムの開発

1998/3

Master of Science Title
H. Kobayashi
小林 拓恵
内部磁気圏におけるLF波動と放射線帯粒子の相互作用の研究
S. Takahashi
高橋 慎
木星衛星イオ起源ナトリウム原子の分布に関する研究
H. Nozawa
野澤 宏大
硫黄イオンの光学的観測によるイオプラズマトーラスの変動に関する研究
Y. Miyoshi
三好 由純
Study on short-term variation of synchrotron radiation from Jupiter
(木星シンクロトロン放射短期時間変動の研究)

1997/3

Master of Science Title
H. Takizawa
瀧澤 博和
極域ロケットで観測されたLF波動現象とパルセイティングオーロラに関する研究
F. Tsuchiya
土屋 史紀
Jovian electron modulation by the solar wind
(太陽風による木星高エネルギー電子変動の研究)
F. Nakagawa
中川 史丸
木星ヘクトメートル電波の放射特性の研究