• PPARCの研究概要

    太陽系を巡る惑星は大気をまとい,その外側はプラズマ(電気を帯びたガス)に取り囲まれています。 太陽からは超音速の風(太陽風)が,これらの惑星に吹き付けています。このため,それぞれの惑星で異なった惑星圏が造りだされ, それぞれ固有のそして謎に満ちた激しい変動をしています。惑星プラズマ・大気研究センター(Planetary Plasma and Atmospheric Research Center, PPARC)は,「惑星分光観測研究部門」と「惑星電波観測研究部門」の2つのグループが力を合わせて, 地球や惑星圏のさまざまな大気・プラズマ現象にともなって放射される微弱な光と電波をとらえ,その謎を明らかにしていきます。

    惑星分光観測研究部門は,光を観測手段として,惑星の神秘に迫ります。ハワイ・ハレアカラ山頂における望遠鏡観測や,アラスカでのオーロラ観測を行っています。

    惑星電波観測研究部門は,飯舘における大型電波望遠鏡「IRRT/AMATERAS」などの宮城・福島にまたがる5箇所の施設で,木星や太陽を中心に観測を行っています。


    研究内容

    太陽系天体(太陽、木星などの惑星、イオ・エンケラドス等の衛星)と系外惑星の大気 →詳しく

    オーロラ・大気光、地球電磁圏と高層大気、放射線帯の物理 →詳しく

    探査機や地上望遠鏡に搭載する光赤外・電波計測器の機器開発 →詳しく

    過去の研究テーマ →詳しく

    [ 研究室紹介パンフレット ]

    プロジェクト・データ

    IRPTなどの電波関連データ

    ハレアカラT60・T40望遠鏡モニタリングデータ


    sakura_b.jpg

    Haleakala_b.jpg

    PLANETSIFA_b.jpg

    PF_b.jpg

    zuno_b.jpg
  • 小原隆博センター長からのメッセージ

    東北大学惑星プラズマ・大気研究センターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。  私たち東北大学惑星プラズマ・大気研究センターは、地球を起点に、火星、金星、水星、木星といった太陽系の惑星環境で生起する沢山の不思議な宇宙現象について、 光学・電波の最先端技術を用いた地上からの観測、そして、人工衛星・探査機による直接観測を主な手段として研究を進めている我が国唯一の惑星観測研究センターです。 これまでの研究の結果、太陽活動が地球周辺の宇宙環境や超高層大気に与える影響、木星磁気圏で激しく起こっている電磁現象、月や水星など小天体の希薄大気の存在、 火星や金星の大気流出などが解明されて来ていますが、惑星をとりまく大気とプラズマの世界には、まだまだ、多くの謎が残っています。 私たち東北大学惑星プラズマ・大気研究センターでは、観測条件が世界で最も良いマウイ島ハレアカラ山頂に、高精度の次世代惑星望遠鏡の建設を進めています。 また、国内の惑星観測拠点の整備を行っているとともに、JAXAの惑星環境探査ミッションにも、参加しています。

    宇宙を知ることは、人類のフロンティアを拡げることにつながります。多くの方々が、私たち人類が生まれ育って来た太陽系と惑星について、 ご興味を持ってくださることを願いながら、研究と教育活動を行っています。


    沿革

    PPARCは,平成11年4月,これまで地球超高層大気と磁気圏,惑星電波, 及び地球磁場変動を観測研究してきた超高層物理学研究施設(昭和48年設立) と地磁気観測所(昭和32年設立),及び理学研究科地球物理学専攻・ 太陽惑星空間物理学講座の観測室とを統合して設立されました。


    年表

    1932 理学部附属向山観象所(仙台市八木山)新設、地磁気観測開始
    1947 理学部附属女川地震津波地磁気観測所新設 
    1956 理学部附属夜光観測所蔵王山麓)設置、酸素緑線掃天観測開始 
    1957 理学部附属地磁気観測所新設
    1961 地磁気観測所 現在地(女川町桐ヶ崎)へ移設
    1973 理学部附属超高層物理学研究施設(超高層大気物理学部門)が設置され、夜光観測所は同施設附属蔵王観測所として編成 
    1974 蔵王観測所 木星電波観測開始 
    1977 蔵王観測所 木星電波の1km干渉計観測開始 
    1980 地球物理学科 川渡木星電波観測室新設 木星電波の2点長基線干渉計観測開始
    1984 地球物理学科 米山木星電波観測室新設 木星電波の3点長基線干渉計観測開始 
    1992 地球物理学科 飯舘木星銀河電波観測所新設 木星電波の4点長基線干渉計観測開始 
    1993 蔵王観測所 現在地(蔵王町遠刈田温泉七日原)へ移設 
    1996 地磁気観測所 雷放電に伴う低周波数波動観測開始
    1996 飯舘木星銀河電波観測所 100m基線アレイ干渉計設置 銀河電波観測開始
    1998 地球物理学科 飯舘(光・電波)観測所新設 60cm光学望遠鏡(T60)設置 木星衛星イオ起源ガス観測開始
    1999 超高層物理学研究施設と地磁気観測所、各観測室の改組統合により惑星プラズマ・大気研究センター設立。観測所、観測室は各々「惑星圏##観測所」と改称(##は 女川 他)
    2000 飯舘(光・電波)観測所 大型電波望遠鏡(IPRT)設置 木星放射線帯電波観測開始
    2000 ハワイ大学ハレアカラ観測所 2m光学ドーム設置 木星衛星イオ起源ガス観測開始
    2006 ハワイ大学ハレアカラ観測所 2.6m光学ドーム、40cm光学望遠鏡(T40)設置
    2010 飯舘(光・電波)観測所 IPRT 太陽電波観測開始
    2014 ハワイ大学ハレアカラ観測所 T60を飯舘(光・電波)観測所から移設