過去の研究テーマ
(Past Studies)

≫ オーロラ電波
(Aurora Kilometric Radiation)

地球もまた,惑星でありながら宇宙空間に向かって電波を放射している"電波星"である,ことを知っていますか?人工衛星が宇宙空間を飛翔するとき,時におだやかに,時に強く激しく,自然の電波が地球の極地方から届きます。この電波が,極地方彩るオーロラの舞を伴奏している"オーロラ電波"です。そんなロマンティックな電波ですが,これを科学の目で観察すると,実はこの電波はいま残されているオーロラの最後の謎を解く重要な鍵を握っていることが解ってきます。私たちは,日本が打ち上げた極軌道衛星や海外の衛星データを駆使して,このオーロラの謎解きに取りかかっています。  (耳をすますとオーロラ交響曲が聞こえてきませんか?)

The Earth is a "radio planet" that is radiating radio waves towards space. Space craft observes gentle, sometimes strong and intense, natural radio waves in the polar region of the earth. This radio wave is "auroral radio emission" accompanied by dance of polar aurora. Although it is such a romantic radio wave, when observing this with the eyes of science, in fact this radio wave holds an important key to solve the last mystery of the auroral phenomena. We are working on solving the mystery of this aurora by making use of polar- orbiting satellite data.

20131201_201019 (1).jpg
















Fig. Auroral dance observed at Polar Flat, Alaska.




≫ 月の希薄大気
(Tenuous atmospheres of the moon and satellites)

月の希薄大気の分布や生成・消滅プロセスを理解するために、望遠鏡を用いた高波長分解能の光学観測や、計算機シミュレーションを行っています。

We are making telescope observation and computer simulation of the tenuous atmospheres of the moon to understand the processes behind their generation and loss.

exosphere.jpg














Fig. ScheAurora observed at Polar Flat, Alaska.