« AOGS2018 in Honolulu | ホーム | 古賀亮一さん(D2)の論文が米国地球物理学連合のリサーチハイライトに選出 »

2018年6月14日

平井あすかさん(M2)がAOGS2018でBest Student Poster Award受賞

ホノルルで開催されたAOGS2018(アジア-オセアニア地球科学連合)で当センター修士課程2年の平井あすかさんがBest Student Poster Awardを受賞しました。http://www.asiaoceania.org/aogs2018/public.asp?page=posterAwards.htm#st

地球周辺の宇宙空間で光速に近い速度にまで加速を受けた高エネルギー電子は、地球の双極子磁場に閉じ込められます(放射線帯)。
磁気嵐が起きるとこの閉じ込めが破れ、高エネルギー電子が消失する現象が生じますが、消失のメカニズムと消失先はまだ明らかになっていません。

北米に設置した低周波電波観測とオーロラ観測を組み合わせ、放射線帯の中で発生した低周波の電場・磁場の波(電磁イオンサイクロトロン波動)が高エネルギー電子の軌道を散乱させ、高エネルギー電子が大気に消失する証拠をつかみました。

写真は授賞式の様子です(撮影:坂野井さん)。(土屋)

aogs2018_award.jpg

関連する研究プロジェクト
あらせ衛星
PWING:地上多点ネットワーク観測による内部磁気圏の粒子・波動の変動メカニズムの研究

コメントする