« 平井あすかさん(M2)がAOGS2018でBest Student Poster Award受賞 | ホーム | オースチンのSPIEに参加しました »

2018年6月21日

古賀亮一さん(D2)の論文が米国地球物理学連合のリサーチハイライトに選出

古賀亮一さん(D2)の論文が米国地球物理学連合のリサーチハイライトに選出され、
研究成果の記事がEarth & Space Science Newsに掲載されました。
https://eos.org/research-spotlights/the-oxygen-neutral-cloud-surrounding-jupiters-volcanic-moon

木星の衛星イオは、太陽系で最も活発な火山活動を持つ天体で、その大気は二酸化硫黄を元にした酸素と硫黄のガスから構成されています。

ひさき衛星が木星の衛星イオを極端紫外線で観測したデータを使い、
衛星イオの大気から宇宙空間に流出した酸素原子が木星の周りを広く取り巻いている様子を、初めて明らかにしました。
(土屋)

ひさき衛星プロジェクト:http://www.isas.jaxa.jp/home/sprint-a/
東北大学ハワイ・ハレアカラ観測所:http://pparc.gp.tohoku.ac.jp/observatory/hal/
宇宙科学研究所ニュース 特集:惑星分光観測衛星「ひさき」

コメントする