2017年9月アーカイブ

2017年9月19日

宮城のテレビ放送3社が11年ぶりの巨大太陽フレアを報道

9月6日夜、11年ぶりの巨大太陽フレアが発生しました。日本が夜だったこともあり、デリンジャー現象は観測されませんでしたが、このフレアに伴って放出されたコロナガスが8日の朝に地球を襲いました。

仙台市のテレビ放送の各社は、コロナガスの影響を報道すべく、私の部屋に取材に訪れました。今回のような場合、既に、日本は日照領域になっていますので、電離層の電子密度が急増し、GPS信号に誤差が生じます。また、夕方からは、通信に障害が発生する場合が多いです。以上の内容をテレビでコメントしましたが、その後の情報によりますと、GPSの位置情報の誤差は16メートルに達しました。

太陽の影響で、地球周辺の宇宙空間が影響を受けることがあります。人工衛星や国際宇宙ステーションは、太陽の活動を非常に気にしながら、飛翔しています。地上の天気になずらえて、宇宙天気と呼んでいますが、太陽や地球の嵐を予報するのが、宇宙天気予報です。

私は、2010年から2013年にかけて、宇宙天気の国際委員会(国連宇宙天気専門家会合)の共同議長として、宇宙天気に関するガイドラインを世界の27カ国の代表と共に、まとめました。公表されたガイドラインは、世界の宇宙機関に伝えられ、日々の宇宙活動や、世界規模の無線通信業務に反映されています。

太陽と地球の関係を調べる宇宙天気研究ですが、研究の成果は宇宙開発の現場で役立っているのです。(小原隆博)

太陽フレア1.jpg太陽フレア2.jpg 

2017年9月 7日

仙台市天文台で公開サイエンス講座「巨大惑星をめぐる旅」が開催されました

 7月1日に東北大学大学院理学研究科は仙台市天文台と連携協力協定を結び、今年度は天文台で4回の公開サイエンス講座を行うことになりましたが、そのトップバッターとして、8月19日午後に「巨大惑星をめぐる旅 ―地球物理学専攻・地学専攻編―」が開催されました。この講座では、私達地球物理学専攻C領域と、地学専攻初期太陽系進化学研究室のメンバーがアイディアを出し合い、天文台企画交流課と相談を重ね、諸惑星・衛星の特徴や諸現象、また、それらの探査等について、知って頂く(ミニ講演・惑星はかせ)・観て頂く(オーロラVR・隕石/小惑星サンプル)・体験して頂く(電波星/赤外線星探索、惑星探査機折り紙/ラジオ工作)各種企画を行いました。

 当日は生憎の雨模様、また、学校の夏休み終了直前で、どの位の方に参加頂けるか些か心配しましたが、それは杞憂に過ぎず、子供さんからシニアの方まで幅広い年齢に渡る400名余りの方にご来場頂きました。天文台でのイベントということで、参加された方の宇宙・惑星に向けた関心の高さも他のサイエンス・イベント以上に感じられ、伝え手の私達も嬉しく楽しい時間を過ごさせて頂きました(私個人としては反省点もあり、少なからずおられた小さい子供さんにも伝わる話の工夫、が次の公開講座に向けた課題となりましたが)。

本公開講座の第2回は、9月19日開催の「星はすばる、銀河はすばる―天文学専攻編」です。今後も多くの皆様のご来訪をお待ちしています。

(文責:三澤)

天文台公開講座1.png 1)惑星探査機折り紙に挑戦

天文台公開講座2.jpg 2)作製したラジオで電波星を探索

天文台公開講座3.png 3)隕石を偏光顕微鏡で観察

天文台公開講座4.png 4)ミニ講演会(講師:北 元 博士)

(写真提供:村田 功 先生)