« 送別会 | ホーム | 4月22日大西卓哉宇宙飛行士 ミッション報告会 in 宮城県仙台市 »

2017年4月24日

飯舘村の避難指示解除

 2015年5月5日付けの本ブログに記したように、私共の惑星圏飯舘観測所のある福島県相馬郡飯舘村は、2011年3月の大地震に伴い発生した福島第一原発事故由来の放射線物質の降下により計画的避難区域に設定され、観測所のある前田地区は2012年7月以降、居住制限区域に設定されていました。原発事故発生以来約6年の間に村内の居住地や農用地は除染が進み、帰還困難区域に指定されている村南部の一地区を除き、2017年3月31日に飯舘村の避難指示が解除されました。

 避難指示解除後に向け、村では、行政関係では福島市内に機能移転していた役場を昨年7月に村内に戻し、生活関係では新しい公共施設の開設を行ってこられ、現在、村の主要道沿いに大きな商用施設の新設も進めておられます。教育関係では来年度に学校再開が予定されており、特に留意された除染がなされ、施設の更新・整備が進められています。一方、村内では、避難指示が解除された今も除染作業は継続されており、多くの方の帰還はこれからになるのことです。

そのまた一方で、村内では新築やリフォームを行う家も増えてきています。先日偶々、新築中の家へお邪魔する機会がありました。オーナーさんは中二階のある新築中の家の中を見せて下さり、中二階は孫達が来たら泊まれるようにと思ってね、と明るい笑顔で話して下さいました。村の広報誌 いいたて 4月号には次のような記事が掲載されています。「・・・・復興への道のりも、本当にこれからが本番です。逆境にある時ほど、人は真価が問われるもの。新しい村づくりに果敢に挑戦してゆく今だからこそ、明るさを持ち、感謝を忘れず、飯舘村民の底力を発揮してゆきましょう。」 「までい」な繋がりを大切にしてこられた村が、その心の下、復興の槌音が響く中で、更に力強く歩み続けようとされています。

私共が飯舘村での観測を始めて今年で25年になります。開始以来、その豊かな自然環境の下、私共は村の多くの皆様に支えられて研究を続けることが出来て参りました。避難指示解除になった今後、私共がどのように恩返し出来るか、考えて参ります。

(文責:三澤)

iitate.jpg

図.原町~飯舘~川俣を結ぶ県道沿いの飯舘村東部八木沢地区に新たに立てられた看板 兼 放射線量モニタリングポスト

コメントする