2015年6月アーカイブ

2015年6月26日

ハレアカラ観測所より

みなさん、アロハ―!6月21日から7月3日まで、T60望遠鏡への分光器の設置、調整、試験観測等のため、ハワイ・マウイ島ハレアカラ観測所に来ています!メンバーは、助教の鍵谷先生、そして我々、分光部門修士課程1年 小野紘夢、宍戸美日の3人です。

blog1s.jpg

東北大学60cm 望遠鏡のあるハワイ・ハレアカラ観測所は、標高約3000m、0.7気圧と若干過酷な環境にあり、昨日の作業中私は急な頭痛に見舞われてしまいました...。
今回は、仙台で作った分光器をハワイに持ち込み、山頂まで運搬、取り付けを行っています。3人合わせてとても大きなキャリーバッグ6つと大変な大荷物で乗り込んでいます。今日はハワイ4日目、初日は移動日で、2日目から4日目にかけて分光器の設置を行いました。明日以降は、土星と木星の試験観測の予定です。何が見えてくるのか、とても楽しみです!

ところで、何故ハワイに世界中の天体望遠鏡が結集しているかご存知ですか?実は、ハワイは、世界で一番天体観測に適した土地のひとつであると言われています。例えば、みなさんご存知のすばる望遠鏡も、ハワイの、我々の望遠鏡のあるマウイ島の隣の島、ハワイ島のマウナケア山頂にあります。そんなハワイの観測所から見上げる夜空の美しさたるや、とても言葉では言い表すことができません。

blog3s.jpg

さて、今回我々3人が滞在しているのは、ハワイ大学天文学研究所のゲストハウスです。食事は自炊です。空き時間に近くのスーパーに買い出しに行き、毎日頑張ってご飯を作っています。昨日の夕飯はハンバーグでした。マウイの物価は日本よりもずっと高く、例えば卵は12個入りで5,6ドル、日本円にしておよそ600円から700円ほどするのです!ですが牛肉はとても安いです。さすがアメリカといったところでしょうか。

お伝えしたいことはまだまだたくさんあるのですが、そろそろハワイは寝る時間なので、このあたりで失礼します。みなさん、マハロー!

文責 修士課程1年 小野紘夢 宍戸美日

2015年6月17日

Magnetospheres of Outer Planets 2015

5月31日~6月5日に、アメリカ・アトランタのジョージア工科大学で開催された、「Magnetospheres of outer planets 2015」という学会に参加してきました。通称MOP(モップ)と呼ばれるこの学会は主に木星・土星・天王星及びそれらの衛星にフォーカスした学会で、隔年で開催されます。

 

発表では、木星・土星の磁気圏電離圏に関する研究や、イオ・エウロパ・ガニメデ・タイタン・エンケラドスといった衛星の研究などが紹介され、活発な議論がなされていました。日本のグループからは、主にSPRINT-A/HISAKIの紫外分光器を用いた木星観測の結果が紹介され( )、大いに盛り上がりました。口頭発表が約80件、ポスター発表が約100件あり、これまでで最多だったようです。MOP2015_Photo.jpg(full size)

次回は2017年にスウェーデン・ウプサラで開催されます。写真は「Passing the mopセレモニー」で撮ったもので、開催国にはMOPの象徴である「モップ」が渡されました。2017年は木星探査機ジュノーや土星探査機カッシーニの最新の観測結果だけでなく、地上望遠鏡とのコラボレーションに関する発表で、これまで以上に盛り上がることが期待されます。mop.jpg

(北 元)

2015年6月11日

アルマイト加工中

alumite.png

今、ハワイ・ハレアカラ観測所の望遠鏡に取り付ける可視分光器の部品の製作に追われています。出発まであと1週間ですが、まだ部品の製作が終わりません。今は、アルミニウム部品の加工と、部品を黒くするために、表面に黒色アルマイト加工を施す作業を並行して行っています。アルマイト加工は、化学実験にも似た趣がありますが、楽しんでいる余裕がありません。(鍵谷将人)

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。