2018年8月 7日

オープンキャンパス2018

今年も7月31日、8月1日の2日間、東北大学のオープンキャンパスが行われました。 今年は昨年とは異なる会場となりましたが、宇宙地球物理学科・地球物理学コースのブースにおいて、 大学院生や教員による日頃の研究の説明や体験コーナーを設けたりしました。 大学進学を控えた近隣の高校生だけでなく、 研究室配属を控えた学部生や家族連れの方々に足を運んで頂き、大変ありがとうございました。 (鍵谷)

P8010119s.jpg P8010123s.jpg

2018年8月 1日

仙台市天文台公開サイエンス講座 「火星ってどんなところ?~人が住めるか考えよう~」

昨年度に引き続き、仙台市天文台と東北大学理学研究科主催の公開サイエンス講座が7月28日(土)に仙台市天文台開催されました。今年は15年ぶりの火星大接近ということで、「火星ってどんなところ?~人が住めるか考えよう~」というテーマで企画を行いました。私たち地球物理学専攻C領域地学専攻の中村研掛川研のみなさんで、2か月ほど前から展示物等の準備を重ね、当日は悪天候にもかかわらず550名以上の方が来てくださりました。火星の地形の3D模型に触れたり、ペーパークラフトや折り紙で火星や探査機を工作したりと、お子さんも親御さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。中には夏休みの自由研究にするために、熱心にメモを取るお子さんもいらっしゃいました。

昨日がちょうど最も火星が接近した日でしたがどのくらいの人が火星をみたのでしょうか。前回の火星大接近時に私は小学校4年生ほどで、最も接近した日に望遠鏡をのぞいたらしいのですが、眠かったのか次の日には全く火星を見た記憶はありませんでした。私の話はどうでもいいですね。今回来てくださったお子さんたちの中にも、将来宇宙の研究をする子がいると嬉しいですね。

(平井)

DSC_0341.jpgIMG_2971.jpg 

2018年7月17日

岡野章一 (元センター長) FMラジオ出演 [8月の毎週木11:40-50]

岡野先生が、PPARC元センター長として Date FM(77.1MHz)に出演されることになりました。8月の毎週木曜日 11:40-11:50 (10分間)、5回シリーズ(8/2, 9, 16, 23, 30)です。(番組は「German Factory Group Presents Deep Diver !」だと思いますが、正しいでしょうか。お車方面でのお付き合いからでしょうかね。)

南極・北極のこと、ハワイ・マウイ島ハレアカラ山頂での観測活動のこと、飯館からの移設となった 60cm望遠鏡のこと、建設中の PLANETS 1.8-m 望遠鏡のこと、最近はまっているチェロのこと、などをお話されるそうです。

2014年に行われた60-cm望遠鏡の開所式(「宮城の新聞」「開所式レポート」)からすでに4年近くたち、つい6月には金星(JAXAあかつき探査機への支援観測)や火星(発生中のダストストーム観測)を行うなど、小さいながらフル稼働中の現役世代ですが、のんびりしたお話も伺えることを私も楽しみにしております。学部は夏休みに入りますし(8/8まで講義期間ですが)。

(文責:笠羽)

2018年7月 9日

オースチンのSPIEに参加しました

6月10-16日まで、アメリカのオースチンのSPIE Astronomical telescopes+instrumentation に参加してきました。SPIEは光学望遠鏡関係で世界一大きな会合で、ここでは大型・宇宙望遠鏡と先端観測装置、天文学の先端研究の最新情報を得ることができます。

FB_IMG_1529039051483.jpg

オースチンはとても暑くて日中は37℃くらい。

DSC_0227.jpg

近郊に住んでいる(といっても車で数時間)小笠原さんが家族一緒に会いに来てくれました。10年以上ぶりに再会しました。

20180613184702.JPG

PLANETS望遠鏡計画の話をしました。

FB_IMG_1529039059653.jpg

(文責:坂野井)

2018年6月21日

古賀亮一さん(D2)の論文が米国地球物理学連合のリサーチハイライトに選出

古賀亮一さん(D2)の論文が米国地球物理学連合のリサーチハイライトに選出され、
研究成果の記事がEarth & Space Science Newsに掲載されました。
https://eos.org/research-spotlights/the-oxygen-neutral-cloud-surrounding-jupiters-volcanic-moon

木星の衛星イオは、太陽系で最も活発な火山活動を持つ天体で、その大気は二酸化硫黄を元にした酸素と硫黄のガスから構成されています。

ひさき衛星が木星の衛星イオを極端紫外線で観測したデータを使い、
衛星イオの大気から宇宙空間に流出した酸素原子が木星の周りを広く取り巻いている様子を、初めて明らかにしました。
(土屋)

ひさき衛星プロジェクト:http://www.isas.jaxa.jp/home/sprint-a/
東北大学ハワイ・ハレアカラ観測所:http://pparc.gp.tohoku.ac.jp/observatory/hal/
宇宙科学研究所ニュース 特集:惑星分光観測衛星「ひさき」

2018年6月14日

平井あすかさん(M2)がAOGS2018でBest Student Poster Award受賞

ホノルルで開催されたAOGS2018(アジア-オセアニア地球科学連合)で当センター修士課程2年の平井あすかさんがBest Student Poster Awardを受賞しました。http://www.asiaoceania.org/aogs2018/public.asp?page=posterAwards.htm#st

地球周辺の宇宙空間で光速に近い速度にまで加速を受けた高エネルギー電子は、地球の双極子磁場に閉じ込められます(放射線帯)。
磁気嵐が起きるとこの閉じ込めが破れ、高エネルギー電子が消失する現象が生じますが、消失のメカニズムと消失先はまだ明らかになっていません。

北米に設置した低周波電波観測とオーロラ観測を組み合わせ、放射線帯の中で発生した低周波の電場・磁場の波(電磁イオンサイクロトロン波動)が高エネルギー電子の軌道を散乱させ、高エネルギー電子が大気に消失する証拠をつかみました。

写真は授賞式の様子です(撮影:坂野井さん)。(土屋)

aogs2018_award.jpg

関連する研究プロジェクト
あらせ衛星
PWING:地上多点ネットワーク観測による内部磁気圏の粒子・波動の変動メカニズムの研究

AOGS2018 in Honolulu

6月4~8日にハワイのホノルルで、AOGS(Asia Oceania Geosciences Society) 15th Annual Meetingが開催されました。PPARCからは、坂野井先生、土屋先生、吹澤君、平井が参加しました。

下の写真はポスター発表の様子です。私の腕だけ写っています。ポスター発表の時間は2時間で、あっという間に終わってしまいました。自身の発表だけでなく、世界中の研究者の最新の研究をたくさん聞くことができ、とても有意義な時間でした。

blog_aogs2018.png

余談ですが、ホノルルはやっぱり観光地なんだなあと思いました。

写真 2018-06-03 10 10 18.jpg

(平井)

2018年6月 4日

日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)開催

地球惑星科学連合は、地球惑星科学、具体的には、宇宙惑星科学、大気水圏科学、地球人間圏科学、固体地球科学、地球生命科学 および 関連する学際分野の総計50を越える学協会が参加し、会員の総数も1万人余の大きな学術組織です。毎年1回春季に開催されるその大会(研究講演会)が、今年は5月20~24日に千葉市美浜の幕張メッセで行われました。今回は米国地球物理学会(AGU)との共催セッションも数多く企画され(共催セッションでは英語で講演・議論が行われます)、全部で230を越えるセッションが25を越える会場で並行して開催されました。当センターからは教員、学生、総勢16名が参加し、口頭やポスターで研究講演を行ってきました。こうした学教会が主催する大きな講演会は毎年春と秋の2回行われますが、当センターのメンバーの多くは、春はこの大会、秋は地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)主催の講演会に参加しています。講演会は、発表する研究を認知頂くとともに、研究関係者等との(ドキドキの)議論を通じて更に研究の深化、展開に繋がる貴重な機会であり、また、他の方の最新の研究に触発される(ワクワクの)機会でもあります。JpGU2018のような、多くの学協会が参加する大きな大会となると、自身の所属する学会と異なるために、普段はなかなか聴く機会のない講演や研究者との話が出来、その方々の研究の視点、方法、考え方等々に新鮮な驚き・刺激・インスピレーションを感じ、また、自身の立ち位置を改めて思う得がたい機会ともなります。これもこの大会の参加特典です。今回も学生さん共々、色々な宿題を感じながら大会会場を後にしてきました。来年の大会は1年後の5月下旬とのこと、宿題に少しでも答えていけるよう、またガンバラねば!です。(三澤)

ポスターセッション.jpg

体育館のような広大な会場で行われたポスターセッション。

ポスター発表1.jpg ポスター発表2.jpg

当センターの大学院生によるポスター発表の様子。

2018年5月16日

ハワイに行ってきました

5月8-11日まで、笠羽センター長、小原教授、坂野井の3名でハワイ・マウイのハワイ大学天文研究施設にいってきました。会議では、PLANETS望遠鏡計画についてつっこんだ議論がなされました。その後、ハレアカラ山頂にき、T60望遠鏡とT40望遠鏡の装置メンテナンスをしてきました。ちょうど日没の時間帯で綺麗でしたが、帰り道目の前に牛が突然現れて、急ブレーキを踏む場面もありました。(坂野井)

DSC_0171.JPG

DSC_0188.JPG

IMG_20180509_222200_594.jpg

2018年2月24日

ISASニュースに「ひさき」の研究成果の特集号

宇宙科学研究所(ISAS)ニュースに「ひさき衛星」の研究成果が特集されました。 http://www.isas.jaxa.jp/ISASNEWS/No.443/ISASnews443.pdf

専門的な内容を含んでいますが、その分、研究の最前線を感じていただけます。 (土屋史紀)