2019年7月11日

吹澤 瑞貴さん、高見 康介 さん、中村 勇貴さん:日本地球惑星科学連合2019年大会学生優秀発表賞

(2019/7/10)

当センターの吹澤 瑞貴さん(D1)、惑星大気物理の高見 康介 さん(D3)・中村 勇貴さん(M2)・が日本地球惑星科学連合2019年大会において学生優秀発表賞を受賞しました。

■URL :http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

■吹澤 瑞貴 (D1:PPARC)   "Correlation between pulsating aurora and electrostatic electron cyclotron harmonic waves obtained from coordinated Arase and ground data"。
本学が参画するJAXA あらせ衛星が観測した「電子波動」とそれによって引き起こされるとみられる「脈動オーロラ」の関係を明らかにしました。

■高見 康介 (D3:惑星大気)  "Temperature and wind variations in Venusian mesosphere and lower thermosphere by mid-infrared heterodyne spectrometer in 2018"
本学が開発した赤外線ヘテロダイン分光器が可能とできる金星高層大気の温度場・速度場を、2018年の観測好適期に東北大・ハレアカラ60cm望遠鏡をフル活用して検出することができました。

■中村 勇貴 (M2:惑星大気)   "Axisymmetric conductivities of Jupiter's middle- and low-latitude ionosphere"
観測から推定される木星の電離圏電気伝導度がとても低いという問題に対し、惑星間空間から落下するダストの電離によって供給される金属イオンの効果を取り込むと十分な伝導度を持たせることができる、というユニークなモデル研究成果を挙げました。

2019年7月10日

仙台市天文台公開サイエンス講座にて「太陽とオーロラの関係」を紹介しました

仙台市天文台と東北大学理学研究科は、コラボレーション企画として、年間4回の公開サイエンス講座を行っています。今年度第1回目のイベントとして「オーロラの謎に迫る」と題して、最先端科学で明らかにされつつある、オーロラの発生の仕組み、その原因である太陽表面の爆発現象を、画像と動画を用いて、小原隆博が解説しました。ご来場の70名の皆様から熱心な質問を頂き、関心の深さと大きさを感じました。今年度のこれらかの公開サイエンス講座で、当センター所属の教員が、太陽系の惑星研究について、実験も取り入れつつ、解説します。引き続き、仙台市天文台での公開サイエンスに講座に、ご注目下さい。

(文責:小原隆博)

会場の様子.jpg

会場の様子

講演の様子.jpg

講演の様子

2019年6月 7日

Conference on Magnetosphere for the Outer Planets 2019 [MOP-2019] (2019/6/3-7)

(文責:笠羽)

この国際シンポジウムは、世界の外惑星(木星・土星・天王星・海王星)を囲む電離圏・磁気圏を巡る世界最大の会合で、隔年開催で米-欧代わり替わりに開催されてきました。[リンク:コロラド大学の「MOPシンポジウムの歴史」コーナー] 
今年、我々の主催にて、6/3(月)-7(金)  、片平さくらホール・あおばサイエンスホールで開催されました。初の日本での開催、初の米・欧以外での開催ということになります。本来、2011年7月に主催会合を予定して準備を進めていたのですが、3月に襲った震災によって断念し、Boston大のお世話で急遽変わっていただいた、という経緯があります。世界の研究者コミュニティの温かいご支援とご理解「まだ仙台でやるだろ? いつだ?」の声に支えられ、再び機会が巡ってきたこの会合。我々の予想を越え、参加150名以上、発表170件以上による大会合となりました。

MOP2019-Sendai_190604.jpg MOP2019-Session1.jpeg MOP2019-Session2.jpeg
全員集合! &  冷房のかけすぎで「COOL」なのに「HOT」な講演会場

この会合では、活躍中のNASA ジュノー木星探査機や共同する日本のHisaki紫外線・極端紫外線望遠鏡衛星による木星の内外を電磁場と粒子が結合して起きる結ぶ激しい諸現象、 2018年秋に終焉を迎えたNASA/ESA カッシーニ土星探査機のファイナル観測で初めて得られたリング内側の世界、 事実らしさがより膨らんできた外惑星の氷衛星地下に秘められた水世界とその宇宙空間への噴出、・・・にまたがるホットトピックスが紹介されました。

MOP2019-Session6.jpeg MOP2019-Session4.jpeg MOP2019-Session5.jpeg
土星の成果 by 米欧探査機カッシーニ、木星の成果 by 米探査機Juno + Hisaki・地上観測連携、そしてこれらの源泉でもある地球の成果 by Arase衛星。

中国・タイメンバーの大人数参加を得たことも特筆的で、東アジアでの初開催の意義を発揮できました。みなさんとの松島での雑談も非常に有意義で、引き続いて行われた特別セッション「"深夜カラオケ」も、約50名の参加を得て22-26時の4時間に渡り盛況に開催されました。

MOP2019-Matsushima.jpeg MOP2019-Party2.jpeg
松島ツアー中の御一行様、およびカラオケで活躍中の"自称若手"連合(含む日本メンバー)。

次回2021年7月は、ベルギー・リエージュでの開催となり、本会合略称「MOP」にちなむ「モップトロフィー」の引継式を経て、無事たすきがつなげられました。
我々の地上望遠鏡観測や数値モデル研究、そして地球での活躍も梃子に、東北大と日本の研究者は、このCoolでHotな世界で今後もより目立っていきたいと思います。

MOP2019-Liege1.jpeg MOP2019-Party1.jpeg 
リエージュを売り込むGrodent氏 & Bonfond氏(ハッブル宇宙望遠鏡を駆使した観測の権威)、および本会合略称「MOP」にちなむ「モップトロフィー」の引継式。


<LINK> 

MOP2019ホームページ(組織委員会) 
MOP2019 Program + Abstract Book (PDF)
MOP2019写真集

2019年5月29日

地球電磁気・地球惑星圏学会 オーロラメダル授賞! (2019/5/29)

5月の地球惑星科学連合2019年大会(幕張メッセ)で開かれた地球電磁気・地球惑星圏学会の総会で、第144回講演会(2018年11月)の学生発表賞(オーロラメダル)の授賞式が行われました。(詳細はこちら)

東北大は、9つ中「3つ」をゲット!
当センター所属の吹澤さん(D1)、惑星大気物理の中村さん(M2)、および3月に卒業された渡辺さん(昨年度M2) が見事、受賞しました。

*吹澤 瑞貴 「Electrostatic electron cyclotron harmonic waves as a candidate to cause pulsating auroras」(S001-09)
*中村 勇貴 「Axisymmetric conductivities of Jupiter's middle- and low-latitude ionosphere」(R006-P05)
*渡辺 はるな 「すばる望遠鏡で観測された木星赤外オーロラの微細構造とその時間変動」(R009-P16)

副賞のお菓子たちは有効に「活用」されました。
なお、渡辺さんの副賞のお酒は、代理受賞(「この年になって学生賞を頂けるとは光栄です!」)した笠羽から無事ご送付しました。同期の皆さんとご活用ください。

DSC_1005.jpg
吹澤さんの勇姿。

DSC_1031.jpg
受賞者の皆さん。右から2人目が吹澤さん、3人目が中村さん。二人の間には渡辺さんの表彰状も。

2019年5月15日

C領域合同 蔵王山菜採り・BBQ

GW中の2019年5月3日、東北大学、惑星圏蔵王観測所にてC領域合同の山菜採り・BBQが行われました。ちょっと風が強かったですが、非常に天気も良く、気持ちいい陽光のもとBBQを開催でき楽しかったです!

 

今年は4月から寒い時期が続き、山菜が成長しているか心配でした。しかし、朝から行った山菜採りも電磁気学講座、石澤くんの活躍により、大量に収穫することができました!!その山菜を天ぷらにして食べましたが、絶品でした!!

そして、毎年、蔵王山菜採り・BBQで非常にお世話になっている技術職員の阿部さんに今年も「熊肉」や「猪肉」(ご自分で獲ったそうです。)、「サーモン」(自分でさばいたそうです。)を差し入れていただきました!!!、非常においしくもうすでに来年が楽しみです笑。

 

山菜採り・BBQのほかにもキャッチボールも行われていました。地物野球大会がそろそろ開催されるとも思いますので、C領域team期待ですね!!そして、ドローンが蔵王の空を舞いました!!のちに観測にも使われるそうでその準備運動として成功収めたのではないでしょうか。

最後は小原先生の音頭による三本締めでしっかりと会を締めていただきました。

今年もたくさんの思い出を作れたのではないでしょうか、また来年もぜひ参加したいです!!!

(文責:神原、写真:山口)

2019山菜採り_190515_0043.jpg

阿部さんにいただいた猪肉、非常においしかったです!!!

2019山菜採り_190515_0028.jpg

気持ちの良い青空のもと行われたキャッチボール、楽しんでいました。

2019山菜採り_190515_0024.jpg

pparc's drone

 

2019年4月10日

太陽風によって温められる木星大気

(文責:笠羽)

東北大学は、NASA ジェット推進研究所・国立天文台・情報通信研究機構のメンバーによる国際チームで、太陽風で駆動される高エネルギー現象「オーロラ」が、従来考えられていたよりも深い部分まで木星大気を加熱することを明らかにしました。ハワイ・マウナケアにある国立天文台・すばる8-m望遠鏡の中間赤外線カメラ COMICS による観測成果です。

2017年1月、2月、5月に行われた観測で撮影された中間赤外線画像は、木星の極域に現れるメタンガスの発光域「ホットスポット」とその変動を捉えました。これは、木星大気中で炭化水素の化学反応が起き、また大気温度が変動したことを示します。地球では、太陽コロナが惑星間空間へと吹き出す「太陽風」が地球を取り囲む磁気圏を揺らすことでオーロラが起こります。磁気圏から極域へと振りそそぐ高エネルギー粒子は、高度約100km以上の希薄な大気にぶつかってこれを加熱し、またオーロラを発光させます。木星でも同様のことが起こりますが、今回のすばる望遠鏡観測は、メタンガスのあるより深い成層圏にも太陽風の影響が直接及ぶことを明らかにしました。また、木星での太陽風変動の推定結果との比較で、太陽風強度が増大してから1日以内にこの影響が及ぶことも明らかになりました。

これによって、木星の成層圏の温度と太陽風の変動を、初めて関連付けることができました。太陽の高エネルギー活動が惑星環境に直接影響を与える『宇宙天気』現象の極端な一例で、太陽風がはるか上層の電離大気だけではなく、より下層の大気にも直接影響を与えることを初めて確認したものです。

この論文をまとめたのはJames Sinclair (NASA/JPL)で、若いポスドク研究者です。私は、Glenn Orton (NASA/JPL)とともに「すばる望遠鏡・木星観測プログラム」の研究代表者として、この成果につながる観測データを彼と取得しました。一緒に観測を行った佐藤隆雄さん(北海道情報大)を合わせていつもの「4人組」です。また、木星位置への太陽風情報の推定は、いつもながら情報通信研究機構の垰千尋さんにお願いしました。峠さん・佐藤くんともども、私が2007-2017年度に主であった本学・惑星大気物理学研究室の出身ですので、本成果は、東北大が30年以上続けてきた「太陽系最大の惑星・木星」に対するチャレンジのひとつの帰結でもあります。

今回の成果は、太陽活動によって宇宙空間から降り注ぐ高エネルギー粒子が、木星大気の加熱や化学反応を引き起こすことを明確に示しました。このような現象は、強い太陽・恒星活動にさらされる過酷な環境を持つ惑星、例えば若かりし頃の地球や、他の恒星を巡る系外惑星の大気中で起きえる複雑な有機化学反応について、手がかりを与えてくれるものでもあります。太陽黒点に代表される太陽活動と地球気候との間は相関があることも知られていますが、小学生向けの図鑑にも載っているような基礎的な話なのに原因がつかめていません。こうした話題の解決にもつながっていくといいな、と考えています。

東北大学惑星プラズマ・大気研究センターは、宮城県・福島県・ハワイに置いた独自の電波・光赤外線望遠鏡群、および宇宙航空研究開発機構(JAXA)・東京大等と打ち上げた紫外線宇宙望遠鏡「ひさき」によって、米国 NASA の木星探査機『ジュノー(Juno)』を地球から支援する国際協調観測キャンペーンを支えています。この論文に用いた観測データをとりに行ったすばる望遠鏡による観測もこの一環でした。これら国際的な木星協調観測により、これからもさらなる成果がもたらされることが楽しみです。

20190409_10.jpg

図:すばる望遠鏡中間赤外線カメラCOMICSが捉えた木星。色は、木星成層圏にあるメタンの発光強度を示す。明るい部分が木星の北極域と南極域にみられるが、この領域に磁場を介して入ってくる太陽風の影響で加熱を受けていることを示している。(撮影:2017/1/12。提供:国立天文台・NASAジェット推進研究所)

20190409_20.jpg

図:すばる望遠鏡中間赤外線カメラCOMICSが捉えた木星の2017年1月11-12日における変動。色は、木星成層圏にあるメタンの発光強度を示す。明るい部分が木星の北極域と南極域にみられるが、この領域に磁場を介して入ってくる太陽風の影響で加熱を受けていることを示している。一日程度で大きく変動していることが見受けられる。(撮影:2017/1/11-12。提供:国立天文台・NASAジェット推進研究所)

<LINK>
東北大・理学部から(本部にも同じ内容)
情報通信研究機構から(峠さんの本拠地)
NASAジェット推進研究所からのプレスリリース
国立天文台すばる観測所からのプレスリリース

 

2019年4月 9日

C領域合同花見@西公園

2019年4月7日、西公園にてC領域合同のお花見を行いました。30名近くの方々に花見の席に来ていただき、大いに盛り上がりました!!!

 

お花見の2、3日前には3月にもかかわらず、雪(吹雪)が降り出し、桜が咲くのか心配になるような気候でしたが、当日には満開とはいかずとも、見事!!花を咲かせてくれ、非常に春の訪れを感じさせてくれるお花見会となりました。

 

みなさん、普段あまり話さない趣味の話や先生方からの興味深いお話で楽しい時間を過ごせていたと思っております。自分自身、趣味のカメラ、レンズのお話をDCの先輩や先生方とすることができ非常にうれしかったです!!

またお花見といえばお酒!!日本酒!!!ということでおいしい日本酒も登場しました。私がいただいたものだと、愛知の"蓬莱泉"、新潟の"越後桜"などでした。おいしいお酒にきれいな桜という春を満喫するのにふさわしい組み合わせを堪能でき、癒されました。

 

最後は小原先生の関東一本締めの音頭で会の締めとさせていただきました。次のC領域イベントが楽しみです!!!

(文責:神原、写真:山口、神原)

IMG_7137.JPG

西公園の見事な桜、かわいらしいです。

IMG_7242.JPG

おいしい料理にお酒で幸せでした。(もちろん桜も)

3539E3EC-8BB8-474D-BAF1-08D7CD33DE25.jpg

朝の場所取り合戦、この時期はまだ余裕で取れますが、寒かったです...。

2019年3月25日

プラハ出張:日本-チェコ二国間共同研究

2019年3月19~21日にチェコのプラハで、プラズマ波動や地球雷観測を専門とする日本とチェコの研究グループで、研究交流会が行われました。

この研究プログラムは、名古屋大学宇宙地球環境研究所の三好由純教授(PPARCのOB)とチェコ科学アカデミー大気物理学研究所のOngrej Santolik教授を代表として、最新の科学衛星や地上観測のプラズマ波動観測データを共同で解析し、地球近傍の宇宙環境を理解することを目的としています。

東北大からは、笠羽先生、土屋先生、吹澤君、平井(PPARC)、加藤先生(電磁気)が参加しました。
1日目と3日目は、研究所でそれぞれ事前に提案された議論したいトピックについて自由なディスカッションが行われました。2日目はプラハ旧市街地にてシンポジウムが開かれました。

日本チームからは主に、2016年12月に打ち上げられたあらせ衛星で得られた観測データに基づく議論がなされました。3日間という短い期間でしたが、充実した研究交流会でした。

チェコはビールが有名です。ビールも音楽も最高でした...!!

(文責・平井、写真・吹澤)

IMG_8978.JPG

プラハ城からの眺め。とってもきれいでした!

IMG_8929.JPG

2日目の夕食会場にて。PPARCのOBと現学生で記念撮影(左から、栗田さん、吹澤くん、土屋先生、平井、三好先生)

0766A176-79FB-4F4A-A736-74D2138A5F0E.JPEG

2日目のシンポジウム会場。こんなところで研究発表するんですか...!?というほど綺麗で歴史を感じる建物でした。

2019年3月18日

2018年度ハワイ研修に行ってきました

東北大学環境・地球科学国際共同大学院プログラムによるサポートのもと、地球物理学・地学専攻の学部2年生から博士後期課程の学生を対象にハワイ研修が行われました。「地球を丸ごと理解する」グローバルな視野を持った大学院生の育成を目指すために設けられたこのハワイ研修は、今回で2回目となります。8泊10日間でハワイ島・マウイ島・オアフ島をまわり、火山巡検や本学の観測所見学、ハワイ大学のセミナー参加など、研修の内容は盛り沢山でした。その中でも、特に印象に残った体験についてご報告したいと思います。

写真1.jpg

写真2.jpg

ハワイ研修3日目 ハワイ島でのキラウエア火山巡検

火山活動による地割れや溶岩なども目で見て手で触れることができました。

溶岩とは思えないほど綺麗でしたが、国立公園の岩石などを持ち帰ることは禁止されています。噴火やそれに伴う地震といった大規模な自然災害は普段なじみもなく、どこか別世界の話のような気持ちでいましたが、その痕跡を目の当たりにして地球科学を学ぶ必要性を強く認識しました。また、広大な火山地形やその奥に広がるハワイ諸島の景色に圧倒され、地球というものの大きさを身に染みて実感しました。

写真3.jpg写真4.jpg

ハワイ研修4日目 マウイ島でのハレアカラ天文台見学

東北大学ハレアカラ観測所のT60を実際に見ることができました!

私は昨年3月に行ったPPARC実験でT60を使用したのですが、仙台からリモートで操作したので実物を見たことがなく、1年越しにやっとご対面できました。今年のウィンターストームの影響で残念ながら中に入ることはできませんでしたが、その代わりハワイ大学の望遠鏡を見学させていただきました。観測所のロゴには絶滅危惧種のネネが描かれており、ハワイならではという感じがしました。(私自身、ハワイ滞在中にネネに遭遇することができました。ラッキー!)

写真5.jpg

ハワイ研修5日目 マウイ島でのハレアカラトレッキング

火星に似ていると言われているハレアカラからの眺め。

砂漠のような不毛の惑星である火星にも大昔には水が豊富に存在したと言われていて、私は火星周回衛星に搭載されているレーダーサウンダーを使って現在の火星に地下氷や地下水がないかどうかを調査する研究をしています。そのような背景もあり、このトレッキングがとても楽しみでたまりませんでした。当日は運のいい事に快晴でハレアカラクレーターを一望することができました。3000m級の山に登ったのは初めてで、少し下ってまた山頂に戻るだけで息があがってしまいましたが、この絶景だけは忘れるまいとカメラをずっと構えて歩いていました。ここが火星だったら、などと色々想像を膨らませるとインスピレーションが湧いてきてとても刺激的な時間を過ごすことができました。

 

10日間は長いようであっという間でした。世界をリードする海外協定大学の教員による講義を受講したり、地球規模の自然現象が発生して調査・観測が行われている実際の現場を訪問したり、様々な体験をすることができました。私は地学の知識が乏しかったのですが、現地での地学教員の丁寧な説明やフィールドワークにより地学の理解も進みました。今後、地球物理と地学の新たな分野融合も期待できそうです。(文責 大浦)

2019年3月 5日

「惑星圏研究会」が今年度も開催されました(第20回!)。

  2019年2月18日~21日の4日間に渡り、東北大学大学院理学研究科 青葉サイエンスホール他で「惑星圏研究会」が開催されました。3年前の2016年にも本研究会開催の様子を本ブログで紹介しましたが、2000年に初めて開催され、年1回ペースで私共 太陽惑星空間系領域が主催してきた本研究会は、今回で20回目を迎えました(本圏研究会については研究会HP: http://pparc.tohoku.ac.jp/sympo/sps/ もご参照下さい。)。今回は、国際シンポジウムとして開催された2011年を除くと、初めての4日間開催となり(従来は2~3日間)、日本他計7ヵ国からの参加者は120余名、講演件数も101件(口頭講演:72 件、ポスター講演:29件)を数え、これらは何れも過去最多でした。

 今回の研究会は、最初の3日間は、主に、現在進行しつつある探査・観測・理論的アプローチに基づく惑星等の研究について国際セッションとして開催され、「巨大ガス惑星・氷衛星系」、「水星・小型天体」、「比較惑星学」、「系外惑星」のテーマで、英語による講演と議論が行われました。2日目の夕刻には「将来計画」セッションも開催され、惑星探査や科学衛星観測の将来計画に関わる国内外の研究者からの最新情報の紹介とともに、議論が行われました。一方、4日目は、近年、地球外生命の探査で特に関心が高い、水を持つ・持っていた惑星や天体をテーマとして、最新の研究内容の講演と深い議論が日本語で行われました。研究会では、以上に加え、例年同様に、博士課程進学予定者や博士号を取得したばかりの大学院生、若手研究者によるセッションも2日目以降に毎日開催されました。また、1日目夕刻と3日目昼時にコアタイムが設けられたポスターセッションでも、予定されていた時間を超えて白熱した議論が展開されました。

 研究会は、夕闇が深まる2月21日18時に、笠羽大会委員長による総括と次年度に向けた研究会の進め方についての宿題が提示され、閉会しました。末筆ながら、研究会にご出席頂き、講演・議論で研究会を創り上げて頂いた参加者の皆様、会の企画・方向性の決定にご尽力頂いたSOCメンバーの皆様、会成立に多大なご協力を頂いた各研究プロジェクトや大学・研究機関各位に、改めて篤く御礼を申し上げます。

(文責:三澤(惑星圏研究会LOCメンバー))

惑星圏図1.png

図1.研究会3日目午前の比較惑星学セッションの一コマ。Goodman先生ご講演時の質疑・応答の様子。

惑星圏図2.png

図2.研究会初日夕刻のポスター講演コアタイムの一コマ。

惑星圏図3.png

図3.研究会初日夕刻に開催されたバンケット から2コマ。主賓挨拶をされるDelcourt先生。

 

惑星圏図4.png

図4.研究会開催前日に企画されたエクスカーションの一コマ(瑞巌寺@松島)

ポスター.png

アイテム

  • 講演の様子.jpg
  • 会場の様子.jpg
  • DSC_1031.jpg
  • DSC_1005.jpg
  • IMG_20190609_192445_resized_20190609_072754890.jpg
  • MOP2019-Session6.jpeg
  • MOP2019-Session5.jpeg
  • MOP2019-Session4.jpeg
  • MOP2019-Session3.jpeg
  • MOP2019-Session2.jpeg