ホーム 研究内容 メンバー 研究観測施設 リンク 内部情報 English

惑星シンクロトロン電波望遠鏡
Iitate Planetary Radio Telescope (IPRT)


 この装置は、木星放射線帯内の高エネルギー電子から放射される電波(シンクロトロン放射)を観測するための電波望遠鏡です。古典的には放射線帯は非常に安定な存在であると考えられてきましたが、近年の地球での観測例からはこれを覆す結果が報告されています。これと同様に木星放射線帯も変化しうるものと考えられ、その様相は観測される電波強度やスペクトルの変動となって現れます。
 この装置の大きな目的は、木星シンクロトロン放射の集中的な観測を行い、電波強度やスペクトルの変化から、放射線帯粒子の加速過程、輸送過程を解明することにあります。
アンテナ形式非対称オフセットパラボラ
開口サイズ31m × 16.5m × 2式 (1023 m2 )
焦点距離12m (F/D 比: 0.39)
反射面ワイヤーメッシュ (20mm × 20mmピッチ)
面精度12mm rms
給電系平面反射板付きクロスダイポール
架台経緯台
駆動範囲高度角 20〜100度
方位角 -270〜270度
指向精度0.1度以下
観測周波数325 MHz, 780 MHz
ビーム幅1度@500 MHz
システム温度150 K
最小検出感度0.07 Jy* (@帯域幅 10 MHz、時定数 10秒、開口能率 0.6)

*Jy = 10-26 W/m2/Hz

Last update: 4 Apr. 2015
E-mail:
All Rights Reserved, Copyright (c) 1999-2015, PPARC, Tohoku University, Japan