古賀亮一 Ryoichi Koga 

東北大学大学院理学研究科 地球物理学専攻
惑星プラズマ・大気研究センター 博士課程2年
E-mail; koga.r#pparc.gp.tohoku.ac.jp (#を@に変える)

研究テーマ 木星衛星イオの大気生成・散逸

研究テーマを選んだ理由

私は「地球外生命体は存在するか」という謎に大きく惹かれて大学院での研究を始めました。現在の研究分野であるイオは火山活動が活発で大気が希薄であることから、生命誕生につながる初期地球の環境を解き明かすカギとなると考えています。将来は地球外生命体の存在の解明に近づけるように、イオだけでなくエウロパなどの氷天体の噴出現象にも研究を広げたいと考えています。

===業績===

(1) 学術雑誌等に発表した論文、著書 
1)R. Koga, F. Tsuchiya, M. Kagitani, T. Sakanoi, M. Yoneda, K. Yoshioka, T. Kimura, G. Murakami, A. Yamazaki, I. Yoshikawa and H. T. Smith, The time variation of atomic oxygen emission around Io during a volcanic event observed by Hisaki/EXCEED, Icarus, Elsevier, 299, 300-307, 2018,https://doi.org/10.1016/j.icarus.2017.07.024 (査読あり)
2)R. Koga, F. Tsuchiya, M. Kagitani, T. Sakanoi, M. Yoneda, K. Yoshioka, I. Yoshikawa, T. Kimura, G. Murakami, A. Yamazaki, H. T. Smith and F. Bagenal, Spatial distribution of Io's neutral oxygen cloud observed by Hisaki, Journal of Geophysical Research- Space Physics, Wiley, 123, 5, 3764-3776, 2018,https://doi.org/10.1029/2018JA025328 (査読あり) 

(2)学術雑誌等又は商業誌における解説、総説
3)古賀亮一、火山活動に伴う衛星イオ大気の変動、p6-8, ISAS news 2018年2月号 http://www.isas.jaxa.jp/outreach/isas_news/files/ISASnews443.pdf